上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.23 射雕英雄伝22
第22話 決裂

あらすじ

欧陽克は黄薬師から桃花島の見取り図を借り受け
ひとまず閉会となったこの集まりであったが、
去り際に欧陽鋒の発した一言から一同は周伯通の洞窟へと向かうことになる。
洞窟をすでに出ていた周伯通は黄薬師らを煙に巻き、
さらに郭靖の九陰真経について散々でたらめを吹き込んだために黄薬師は激怒。
自らも会得してしまった九陰真経の技を封じるために手を縛った周伯通は
黄薬師と戦うことになるが、さすがにそれで勝てるほど甘い相手ではなく
結局黄薬師が周伯通を解放して仲直り、一同解散という流れとなった。
郭靖に怒り心頭の黄薬師は黄蓉の手前、彼を殺すことこそしなかったものの
口も利かずに黄蓉を連れて館へと帰っていった。

周伯通のわがままによって黄薬師の船を盗み出した郭靖は
意気消沈しながらも洪七公と共に三人で桃花島を離れた。
しかしその船は黄薬師が妻のもとへと行くために作った自沈用の欠陥船だったのだ。
そのことを聞いてしまった黄蓉は父の制止も聞かずに飛び出すが
時すでに遅く、洋上で船が解体した郭靖たちはかろうじて木切れに乗って漂流していた。
鮫に襲われていたところへ通りかかったのは欧陽鋒の船。
仕方なく救助されて乗り込んだ先で
今度は周伯通が欧陽鋒の挑発に乗って鮫退治の賭けをし、
西毒の名に恥じぬ欧陽鋒の毒蛇の前に敗れて
何でも一つ言うことを聞く事になってしまった。



Pick Up

22_01.jpg
克儿をフォローしようと搦め手から援護をしているつもりなのか
それとも本気で言っているのか
腹の中が読めないひとだ@@
見た目悪役というよりいい人っぽいと前回書きましたが
逆にそのギャップのおかげで腹の中が見えないという
ナントモ面白い配役ですねー。



22_02.jpg
この人も頭はいいんだけど意外とバカだからなあ(笑)
「負けん気が強く誇り高い」「こうと思い込んだら人の話も聞かずに一直線」
どこかのQ道士(伏字)といい
この辺は江湖の人の基本スキルのようです



22_03.jpg
22_04.jpg
出ました老毒物(ラオトウウー)
水と油の仲の七公は突っかかってますが
ここは欧陽鋒の真意はどっちとも掴めないな



22_05.jpg
結果的にはまんまと乗せられちゃいました
ホクホク顔の欧陽公子はいったいソレを何に使うつもりなんでしょう…



22_06.jpg
蓉儿がここで欧陽伯伯(オーヤンボーボー)に返した薬は
前回お土産に持ってきた通犀地龍丸のようですが、
どうして返しちゃったんでしょう?
やっぱりアヤシイ薬は使えないということかな?
返された時の欧陽伯伯の表情がまた
「ちっ、ひっかからなかったか」というようにも見えるし
せっかくの贈り物受け取ってもらえなくてちょっとショボーン、というようにも見えるし
これも本当のところはわからない@@



22_07.jpg
まあお帰りの間際になってのコレは明らかに挑発と思われますが(笑)



22_08.jpg
これまた結果的に乗せられた形になって欧陽鋒の思い通りに…



22_09.jpg
んが、洞窟はすでにもぬけの殻



22_0a.jpg
??

22_0b.jpg
何だ、この葉は?

22_0c.jpg
22_0d.jpg
22_0e.jpg
最悪@@
相変わらず無駄に手の込んだいたずらだな(笑)



22_0f.jpg
洞窟の中だから臭いも充満してそうだ@@



22_0g.jpg
「あの石を埋め込んだのが独孤求敗という奴なのか?」
ってさっき洞窟の中で悩んでた人たちがいたんだから
先に教えてあげなさいよ(笑)



22_0h.jpg
22_0i.jpg
22_0j.jpg
登場するや否ややりたい放題の老頑童



22_0k.jpg
伯通のイカレタノリについていってる七公は似たもの同士って感じですねー



22_0l.jpg
このコロコロ変わる態度と表情が見てるだけで楽しいよ



22_0m.jpg
なにやら妙な成り行きに…@@



22_0n.jpg
全部が全部でまかせではないという点がタチ悪いですね、この愉快犯



22_0o.jpg
しかしなんで皆さんこう簡単に人の言うことを信じちゃうんでしょう(笑)



22_0p.jpg
22_0q.jpg
思わぬところで周伯通vs黄薬師の戦いがはじまった!



