上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.11 大旗英雄伝11
このところ文句を言ってばかりですが、
まるっきりつまらんのかどうかと言えば、
なんだかんだで楽しんではいるのかも知れませんが…

第十一集 女と毒薬
◎できごと
・江湖ではいま、眠り薬を飲ませるのがブームであり
鉄中棠は霊光との事情を探りにきた小華に眠らされ
小華は豆腐屋をやっていた冷青霜に眠らされ
その豆腐屋に沈杏白が偶然通りかかって、結果的に鉄中棠を拉致して逃亡
流れ着いた先のボッタクリバーではそこで下働きをしていた冷青萍に眠らされ
乗り込んだ海大小も飲み比べのはずが酒に薬が入っていて眠らされ…

・とりあえず鉄中棠は毒薬を飲まされてあと数日の命になった

・そしてよくわからん流れで黄蜂銷金窩(ボッタクリバー)に鉄中棠救出のために九子鬼母一味が来襲

・ついでに上の階ではおかみ・花大姑の元ダンナであった海大小が捕まっているという感じ。

----------------

◎かんそう
・いくらギャグの基本は繰り返しだと言っても
一話の中でこれだけ同じ手口を繰り返すって…
監督は何考えてるんだ?

・そしてこの作品の江湖ってどんだけ狭いんだか…
いくらなんでも一話の中でこれだけ「そこに偶然通りかかった~」を繰り返されると
そりゃ都合良すぎだろと感じてしまわざるを得ないというか…

・なんだかんだでこのところたくさん苦労していた鉄中棠は
雲鏗とアレだけであっさり別れて終わりだったのかと一瞬肩透かしだったのだが、
めずらしく凹む姿も見れたのもなかなか新鮮で良かった。
しかもそこから自分で自分を叱咤激励して立ち上がる…とか
いやもうほんとこいつは英雄好漢だよ@@

・しかしなぁ。
眠っている間に横で流れが進んでいってしまうって、前もやらなかったか?
こういうのを短いスパンでやるから…というか
たぶん見せ方が強引に感じるせいだろうか。
うーん、どうもあまりうまくないですね。

・沈杏白は要するに現在、師匠を見捨てて逃げたってことで
鏢局(ひょうきょく)からもお尋ね者になってるって理解でいいんだよな?
で、たぶん最後のボッタクリバーの襲撃は三姉妹の口ぶりからすると
小華が告げ口したからってことなんだろうけど…
でも沈杏白が豆腐屋に来てた時って小華、ずっと寝っぱなしじゃありませんでしたっけ??
豆腐屋が炎上したあと冷青霜に話を聞いたってことなんだろうか。

・とりあえず冷青霜の召使いのおっちゃんを殺した沈杏白は外道であり
こいつも後でちゃんと死んでくれないと困ることになった。

・で、ボッタクリバーですが…
花大姑は海大小に捨てられて女一人で生きていくために
こういう商売をやらざるを得なかったと言ってますが…
いや、ちょっと待ってくださいよ。
だからって罪の無い男を無理矢理連れ込んで、
毒薬飲ませたあげくに金をぼったくるという
悪質な稼業をやってもいいってことにはならないですよ?(笑)
おまけに帰りたくても帰らせてくれないみたいだし… それ普通にタチ悪いって。
そこから強引に「なんでもかんでも男のせい」みたいな結論に持って行くのは止めてください。

・姉が出てきたと思ったら妹まで出てきて
これまた江湖はどんだけ狭いんだよという感じの冷青萍ですが
正直、この娘のほうが水霊光よりずっと前向きで好感が持てますね(笑)
まあ立ち位置的には絶対、正ヒロインにはなれないんだろうけど…
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/252-1dc16532
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。