上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.06 断仇谷24
@@


第二十四集 渦巻く悪意
◎できごと
・柴得勝は手下の劉坤を使って方夫人の薬を劇薬とすり替え、
選挙当日に夫人が中毒して死去したため方雄は棄権
柴得勝が新たな鎮主となった。

・断仇谷では神鷹祭の資金などにかこつけて着々と万威を取り込む海令山が
神鷹殿地下の財宝を手に入れるべく、新鉱脈と偽って神鷹殿の取り壊しを提案。
この一件を不審に思った卓一才は単独で捜査を進めた結果
海令山に殺害されてしまった。


◎人物まとめ

→和平鎮の人たち


・石浩天(せき・こうてん)
夜空にニヤニヤしとらんで早くなんとかしてよ石大哥@@
アンタの詰めの甘さのツケがどんどん噴出して
いろいろ大変なことになってるんだからな!@@




・方有為(ほう・ゆうい)
石大哥がいまいち頼りにならないが
有為もそれ以上に小器用かというと、
決してそんなこともないからなぁ…
はあ、どうなるんだコレ?




・白璇(はく・せん)
実はこの娘の父ちゃんの過失殺害事件には
意外な真相があったことが明らかになったのだが…
でも果たしてそれが日の目を浴びることってあるんだろうか?
あと「自分たちだけとりあえず安全なところに引っ込んで静かに暮らす」
みたいなことをしょっちゅう主張するのは正直、どうなんだろう…
良くも悪くも平民根性というか。


・葉巧蘭18歳(よう・こうらん・じゅうはっさい)白璇の母
小璇がちょっとアレな時期に入ると
対照的にこっちのオバチャンはまともな状態になって
良識人みたいなことをスパスパ言い出すのが不思議だ(笑)



・方雄(ほう・ゆう)…和平鎮の鎮主
あーあ…
もうご愁傷様としか言いようがない。
夫人が死ななきゃいけないにしたって
あんなにヒドイ死に方させなくたって良いだろうに…
本当に天(つーか脚本)は残酷だ。


・柴得勝(さい・とくしょう)…和平鎮の有力者
もう無理だな。挽回不能。
ただの見ていてイラつくだけのチンピラに成り下がった。
たぶん最終シークエンスで在庫一層処分ちっくに片付けられて終わるんだろう。
それまではあと六話の間も、ずっとこいつをのさばらせ続けないといけないってわけだ。


→官兵の人たち
・馬文忠(ば・ぶんちゅう)…和平鎮の役人
こいつも出てるだけで不愉快だよー。
あとこいつに輪をかけて下っ端の「何」とかいうヤツも。


→悪い人たち


・海令山(かい・れいざん)…商人?
やっちまったー@@
アレだな、この二人って実にクールな悪党というか、
ここまで徹底して武功を隠してきたからこそ
卓一才も油断して一人で来るという過ちを犯したのだ。
逆に万威を好き放題に翻弄する様にスカっとするくらいだぜ。


・干仲謀(かん・ちゅうぼう)…海令山の腹心
基本的には主人のオプションなわけだが、
その他の腰巾着軍団と違ってこの人には腹が立たないというのは
徹底して二人で悪巧みを進めているからなんだろう。
ある意味、対等に近い関係というか。


→断仇谷の人たち
・万威(ばん・い)…断仇谷の谷主
やっぱりイエスマンたちの上で
お山の大将をやっていたいだけの小物だった。
「相談してやったのに反対するとは何事だ」に爆笑した。
それ、相談じゃないってば(笑)
ほんと、海の旦那とは悪役としての格が明らかに違うな。

・卓一才(たく・いっさい)…断仇谷の二当家
あそこまでつかんでおきながら一人で乗り込むとは、
やはりうかつさが命取りとなったか…と言いたいが、
これはもう仕方ないでしょう。相手のほうが上手だった。
とっとと戻ってきて何とかしろよ!>石大哥

・端木仇断仇谷の三当家
こいつの事なかれ主義のおかげで結果として卓一才が命を落とすことになってしまったのは
かなり評価を下げてしまった。
あんたが余計なこと言って引き止めなけりゃ、
そのまま断仇谷を出て石大哥のところにでも行けたってのに。

・韋三笑(い・さんしょう)…断仇谷の四当家
今更だが、こいつは前谷主に対して
ほとんど何の敬意も好意も抱いてはいなかったんだろうな。
単なる利害関係だけか。
本格的に目障りなのでそろそろ死んでください。
(…無理だろうなぁ。たぶん退場は万威より後だろうなぁ…)


---------------------------

◎かんそう
・き、きつい、な…
ここまで徹底して善人がヒサンな目にあう展開が続くと
さすがにちょっとつらくなってきた…
特に中盤以降、ずっとそんな鬱々としたムードが続いてるような…
しかもどのケースも殺せるはずの相手をきっちり殺さなかったばっかりに
被害拡大してるパターンだし…
トンネル長すぎませんか@@
しかも今のところはまだ確実に出口が見えていないというのがマタ…
これを全て清算するだけのカタルシスが
最後には得られると思っておいていいのか?
あんまり傷が深すぎると、たとえ悪者が滅んだとしても
幸せには終われなくなっちゃうよ?

・そんな中でもとりあえず海令山&干仲謀コンビが
着々と計画を進めていくのが楽しいというのだけが救いか。
まったくこの人たちは、これまでの三下悪人どもとは文字通り格が違うよ。
EDやOP見る限りだと最終的にはヒサンな目に会いそうだけど、
そうなる前にその他のクソどもはちゃんと退場させておいてからにして欲しいね。

・現状、「画面に出てるだけで不愉快」なキャラクターが
あまりに増えすぎているのが問題だ。
馬文忠、その腰巾着、柴得勝、劉坤、万威、韋三笑と
どっちサイドに移っても満遍なくストレスを強いられることになっている。
うーむ…

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/286-3a140aeb
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。