22_0r.jpg
止めに入ろうとする郭靖に一言
こうして見ると七公はかなりしっかりと師匠をやってますね



22_0s.jpg
老頑童の足使いは見事
ただの戦いではなくこうして限定戦になってるおかげで
見せ方も一工夫されてて面白いです


22_0t.jpg
22_0u.jpg
気を抜くと防御不能の屁こき攻撃が…
ある意味一番戦いたくない相手だ@@


22_0v.jpg
22_0w.jpg
やはり東邪は強かった
片腕のハンデがあるとはいえ
正面から内力をぶつけ合って吹き飛んだのは周伯通だけでした



22_0x.jpg
しかしなんか一暴れしたら気が済んじゃったようです(笑)
程度の差はあれどこんな人たちばっかだな(笑)



22_0y.jpg
いつまでもうんことかしっことか言ってんじゃないの、あーたは



22_0z.jpg
黄薬師パパはいつの間にかお色直しです
イメージとしてはやっぱり黄薬師というとあの青と白の服という感じがしますが
好みで言うならこっちのほうが好きかな
(確か帰雲荘でもこの服だったか)



22_10.jpg
22_11.jpg
このたわけものが引っ掻き回したせいで
郭靖がまたえらく面倒なことになってしまったというのに
このあまりにも無邪気なはしゃぎっぷりを見てると
腹を立てる気もなくなっちゃいますね。
老頑童は本当に和みキャラだ。



22_12.jpg
22_13.jpg
繰り返しになるけど
この面白いようにコロコロ極端に変わる表情が…(笑)
趙亮は実にいい演技してます



22_14.jpg
22_15.jpg
ほんとにもう…なんなんでしょう、この大きな子供は(笑)



22_16.jpg
ウワーン 船欲しいよ~! 
出ました、必殺駄々っ子モード



22_17.jpg
「郭とかいう奴」呼ばわりされました。
誰がお前の岳父だとかもう完全にご立腹です



22_18.jpg
「こんな恥知らずの小僧の名を口に出すことは許さん!」


22_19.jpg
あ~あ…@@



22_1a.jpg
桃花陣にさえぎられては追いかけていくわけにもいかず…



22_1b.jpg
この状況を引き起こした張本人(笑)



22_1c.jpg
穴道をナデナデって…
このひとはいったいなんのはなしをしているんでしょう?@@



22_1d.jpg
「あーん?」って老頑童を叱りつける七公が可笑しい
よく似てる二人ではあるんだけど
ちゃんとキャラクターとして差別化はされてるんですよね。



22_1e.jpg
盗んだ船で走り出す~



22_1f.jpg
主犯は老頑童なのに明らかに靖哥哥が悪者にされてるような…(笑)



22_1g.jpg
その主犯は目当ての船が手に入ってゴキゲン
「大王に報告!」とかノリノリなのでした


22_1h.jpg
なんかこの似た者コンビも楽しいなー


22_1i.jpg
靖哥哥もいつのまにかお召し変え
着替えどこに持ってたんだ?



22_1k.jpg
男たちが船上でのんきにやっているその頃
傷心の蓉儿はママに慰めてもらいにきていたのでした。
おさげ姿がかわいいですね。



22_1l.jpg
そこへパパも「わしにはお前だけだ」とか
妻のところへ嘆きにやってきます



22_1m.jpg
頭に血が上って周りが見えてないかと思えば
意外とそうでもなかったようですね。



22_1n.jpg
下からの照明がちょっとこわいですが
妻の前で目を潤ませながら悲しい決意を告白するこの黄薬師パパは
なんともかわいいといいますか、泣かせてくれるといいますか…;_;



22_1o.jpg
おなかもふくれて船旅をご満喫
七公は本当に愉快な人生を送っているようで微笑ましいなぁ



22_1p.jpg
22_1q.jpg
そんな七公にヒマになってちょっかいを出しにきたこの大きな子供(笑)
他人のひげひっぱるのはいいとして
自分のひげをそう使うか(笑)



