上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.18 七侠五義20
20話の大台を越えるとけっこう鑑賞が早くなるというのが
これまでの経験則であるが、
それはさておき今回から新しいシリーズの始まりである。


第二十集 遼国の影

◎できごと

・丁兆蘭が「ぜんぶ責任とって自害します」的にまとめてしまったため、
けっきょく色んなものがアイマイなまま、
みんなで「これからもがんばろう!」って決意表明して終わった。
えー@@

・遼サイドが侵攻を始めてくる感じで、
ひとまず送り込まれてきたキケン人物により
結婚式場で殺人事件が起きた。

・20年前から宋に潜伏している遼のチームが残月隊であるのだが、
いまではすっかり宋に馴染んでおり、遼の侵攻を止めたいと思っている。
それに対して遼がやろうとしているのが大漠之月作戦というやつだ。





◎人物まとめ

・包拯

・陳公公…えらい宦官

・皇上

・展昭…四品帯刀
・白玉堂
・蕭璟


・廬方…苦配軍
・韓彰…ヒゲ(鍛冶屋)
・徐慶…酒場経営
・蒋平…医者

・丁兆恵…護衛

・艾虎…捕頭

・陸淵…えらい人

・蕭毅…えらい人、実は遼の王爺、蕭璟のオトン?


・李達…遼の尖兵、鉄血殺手隊の長




◎かんそう

・本当に事件がこれで終わってしまった。
まあ、公公の黒い部分の暴露とかは
最後のほうのシリーズのために、まだ手札として温存ってことなのかね@@

・白玉堂とかも何のために出てきたんだかよくワカランかったし、
正直、このシリーズはあまり出来は良くなかったな…


+++++++++++++++++

・というわけで心機一転、仕切りなおしで新しい事件。
公公が糸を引いてどうのこうのというのが無さそうなぶん、
(ニュートラルに事件解決への取り組みが見れるという点で)
前のシリーズより面白そうね。

・李達の人は『七剣』の元英の人だな。

・蕭オトン、わかりやすい死亡フラグ!

・結婚式場の嫌な席ワロタw
公公もすっかり嫌がらせ役が板について…

・前シリーズの内容を経て成長したかと思ったら、
ほぼスイーツ()なままの蕭璟だった。

・毒針殺しは
中原のやり口ではないと言うし
やはり鉄血殺手隊のしわざと思われるが、
しかしナゼ関係無さそうなこの新郎新婦を?
というギモンはある。
無差別テロ的に恐怖を煽るのが目的なのか?

・公公は何でも知っていますね(^^
というかずっと網を張っていたらしい。

・展昭が川に投げ捨てた預かってた贈り物が
川を下って流れてきて、発見した子供が大ショック!


 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1295-7714d594
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。