上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.25 七侠五義22
なんとなく惰性で観続けるような感じになってしまっているような…
話の筋をどんどん追いかけたくなるほどには縦糸がそこまで太くなく、
かといってオムニバスというには
個々のエピソードの展開がゆっくり(じっくりともいうが)なのが問題か。


第二十二集 殺手隊暗躍

◎できごと

・とりあえず皇上のお忍び町遊びは何事も無く終わったみたい。

・鉄血殺手隊の目的は
残月隊が持っているらしい皇宮内部へと通じるひみつトンネルの地図であることが判明した。
そのためにいろいろ家族を殺したりしてプレッシャーをかけてきているが、
蕭毅本人には手出しはできない。

・遼が絡んできているので本事案は開封府から引き上げられてしまい、
包大人としては従うしかないところ。





◎人物まとめ

・包拯

・陳公公…えらい宦官

・皇上

・展昭…四品帯刀
・白玉堂
・蕭璟


・廬方…苦配軍
・韓彰…ヒゲ(鍛冶屋)
・徐慶…酒場経営
・蒋平…医者

・丁兆恵…護衛

・艾虎…捕頭

・陸淵…えらい人

・蕭毅…えらい人、実は遼の王爺、蕭璟のオトン?


・李達…遼の尖兵、鉄血殺手隊の長




◎かんそう

・いつものスイーツ

・皇上と意気投合した猟師(仮)胡老七
初対面の相手と二人だけにして大丈夫なのかな…
展昭も案外頭に血が上りやすいというか、無責任だw

・その武器はどうみても扶桑のスリケンだが、遼の暗器なのかw

・やっぱりヤバイ人じゃねーか!>七哥
その猪って人だろ!

・残月隊の呉服屋の人
フラグ立てるのはいいけどなにも自害せんでも…
「もう死ぬから関係ないので抜けさせてください(家族も見逃してください)」ってことだったっぽいが…
このへん祖国への義理もあって板ばさみということか。

・なぜ多勢に無勢でやれると思ったし>蕭府を出た鉄血隊を追った公公配下の黒服の人


・あっさりと網にかかる意外とチョロイ鉄血隊の皆さん
しかしあの状況で逃げられるとは、やっぱり武功高手ということか。
蕭毅もさすが特殊部隊の隊長だけあって、かなりの高手ということは判明したが

・地図は蕭毅の手元にはないのか。
存在することは事実のようだが。

・一方その頃
蕭璟は自分プロデュースの誕生パーティーを…(涙

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1297-61b6de1f
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。