22_1r.jpg
相手にしてもらえませんでした。



22_1s.jpg
仕方なく弟で遊びにいきますが
こっちでも邪魔だから船室にひっこんでろとあしらわれる(笑)



22_1t.jpg
この何気なく船べりによりかかった立ち姿がそれだけで様になってますよね。

しかし内功を鍛えると聴覚まで強化されたりするのね@@



22_1u.jpg
やっぱり下からの照明がちょっとこわいですが
相手に惚れてしまったら例えそれがどんな悪人だろうと構わない
そんな蓉儿はお前にそっくりだ
なーんて自嘲してるのやらノロケてるのやら
すっかりせんちめんたるな黄薬師パパです



22_1v.jpg
22_1w.jpg
22_1x.jpg
ぜんぶ聞かれちゃいましたね@@



22_1y.jpg
愛する靖哥哥を救うために蓉儿は行ってしまいました



22_1z.jpg
小船に乗るために迷わず水に飛び込む蓉儿
水の上を普通にパシャパシャ歩く人も世の中にはたくさんいるみたいですが
そういうことはさすがに蓉儿には無理みたいですね。



22_20.jpg
悠々自適の船旅のはずがこんなことに…



22_21.jpg
こんな時でも相変わらずのんきな七公だと思ったら
風向きを確かめてたんですね。



22_22.jpg
そんな二人の視界に入るものは…
「なんだありゃ?」


22_23.jpg
?@@



22_24.jpg
22_25.jpg
22_26.jpg
もうほんと無茶苦茶だな、こやつは(笑)



22_27.jpg
22_28.jpg
思い切り跳ね飛ばした水をぶっかけられてこの顔
相変わらずしょうもない主人公です



22_29.jpg
22_2a.jpg
巻き添えで七公もビショビショ

…どうでもいいけどあんなとんでもない状況でも
食べ物を持ち出すのだけは忘れなかったんですね(笑)



22_2b.jpg
サメっていうのはな、兄弟、


22_2c.jpg
ギャー このバカ、わしを噛んでどうする!

ほんとなんでこの人こんなにテンション高いの?(笑)



22_2d.jpg
こうしてかつてない無茶苦茶な鮫退治の光景が繰り広げられることに…



22_2e.jpg
22_2f.jpg
22_2g.jpg
一難去ってまた一難というか
フライパンから火の山へというか
鮫の群れから蛇の巣へというか…@@

なんか隕石群抜けてデススターに吸い寄せられる状況を思い出しました。
(唐突に全然関係ないネタですが)



22_2h.jpg
22_2i.jpg
22_2j.jpg
手を伸ばすだけで海中の鮫を引き上げるという
西毒の凄まじい内功がわかる場面です



22_2k.jpg
ウワーン 鮫死んじゃった~



22_2l.jpg
いつものノリでヤバげな約束をしてしまった老頑童
周大哥はどうなるの、師父?@@

というところで〆



第四部・桃花島編が終わり、続く第五部・漂流島編がはじまります。
(例のごとく勝手に区切った分類ですが)
せっかく前回で雪解けしたかと思えば老頑童のおかげで
またもやとんでもないコジレかたをしてしまった黄薬師パパですが…
確かにやきもきさせられる展開ではあるのですが、
考えてみるとあのままスムーズに話が進んでしまっていたら
すっかり哀愁モードになってしまっていた黄薬師は
そのまま入水自殺を遂げてしまっていたわけで、
今回の一山といいますか試練といいますか、
それもまた、みんなが最終的な幸せにたどりつくためには
必要なことだったのではないかという風にも考えられますね。

とりあえずの大目的が達成された現在、物語としては
先へと引っ張っていく縦糸に欠けているというのは事実であり、
そのために状況に流されるというシチュエーションが
必然的に多くなるのは仕方のないことではあるのですが
キャラクターの力だけでそれを強引にもたせてしまうことが出来るというのが
すごいところであります。
ますますエスカレートする老頑童のトリックスターぶりは
単体でもやばいくらいに愉快なのに
既存のキャラクターとの絡みによってさらにお互い相乗効果を引き起こしています。
ここは先のことは特に考えずに素直にその場その場を楽しむというのが
このドラマの正しい楽しみ方なのでしょう。
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/23-dd9a9726
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。