上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09.12 関西無極刀14
その気と時間があれば結構一気に行ってしまえそうね。


第十四集 身代わり



◎人物まとめ

・孩哥(はいぐー)…主人公
武功スペックだけはいちおう積み上がっているので
自力脱出できる程度にはかろうじて主人公らしさを発揮(笑)
あと砂漠に逃げ出したら服が変わってる件に関してはまあ突っ込むまいw


・梅娘…流星鎮、明月酒樓の女老板
なーんかねー、
梅娘もたいがい現実から目を背けて都合のいいことばかり考えてるよなー…
まるっと沙里飛に騙されているというのが悪い方向に作用して
そろそろアホなところが目に余るようになってきた。


・狗蚤…双旗鎮の生き残り




○官府

・王鉷…監察御史
怒りのビンタさくれつw
ようやくこのオトンも舞台の上に上がってきた感ある。

・一刀仙/貨郎…王大人の懐刀

・王準…王鉷のムスコ、瓜州刺史
・杜楚臣…王準の部下、独眼竜


・沙里飛…虎頭鏢、クズ
梅娘の前では「孩哥を守る」とか言って口だけじゃねーか。
ホントコイツはクズだな。
おまけにこれだけ好き放題人殺して回っておいて
いまさら下りられる気でいるのかよ?
考えがスイーツすぎるわ


・高仙芝…えらい人



○江湖

・智玄…オトンの義弟
おじさんちょっと生活費稼ぐためとはいえ
瓜州で無駄に名前売りすぎじゃないですかね…@@

・好妹(あほめい)…孩哥の妹(仮)




-----------------------------

◎できごと

・ムスコのやらかしを知った王大人は事態を収集すべく仕方なく瓜州まで出張ってきた。

・捕らえた孩哥がサラハン王子にクリソツだということがわかったので
孩哥を身代わりに立てよう!ということになったが、
肝心の孩哥は見張りの隙を突いて脱走した上に
サラハン王子の遺体も智玄がパクって持ち出してしまった。


-----------------------

◎かんそうなど

・王オトンが孩哥を必要になったということは
そろそろ沙里飛の命運が秒読み状態に入ったような感じだな。
たいがいこの手のアレは下りるとか言い出すともう潮時だ(笑)

・王オトンの娘というのが新しく出てきて、
で、その同僚だか上司だかの李大人の頭がアレなムスコと政略結婚するという話が出ているらしい。
これはこの先の展開への布石か。

・ちょこちょこ孩哥のオトンの過去話が語られていたが、
やっぱ義兄弟になったのは楼蘭脱出後だったのね。

・というわけで今回はつなぎの回という感じが強かったな。

・どうも前回から気になるんだが、
これドラマ的には沙里飛に対してかなり情状酌量の余地を与えている気がするんだよな…
(「梅娘のため仕方なく」とか、「実は火旋龍殺してない」とか、「命令されただけ」とか。)
でも観てる方としてはいくら命令されたからとはいえ
実行犯として嬉々として人殺しまくってる時点で
もう完全に100%クズであり
沙里飛殺すべし、慈悲はないという感じなんだが…
どうなるんだか…


 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1360-1863b7b5
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。