上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.11 大旗英雄伝09
な、なんだこの話は…?


第九集 断腸谷、再び
◎できごと
・黒星天は司徒笑・白星武と別れて単独で鉄青箋・小雷神と一緒に大旗門の秘宝探しに谷へ向かった。

・司徒笑&白星武組は黛黛&雲錚組を追跡中。
追われる側の黛黛&雲錚組も司徒笑をSATSUGAIするチャンスを窺い中。

・それを絶賛ストーキング中の鉄中棠&霊儿組は谷に戻ったついでに
キチガイになりかけていた水柔頌ママに追い立てられたり
甥と叔父の対面かと思ったらコロスだのなんだのはじめて
結局、霊儿と棠哥哥の二人は従兄弟同士だったという衝撃の事実を伝えて一緒に死んだ。

----------------

◎かんそう
・なんか、ドラマとして力の入れどころをまちがえていませんか@@
隠された財宝がどうしたとか、強大な敵がどうしたとか、秘伝の武術がどうしたとか、
どちらかというとそういった話が見たいです。
好いた惚れたのドロドロ愛憎劇よりは…

・そしてもう尺が長いのなんのって。
今回はたぶん総計すると10分くらいはずっと霊儿がメソメソベショベショやってた。
母娘感動の再会!のシーンのはずなのに
それまでにもずっとメソメソメソメソやってたおかげで
なんか今度は二人揃って大メソメソ大会かよとなぜか笑ってしまったんですが…

・と…とりあえず言いたいことを言ったので、順に見ていこうかな…
なんだか全体的に尺の使い方がおかしいというか…
「わざわざニセの兄弟げんかを装って司徒笑たちと別れた黒星天」なんてのも
長々とやることじゃないと思うし、
「僕たち、結婚します!」って場面もなんかもう本当、尺が長すぎに感じました。
こう、もうちょっとさくさくっと進めないものなんですかね。
キチガイママの一人芝居も長いし
そのあとの霊儿のメソメソベショベショは言うに及ばず。

・で、また爆笑したんですが
お母さん、あなたもう完璧に何の不自由もなく自立歩行してるじゃないですか(笑)
それどころか杖つかずに飛び跳ねたり蹴ったり暴れたり…
いったいその杖は何のためのものなのですか。

・黒星天は今回毒を使って何人も殺すというかなり外道なことをやっていたな。
これまではただの三下悪役だと思ってたんですが。
「(俺なら毒がないか確かめるぞ)」という棠哥哥の相変わらずの冷静さには
さすがだなとニヤリとしてしまいましたが…
小雷神もあっさりとSATSUGAIされちゃったし、
こういうことをやったからにはこの男にはぜひともヒサンな最期を迎えていただきたいものだ。

・そして出てきたと思ったらはた迷惑な事実だけ発覚させておいて
あっさりと退場した鉄青箋…
なんなんだこれは@@
確かに、観直してみると三話の時点では
霊光が「盛存孝の子」だとは水柔頌は一言も言ってないわけだが…
なんか、衝撃の事実にビックリ!という気持ちよりも
ものすごくインチキ臭く騙されたような気がするのは私だけでしょうか…
いわゆる「予想を裏切って期待を裏切る」パターン。

・それはそれとして、やっぱり鉄中棠はちゃんと主人公をやってるよなー。
どこかの雲錚が黛黛と二人でまるっきり小悪党ばりの企み
(しかもあっさり黒星天の芝居に騙されてる)をしている間に
きっちり大旗十二式を修行してパワーアップした成果を発揮して
タイマンで黒星天をやっつけることができたとは、
まったく相変わらずデキる子だよ。

・ま、今回のコレもそんな主人公の彼にふりかかる試練のため…と考えれば
まあアリなのかも知れんが。
それにしても、やはり水柔頌の苦労はわかるとはいっても
考え方にはとても共感はできないよな。
自分が男でさんざんつらい目を見たから娘は男に近づけないってのはね…
エゴだよそれは@@

・その娘さんはといえば、
まず洞窟の中で隠れていたところで棠哥哥が飛び出そうとしたのを
制止する場面でハテナ?となり、
その後あっさりと横を通った黒星天の手下の沈杏白に発見されたのは
いったい何のコントですか、という感じでした。
さらにその後の鉄青箋を前にしての唐突な「それなら私が殺すわ」で
あんぐりと開いた口がふさがらなくなった…というのは
たぶん大多数の視聴者が同意するところではないだろうか。
いったいこの娘、何考えてるんだ????
これまでに描かれた性格を考えるなら
「殺し合いを止めるように棠哥哥を説得する」というのが
自然な行動パターンなんじゃないの??
(と思ったけど、いちおう「おじさん」を殺した相手として認識しているなら
そこまで不自然なわけでもないのか??
でもそれならそれで、ちゃんとそのことを本人の口から言わせるべきだよなぁ。)

・ついでに鉄青箋つながりで、
「掟があるからお前には俺を殺せない」となるのも意味不明。
大旗門の弟子は掟で同門の者を殺せないってことですか??
つーか、そもそもこいつがまず最初に鉄毅を殺してるんだから
それを制裁したとしても罪にはならないのでは????
なんで鉄中棠がフリーズしちゃうのかわかりません。
しかもどうせ女と触れ合った時点で
スデに五つ裂きの刑は確定してるじゃないですか…というのはさすがに言ったらダメか。

・まあこれも展開として、
「水柔頌に鉄青箋を殺させるというプロットをやりたかった」から
鉄中棠の手出しができないように、という流れにしたんだろうけど、
相変わらず不自然なんだよなぁ。

・ところでいくら「目鼻の形が兄の鉄毅と同じ」ってのを確認するからといって
なんぼなんでもカメラ寄り過ぎでは?(笑)

吹き出物がとても気になります…
(やっぱアフォな三弟を持って苦労が多いからか…)
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/250-8df770c2
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。