上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.22 七侠五義29
ようやくシリーズ終了して、また新しいシリーズです。


第二十九集 奇妙の町

◎できごと

・安国王との会見により誤解は解け、
宋と遼の関係は修復されました。

・蕭毅が蕭璟に託した宝珠から地下道の地図もわかり、
悪い人たちはみんな爆破&生き埋め!
李達も自害!
一件落着!!


・そして平和が戻ったのだが、
囚人護送中の展昭が地雷地帯=四方鎮にそれと知らずに足を踏み入れてしまったため
公公サイドがさっそく動き出し、牢獄破りが勃発しそうになったが
みんなが駆けつけて阻止されたなう





◎人物まとめ

・包拯

・陳公公…えらい宦官

・皇上

・展昭…四品帯刀
・白玉堂
・蕭璟

・廬方…苦配軍
・韓彰…ヒゲ(鍛冶屋)
・徐慶…酒場経営
・蒋平…医者
・艾虎…捕頭

・丁兆恵…護衛

・智化…商人、元遼人

・李達…遼の尖兵、鉄血殺手隊の長

・北苑大王…遼の王族、主戦派

・安国王…遼の王族、穏健派、蕭璟のオトン




◎かんそう

・やはり蕭璟がもらったあの珠が鍵であった。
…って、姪っ子にそんな厄介なもの押し付けていいんかい!という突っ込みもあるのですが(^^;

・生き埋め爆破作戦はけっこうざんぎゃくな気もする…

・オトンは帰るけど蕭璟のことは相変わらず放任なのねw

・なんだかよくわからない流れで李達自刃…@@
わからんでもないが、ちょっとこの辺いろいろやるには描写が浅かったという気が…

・残月篇はこれで終わったわけだが、
うーん、やっぱりこれまで何度も書いたようにもうちょっと展開を凝縮して
サクサクッと進めてくれたら良かったのになぁ、というかんじであった。


++++++++++++++++

・というわけで後半から新シリーズ、四方鎮篇。

・えっ!
いきなり道が割れて落とし穴とか!wwww

・ワロスwwww
両側の家が迫ってくるとか、
仕掛けが大掛かりすぎだろ!wwww

・四方鎮は公公の管轄らしい。
ま  た  公  公  かwwww

・脱獄→脱獄阻止、のアクションへの流れはスピーディーで良いな。
仕掛けが大掛かりで楽しいというのもあって、
今シリーズはワリと掴みは良さそうな感じ。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1304-280ef9bb
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。