上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高い山を仰いで立ち止まるが如し
たとえたどりつけないとしても
そこを目指し続ける崇高な姿勢ということね。


第二十四集 高山仰止
~孔子伝


紀元前六世紀、礼の国・魯で孔丘(後の孔子)は生を受けた。
母親の顔氏は家族から排斥されて夫の葬列に参道を許されず
その墓も知らずに一人、幼い孔丘を育てた。

ある時、孔丘は魯で国王に代わり実権を握る三大臣の一人季孫氏の屋敷の前で
学問を志す者を招くという話を聞きつけるのだが、
陽虎という使用人に門前払いを受けてしまった。

その後、父の墓を無事見つけ出した孔丘は母をそこに葬り
適当に宮仕えをした後に私塾を開いたりしてよろしくやっていた。

せっかく出てきた老子はせりふなしで終わってしまった

その頃、季孫家では陽虎が家を主に取って代わり家を乗っ取っていた。
識者として評判の孔丘を招いて自分の参謀にしようと望む陽虎であったが
もちろんそれがかつて自分が門前払いした者だとは知る由もなく
君臣の関係を違えた陽虎の申し出を断わって帰る。

陽虎はさらに三大臣と国王を暗殺し、魯を乗っ取ることまで考えるのだが
大臣はともかくひとまず魯を救うため孔丘は弟子の子路を陽虎の下に潜入させたため
計画は未然に防がれ、陽虎は無事誅殺された。
季孫、そして国王から招かれた孔丘は国王に仕えたが
やはり理想の実現はむずかしく
その後、官を退いて魯を離れ、放浪に出たのだった。

うえーん、今回突っ込みどころがぜんぜんないよ~

------------------

・孔子の生い立ちとそれを取り巻く彼が生きた時代の情勢
というのがメインであり
さすがにあまり突っ込んだ内容ではなかったな。
とりあえず、孔子の掲げた高い理想と
なかなかその通りにもいかない大変な世の中だよね~ということはわかった。

・そのテーマを浮き立たせるために陽虎の
権力を手に入れなきゃ理想の実現なんかできねーんだよ!
という台詞があったわけだな。

・それに対し、孔子は学問を教えることによって
草の根レベルの思想という面から人々を啓発し
理想を実現しようとしたわけだ。
結局、それが成功したのかどうか…という判断は
ある程度は観てる各個人の感じ方にゆだねられたという終わり方は
やはり余韻があって美しい。

・たぶんまともに描こうとしたら
さすがに四十五分じゃ収まらんのだろうなーという
今回は(今回も?)エピソードの取捨選択・まとめ方の苦労が窺えた一話であった。
やっぱ一般教養レベルとして論語くらいはちゃんと読んでおいたほうが良さそうだな@@
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/193-39a91980
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。