上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.21 七侠五義05
今のところ20話くらいまでリリースされてるんだっけか。
追いつく心配はなさそうだな(笑)


第五集 仁和賭坊の殺人
◎できごと

・白玉堂は武功未熟にも関わらず自信満々で
意地になって単独で龐吉のANSATSUをしようとしている。

・仁和賭坊でオイタをしすぎた陸天良が殺害された。
廬方はこれを開封府に持ち込んで包拯の人物を図る機会にすることにした。

・町のならず者だった陸天良は町民から恨みを買っていたため
暴徒と化した町民が陸天良の家を焼き討ちに押しかけてきたが、
包拯とその場にかけつけた展昭によって一同解散となった。






◎人物まとめ

・包拯…開封府尹
やはり基本的にこの人が正義の味方という立ち位置が絶対的に存在するので、
そこが安心して観て行けるところだ。


・展昭
ご近所ヒーロー展昭さん来たー!


・蕭璟
オトン関係はとりあえずペンディングか。


・丁兆恵…陳公公→包拯の用心棒
そろそろ顔を見ても誰だかぱっとわからないレベルに


・龐吉…鎮国太師
グヌヌ


・白玉堂
この男、
三下二人組相手にあれだけ苦戦してるのに
よくこんな自信満々でいられるなw
そのドヤ顔の根拠はどこから来るのよ?


・廬方…苦配軍
・韓彰…ヒゲ(鍛冶屋)
・徐慶…酒場経営
・蒋平…医者
包大人に直接コンタクトした廬方だったが
今回もお互いに腹の探り合いをしただけで終わった。
とはいえ、この陸天良の一件がついに仲間入りへのきっかけになるか?


・陳公公…えらい宦官

・陸天良
あちこちでめんどくさい人だったのね(^^;
しかし久しぶりに出てきたと思ったら、
酔っ払ってクダ巻いた挙句にSATSUGAIされてしまった!





◎かんそう

・冒頭の襲撃アクションは
白玉堂の潜伏先が、あの二人組(雷公&河伯)に襲われた場面だったワケね。
しかし暗器の飛ばし方とか、
不必要に強調することなくものすごい"さりげない感じ"で、
それでいて「おお、暗器!」って印象的な演出で組み込まれていたのが上手かった。

・「お前の腕ではあの二人を同時に相手にするのは難しい」
  ↓
「どうかな、すでに相手したぜ」
いやいや、君、手傷を負ってけつまくって敗走しましたよね?(^^;

・血文字の『?吉コロス』って、
アホだw
犯行予告アホだw
相手を警戒させるだけじゃねーかww

・包大人×龐太師という
いつもの腹芸大会w
そして兵器庫から外堀を埋めて捜査とは、
さすが包大人、抜かりないw
あまり龐太師が一辺倒でしてやられっぱなしというのも物足りないけど
(もっとしたたかさを見せて欲しいところもある)、
証拠を盾に犯人にやんわりと切り込んでいくのは
推理モノとか刑事ドラマ的な面白さがあるな。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1280-363360c8
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。