上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか今回はちょっと音が変だったが
DVDの問題だったのか
それとも元々そうなのか
まあ途中から慣れて気にならなくなったから良いんだけど。


第二十二集 崔慶之乱
~崔慶の乱


斉の国では右大臣と左大臣の崔杼と慶封が専横を極めていた。

冒頭からコレだぜ!

賢人と名高い晏嬰はこの件について国王の庄公を諌めるのだが、
聞き入れられずに結局東海の田舎に引き下がってしまう。

おまえなんかぜんぜんあたまよくないんだからな! バーカバーカバーカ!

そしてついに崔杼と慶封はある時、庄公を崔杼宅に呼び出し
SATSUGAIしてしまった。

片付けましょうよ…

大臣たちに服従を迫る崔杼と慶封だったが
その中で晏嬰は一人屈しなかった。

結構ドライなのよね

崔杼による国王殺害の事実を史書に記した太史は
崔杼の書き直し要求を拒み信念を曲げずに殺されてしまい、
その弟たちも皆兄に倣ったために次々と殺されてしまう。

なんかシューティングゲームとかアクションゲームの残機数みたいだな…

いよいよ混沌としてきた斉の国内であったが
嘆く大臣の田無宇に対し晏嬰は内乱の収束を予言する。
はたして慶封は崔杼に対し策略を仕掛け
一家を皆殺しにされた崔杼は絶望して首を吊る。
そしてまた慶封を排除しようとする大臣たちの計も
密かに進行していた…

           「それでどうなるんだ?」
「次回のお楽しみですよ、国王。」



--------------

・ひさしぶりにドロドロ劇が戻ってきた\(^o^)/
特に太史兄弟のレジスタンス→殺害ラッシュは
冗談みたいな出来事である反面
かなり気分的にドヨ~ンとしてしまったが…
まもなく因果応報で報いを受けたのでまだ良かった。

・そしてこのドラマにしては珍しく
ストレートに次回へ続くというかたちで〆となった。
もうトンネルは越えた…と考えて良いんだよね??

・今回顔見せとなった晏嬰は、
どこかで見たことがある顔だなと思っていたら
このドラマの第一回で幽王を焚き付けてたあの男と
クリソツだったのだと気が付いた。でも中の人は別人みたい。
なかなか賢い上にしたたかな人のようで、
次回の活躍が期待できそうだ。

・しかし庄公はほんとに頭が悪そうで見ててワラエタ。
こういう割とどうでもいい脇役まで地味にいい演技してるから侮れないぜ。

・あと伝説の脱げ脱げコールも
ちょっとドラマ「成吉思汗」を思い出してうれしくなった。
またもやわかる人限定ネタだが。

・斉といえば恒公と管仲と鮑叔牙の斉だよなー。
うーむ、諸行無常とはいえ
結局、繁栄や栄華なんてものが長続きするとは
そもそも考えてはいけないのかなぁ。
多くの人が命を賭け積み重ねてきたはずの歴史が
後の世になるともう感じられないというのは
ちょっと寂しくはある。
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/191-594fca28
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。