上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獨臂拳王大戦血滴子
1975年 台湾
原題:獨臂拳王大戦血滴子


説明不要かも知れませんが、
一部の人たちに大人気の超絶C級カンフーアクション映画。
実は「片腕ドラゴン」という映画の続編なんですが、
前作を観ていなくてもさほど問題ありませんでした。

----------------------
清の時代、政府は復明を企む者たちを武術家によって弾圧させていた。
主人公の愈天龍は前作で激闘の末に二人の武術家、左虎と左竜を倒していたのだが、
弟子たちの死を知った彼らの師である盲目の老暗殺者・封神は
その仇を討つべく旅立った。
ちょうどその頃、鷹爪拳の道場主催による武術大会が開催されようとしていた。
続々と集まる武術家たち。
その中には人ごみに紛れ込む封神の姿もあった…
----------------------

まあ、ストーリーなんてのはオマケみたいなものでして、
要するに「武術大会」と「主人公の天龍を狙う封神との戦い」の二本柱という構成です。
空とぶギロチンというのは封神が使う暗器で、


↑このよーにドンブリのような形をしたブレード付きの円盤が


ドビューと飛びまして…


目標の頭にかぶさると内側に刃がザクリと伸びて


相手の首をスポーンと切断してしまう血滴子という武器のことです。ガクブル。


それを使う封神というめくらのおっかないじいさまが

コレ↑

+++++++++++++++++

正直、この映画の素敵さについては
それこそいろいろなところで解説されておりますので、
いまさら私などが特に述べることはありません。

…が、それだとさすがに紹介になりませんので
簡単にすてきポイントを挙げておきますと

・とにかく狂っている

・パンチやキックをした時の「ズビシッ! ドグォ!」という無茶苦茶大げさな効果音

・天下一武道会(実際、これがアレの元ネタになったらしいです)

・主人公、あまりにも卑怯すぎ。しかも本人ぜんぜん卑怯だと思ってない。

・封神の現れる場面で流れる獣の咆哮のような恐ろしげなテーマソング

・恐ろしく強くてやることもぶっ飛んでる封神はある意味、爺萌えのカテゴリに入るか?

90分弱と、映画としてはだいぶコンパクトサイズですので、
狂った映画が好きな人狂った爺が好きな人は一度は観ておくべきでしょう。
(まあ、そういう人は、私が言うまでもなくすでに観ていると思いますが)
お正月休みでとろけた脳みそが
いい具合にフニャフニャになって耳から流れ出そうになること請け合いです。
しかもこの映画は狙ってやってるわけじゃなくて、あくまで真っ当に作ってコレですからね。
本当に、狂っています(誉め言葉)。
この破壊力はやっぱ実際に見ないと伝わらんだろうなぁ。

↓以下、いちおうネタバレで突っ込み。


・主人公は、確かに基本的に相手から売られた喧嘩…というより
なんとかしないと殺されてしまうという状況なわけだから、
どんな手を使ってでも勝たなくてはというのは
まっとうな考えではあるんだが、
それにしてもあんた、武術家としてソレはどうなんだ?(^^;
と突っ込みたくなる箇所が…
というか、後半は突っ込みっぱなしでアゴが外れそうになった。

・まずムエタイ小僧の撃退法に爆笑。
小屋の中に誘い込んで鉄板焼きって…
しかも外に逃げようとすると弟子たちが槍で串刺し(笑)
どう考えても正義の味方のやることではありません(笑)

・ナゾの日本人トンファー使いについては
まず観戦の段階で「参考になる」とか言ってる時点で吹いてしまうんだが
直接対決でトドメを刺したのが
自分のほうが服に仕込んでいた暗器(笑)
どう考えても正義の武術家のやることではありません(笑)

・で、オーラスのvs封神ですよ…
ここまで最初から最後まで突っ込みどころ満載なラストバトルって
およそないんじゃないだろうか。
まず洞窟に爆薬トラップ仕掛けてる時点で笑ったし、
相手が盲目なのをいいことに
ひたすら逃げ回った挙句に鳥を使って敵の聴覚かく乱
…まあここまではまだいいんですけど、
その後、次々と手斧のトラップを発動させて攻撃って…(笑)
それで相手にかなりの手傷を負わせているにも関わらず、
いざ実際に格闘戦に入ると普通に押され気味だし…(笑)

最後のトドメまで手斧トラップというのは
まさに期待通りという感じでしょうか。
おまえそれ、どう考えても正義の… は追いとくとしても、
武術家のやることじゃねえー(笑)

こんなしょーもない勝ち方でも
武術家としての名声や評判が得られちゃうってんだから
もう無茶苦茶です。
しかもやっぱり本人、ぜんぜん卑怯なことしたと思ってない(笑)
いや、「ホームアローン」とか「Aチーム」みたいなおはなしならわかりますけど、
あなた、いちおう武術家じゃないですか(^^;
武術を鍛えるなんてことに無駄な時間を費やすよりは
トラップや卑怯な作戦を考案したほうが
よっぽど有益だというメッセージ…
というわけでもないんだよなあコレが(笑)
やっぱ天然って最強だ。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/334-ce286a23
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。