上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.11 七侠五義12
どんどん行くぜ。


第十二集 因縁

◎できごと

・皇上は龐吉に死を賜るつもりまんまんで陵墓に会いに行ったら
先帝からも龐吉のやったことを知っていたことが発覚。
その上で、「先帝の名誉とかを盾に取るつもりはありませんよ?」的な態度を取る龐吉の前に
皇上としては許すしかなくなってしまった。

・というわけで、当然それでは収まらない人たちは
絶賛、陵墓にカチコミ中なう。





◎人物まとめ

・包拯…開封府尹

・陳公公…えらい宦官

・皇上

・展昭

・廬方…苦配軍
・韓彰…ヒゲ(鍛冶屋)
・徐慶…酒場経営
・蒋平…医者
・白玉堂

・丁兆恵…陳公公→包拯の用心棒


・龐吉…もと鎮国太師

・蕭璟



◎かんそう

・包愛臣、すっかり皇上のお気に入りになったな…

・こいつはくせえーッ、ゲロ以下の臭いがぷんぷんするぜーッ!>泣き演技の人

・先帝のお墨付きとか、準備良すぎw
だがこうなることを見越して予防線として位牌を書斎に置いていたわけか。
それなら納得だな。

・皇上、ナメられまくりだなw
だがやはり龐吉は老獪だ。

・この黒い頑固おじさんの手綱取りもたいへんだね(^^; >?吉

・丁兆恵、地味だが、案外いい人になってきている感がある。
2人殺害をしれっとスルーしやがったw

・「皇上が汚名を晴らしてくれる」→「やっぱり無理でした」
上げたり下げたり、もー(^^;
自棄酒といいつつそれってカチ込む前の景気付けですよね、わかります。

・殺すのが全員じゃなくて数人なら良いって話じゃねえよなぁ…

・おお? 不意討ちとはいえあっさりと江湖者2人が死んだ!
白玉堂、ここへ来てごっつぁんキルだな。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1287-1adfee2b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。