上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.21 楽園の瑕

1994年
原題:東邪西毒


西域・白駝山出身の欧陽鋒は故郷を離れ
砂漠で酒場を開きながら殺しの仲介人をやっていた。
そんな彼の店に訪れる様々な客や友、
その間に交錯する想いを描いたおはなし。

---------------------
えー、このBlogで説明は不要と思いますが金庸武侠小説「射雕英雄伝
その中に登場する素敵親父 五大武術家・東邪西毒北丐といった人たちの
若い頃を描いた話です。
ただし、コレ自体は金庸原作でもなんでもなく、
要はファンフィクション、二次創作の類ですね。

前評判としては「武侠映画ではない」「かなり観る人を選ぶ」「美術を楽しむ作品」
などなどを目にしておりましたので、
ある程度の覚悟はした上で観たのですが…


した上で観たのですが…(笑)



とりあえず、エンターテインメントとしては全く考慮されていない作りなので
観るならその辺は全く期待せずに観ましょう。
どういう層をターゲットにしているのかかなり微妙…というか
要は監督の自己満足の世界に近いなコレ(笑)
と思わないでもないのですが、
だからといって決して糞映画というわけでもなく…
もう少し観る人のことを考えて作ってくれたらなぁと思う場所がないわけではないですが
とは言え観終わった後に「時間を返せ」と言いたくなるようなものでもないので
これはこれで良かった。これはさまざまな人の想いと愛の話なのです。

ネタバレヌキですと
射雕英雄伝」が好きで、その登場人物が好き…という人なら
観ても良いかも知れません、という感じでしょうか。
ただあくまでこれは二次創作なので、
その辺は自分の中で割り切っておく必要はありますね。


以下、ネタバレ込みで↓



・なんつーか冒頭からいきなりレベルの高すぎる殺陣(笑)にさっぱりついて行けず
その後のシーンの構成も監督の電波が全開だなーと
ニヤニヤしながら観ていたのですが、
でも意外とそこまでアレでもなかったですね。
というのがあとのほうになってやっとわかった。
コレは何度も繰り返して鑑賞する必要があるようなタイプの映画だな。

・とりえあずまとめると、
0、馬賊が村を襲っている
という土台があり、

1、二重人格女の話
2、盲目の剣士の話
3、洪七の話
4、白駝山の兄嫁の話
という四本の短編があって、
その中でそれぞれが有機的に繋がっているという感じか。

卵女は馬賊をやっつけてもらいに欧陽鋒の店にきたけど
金がないから仕事をしてもらえない。

欧陽鋒は卵女に体を売れば仕事の話をつけてやるぜと言うんだけど
結局卵女は洪七に惹かれて
欧陽鋒はその二人に嫉妬した。
これが3の話。

・124については
欧陽鋒:
兄嫁に惚れたんだけど「愛してる」と言わなかったので
駆け落ちしてもらえず、
白駝山を出て砂漠に来た

黄薬師:
親友(=盲目の剣士)の妻を寝取ってしまったために盲目の剣士とは決裂した。
酔った勢いで二重人格女に色目をつかったために惚れられたけど、本人には別にその気はなかった。
実は欧陽鋒の兄嫁が好きで、毎年欧陽鋒を訪ねてきていたのは兄嫁に会う口実のためだった。
兄嫁が死ぬ時にもらった酔生夢死ですべてを忘れた。

盲目の剣士:
黄薬師に妻を寝取られた。
その後、妻に会いに行く旅費を稼ぐために
馬賊と戦って死んだ。

欧陽鋒の兄嫁:
実は欧陽鋒を好きだったんだけど「愛してる」と言ってもらえなかったので
欧陽鋒の兄と結婚
あとから自分の気持ちに気付いた。


こんな具合か。
特に↑の四人がやたら絡み合うから相当ややこしいね。
二重人格女が後に独孤求敗になった…なんて話は
もうあそこですっぱり終わったので、別に意味などぜんぜんなかったのだ。

要するにこれはさまざまな遂げられぬ愛の話だったのでした。
最初から「武侠映画」としては観ていなかったので、
別にアクションがないとかプロットが武侠らしくないとか、
そんなことには不満は特にありませんでした。


・話としては悪くないんだけど、
でもやっぱこれをそのまんま射雕英雄伝につなげるというのは
自分の中では抵抗があるね。
最初に「割り切る必要がある」と書いたのはそういうことなんですが。
なので、あくまでパラレルワールド的なものというか
要するに深くつながりとか、全く同じ人物とか考えないほうがいいな。
特に七公は「自分で食指切った」というアホな話が好きなのでね…
まあそんな狭量なことは言わずに、
「タマゴが欲しくて」というのを口実に女への想いを遂げたってのを
後に冗談めかして自分で言った…てな解釈も
できるといえばできるのかも知れませんが。

・でも砂漠のあんな真っ只中で
何日もずっと持ってたタマゴ
絶対腐ってると思うんですけど…(笑)

Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/213-d9f0771d
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。