上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.29 尋秦記11
広東語音声を聞いていると、
うなずく時、肯定する時に劇中のキャラクターが
しょっちゅう「ハイ」と言ってるのがわかるんだけど、
これって北京語の「是(はい、その通り)」に当たる
「係」がそーいう発音だということらしい。
最初、かなり驚きました。
一説によると日本語の「はい(Yes)」は
この広東語の「係」から来てるんだとか。へえー。


第十一集 籠の鳥、俎上の魚
◎できごと
・趙倩の項少龍とのささやかな駆け落ち生活は
三人を尾行していた連晉によってあっさりと終わりを告げ
趙倩は自分の運命に従って宮廷へ戻った。

・今回の趙倩を連れ戻した褒美として
連晉は趙王に烏廷芳との結婚を取り持つことを願い出た。
烏應元は何とか食い下がろうとするが
趙穆によって「烏廷芳を賭けて項少龍と連晉が決闘」と妥協案を出され
飲まざるを得なくなってしまった。

・善柔は項少龍を助けるべく密かに連晉を襲い
手傷を負ったものの、その技を盗むことに成功し
修行中の項少龍にそれを伝えた。


------------------

◎人物まとめ
・項少龍(こう・しょうりゅう)
相変わらず女心のさっぱりわからない男だ(笑)
趙雅夫人からも突っ込まれてたけど
無自覚に女を惹きつけてしまうからタチが悪いのよね(^^;
まあ、こればっかりはこいつが悪いというよりも
どうしようもないことはあるんだろうけど…

なんか普通に連晉よりも強いと思ってたんだけど、
意外とそうでもなかったのね。
確かに考えてみたらこれまで
徹底して勝負を避けてるよーなところもあったしなぁ。


・烏廷芳(う・ていほう)…烏應元の娘
振れ幅が激しいな(笑)
良い娘ではあるんだが、少龍については
かなりこの娘の勘違いで一方的に盛り上がってるよーなところも
あるようなないような…(^^;
特に少龍…に限らずみんなそうなんだけど
大事な点に関しては具体的に話さず、妙にどちらとも取れそうな感じに
ボカして言うようなところがあるからな(^^;


・連晉(れん・しん)…趙穆の腹心の刺客
これまでぜんぜんいいところなかったが
ようやくまともに脅威として扱ってもらえました(笑)
少龍の態度がやたらでかかったから実感がなかったんだが
やっぱちゃんと強い人だったんですね(笑)


・趙倩(ちょう・せい)…趙国の姫
蜜月の時はあっさりと終わってしまった。
うーむ、これで出番は終了だろうか。
いろいろ吹っ切って廷芳の背中を後押ししてやる場面はちょっと良かったが。
まあ少なくとも本人が、この経験を通して未来に希望を持つことができたなら、
あるいはそれはそれで良いのかも知れん。


・趙盤(ちょう・ばん)…趙王の甥
なんかいつの間にやら師匠と仲良しさんになってるのに笑った。
まるで普通の年頃の若者みたいだ。
あとあの敵対している悪餓鬼二人組は
平原君の息子・少原君と趙王の息子・趙嘉(ちょう・が)だということを
忘れないようにここにメモっておこう。


・善柔(ぜん・じゅう)…刺客
「勘違いするな、お前のためじゃない。あの烏家の娘がかわいそうだからだ」
これは見事なツンデレですね(^^
でも少龍は致命的に女心に疎いですから
そういう回りくどい言い方をしても気付いてもらえないですよ(^^;

連晉との邂逅は、殺そうとしたけど連晉が強くて敗走したのか
それとも最初から技を盗むつもりで行ったのか
どちらとも判別が付きがたいところだが…


------------------

◎かんそう
・夜中に少龍のことを考えて体が火照っている女性の皆さんに笑いました。
少龍は本当に天然女たらしだなぁ。

・小倩が連れ去られたことを聞いて、素性も聞いたら
結構あっさりとあきらめちゃう少龍は、
無理もないこととはいえちょっと無責任な感じもする(^^;
「妹みたいなもんなんだから、そんなマジになられても困るぜ」みたいな。
これまで過去に来てからは割と好漢で通してたんだけど
真剣に将来を考えることになると途端に及び腰になってしまうという、
秦青にフラれた時とちょっと似たような感じが垣間見えるね。

・廷芳相手だと友達同士という感じだが、
善柔相手だと仕事上の男女、みたいな感じに
空気が変わるのも面白い。
邯鄲編と最初の過去到着編の違いってのもあるだろうか。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/331-1b6373dc
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。