上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.22 七侠五義30
五覇岡までに見終わっておこうと思ってたんだけど、
パソコンがお亡くなりになったりもしたので
ちょっと間に合わなさそう><


第三十集 四方鎮へ

◎できごと

・陳公公から差し出された犯人3名が案の定自害してしまったため、
包拯は展昭と白玉堂、艾虎を護衛に連れて
四方鎮を直接調べるためにやって来た。

・展昭を追いかける蕭璟も廬方らを無理矢理引っ張って四方鎮へやって来た。
のだが、何かすでに動きがある模様。





◎人物まとめ

・包拯

・陳公公…えらい宦官

・皇上

・展昭…四品帯刀
・白玉堂
・蕭璟

・廬方…苦配軍
・韓彰…ヒゲ(鍛冶屋)
・徐慶…酒場経営
・蒋平…医者
・艾虎…捕頭




◎かんそう

・権力に圧倒的に弱い蕭璟w
武侠ドラマの主人公側キャラとは思えない手の平の返し方だw

・みんな蕭姑娘に優しいなぁw
そして展昭がワリと大人気ないw

・スイーツをこじらせすぎてタチの悪い酔っ払いというか、駄々っ子と化しているw
さらに進んでみんなに避けられる痛い子に…
いったい蕭璟をどんなキャラにしたいんだwww

・どうせ自害しようとしてるってわかってたんだから
ふんじばっておけば良かったのにね。

++++++++++++

・切り絵売りのおばさんは何かあるのか。

・はしキャッチw
やっぱりアクションは基本メリハリが利いてて良いんだよな。

・様子がヘンだ。4人+蕭璟のところに乱入してきたのはにせ白玉堂か。

Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1305-4aea57e3
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。