上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09.12 関西無極刀13
全20話だからワリとあっという間に終わっちゃいそうだな。


第十三集 暗殺




◎人物まとめ

・孩哥(はいぐー)…主人公
あれあれっ??
包丁置いて行くから何か考えがあるのかと思ったら
普通に突っかかるだけかよ!?
相変わらず成長しないなぁ…


・梅娘…流星鎮、明月酒樓の女老板


・狗蚤…双旗鎮の生き残り
アイエエエ! しめやかに失禁!



○官府

・王鉷…監察御史
・一刀仙/貨郎…王大人の懐刀

・王準…王鉷のムスコ、沙州刺史→瓜州刺史
・杜楚臣…王準の部下、独眼竜
ドラえもん&のび太くん状態になりつつある二人。


・沙里飛…虎頭鏢、クズ


・高仙芝…えらい人

・孫如夢…前・瓜州刺史
kansai13_01.jpg
今回一番の巻き込まれ被害者やな…



○江湖

・智玄…オトンの義弟

・好妹(あほめい)…孩哥の妹(仮)




-----------------------------

◎できごと

・いろいろあって沙里飛のサラハン王子暗殺は成功してしまった。

・が、その直前のタイミングで王準を瓜州刺史に任命する勅令が出ており、
そうなると楼蘭国王子暗殺事件の責任がまるっと王準に振ってくることになるw
たいへんまずいのだが、暗殺阻止は間に合わなかった。

・わらにもすがる思いの王準は城下町で有名な薬売り=智玄に
王子の死者蘇生(リザレクション)をさせるために呼びつけた…って、さすがに無理がないか?
(いやマアここで楼蘭王子→孩哥というラインがつながるのか、というナルホド感はあるけども。)

・いっぽう孩哥は明月酒樓に沙里飛が来ていた時に
例によって何も考えずに突っかけて捕らえられた。
こいつほんとこればっかじゃねえか…
(もはや太字にするのも面倒に感じる程度にはありふれた出来事になってしまった。)


-----------------------

◎かんそうなど

kansai13_02.jpg
沙里飛の濡れ場とかほんと誰得なシーンなんですかね…

もはやコイツ梅娘に対する思いとか関係に関しても
ガチクズだということが観てるこっちにはわかっちゃってるからな~…

・あと火旋龍はともかく
オメーが双旗鎮の人たちを皆殺しにしたのは事実だからな?
どうもその辺がすごいあいまいに済まされそうな悪寒がして
気になってしまうんだが…

・梅娘も孩哥のこと思ってくれているのはよくわかるんだが
どうにも沙里飛がらみになると盲目女に見えてしまってな…

+++++++++++++

・すごいタイミングで責任が移った件wwww
しかし沙里飛のところには三日前の日付で勅命が下りてて
あわてて駆けつけたら瓜州の孫大人のほうでは受け取ったばかりって、
このタイムラグには何か意味があるんだろうか?
皇上のかんがえ?
(まだ出てきてないから何を考えているのか、どういう人なのかはさっぱりだが。)

・孩哥とサラハン王子、顔がクリソツのはずなんだよな。
なのに沙里飛のやつ、殺す時はまだ暗かったからいいとして
首まで落としておいて、同じ顔だって気付かなかったんだろうか…

・しかし物語冒頭であんなに生き別れておきながら、
すごいあっさりと退場してしまったな>サラハン王子
いちおう火旋龍の子種から生まれていた疑惑もあったんだが…
もっとドラマチックになるポテンシャルはあった気がする。
まあこのドラマでは本来主人公たる孩哥の主人公力がすごい低いので、
そのとばっちりを受けたということかなw



 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1359-2cce2b0d
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。