上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.15 七侠五義28
ここまで来るとOP映像もだいたい出た感があるな…


第二十八集 侵攻開始

◎できごと

・皇上の温情によって放免された遼の潜伏隊の皆さんであったが
北苑大王&李達の策略により国境で宋の商人殺害が勃発し皇上激おこ
包拯がみんなのために出頭した。

・が、北苑大王に焚き付けられて遼軍が開封に迫ってきたので
皇上は腹いせに包拯の処刑を決定
けっきょくそれを知った潜伏隊の皆さんも戻ってきたので
みんなまとめて処刑されるところになったが、
実家に帰った蕭璟がオトンを連れて皇上のところに乗り込んできたなう。





◎人物まとめ

・包拯

・陳公公…えらい宦官

・皇上

・展昭…四品帯刀
・白玉堂
・蕭璟

・廬方…苦配軍
・韓彰…ヒゲ(鍛冶屋)
・徐慶…酒場経営
・蒋平…医者
・艾虎…捕頭

・丁兆恵…護衛

・智化…商人、元遼人

・李達…遼の尖兵、鉄血殺手隊の長

・北苑大王…遼の王族、主戦派

・安国王…遼の王族、穏健派、蕭璟のオトン




◎かんそう

・間者を解放した時期と
けしかけられた遼軍が動き出した時期ということで
タイミング的には最悪であった。

・「いいところがあるの、蜀に行きましょう☆」
えっ、でも皆さん遼に戻ろうとしてたんですよね??
遼=北東
蜀=南西ということで
全く逆の方角な気がするのですが…

・ヒミツの地下道の地図とか
正直、李達が動き出した時点で処分すれば良かったのにな。

・喉元を過ぎるとまた持病のスイーツ脳が…

・「開封城外まで遼軍が進攻しました」
ちょ、早すぎwwww
国境の見張りとか…
そしてこの状況で「包拯は十日後に処刑!」とかw
十日と言わず明日にでもやれば良いものを、妙に余裕が…

・主戦派の陰謀でした!ということで
このシリーズもおおむね着地点が見えた感じだな。
しかしまあ、もっと濃縮してサクサクっと〆てくれれば良かったものを…

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1303-1fdd38e6
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。