上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆☆☆
2011年  
原題:Kung Fu Panda 2



おおっと、危ない。気がついたら一月空いて広告が出ちゃってましたよっと…

とりあえず、
観てきました。

このシリーズは声を当てている人がかなり豪華なので、
字幕版で観たかったのですが、
やっぱり基本的にファミリー向け&3D作品になっているので、
とにかく字幕でやってるところがなかなかありません。
つーかヘタすると日本全国で新宿だけでは?(汗

ともかく、そんなわけで、
台風で雨風がすさまじい中、
ちょうど新宿まで歯医者に出かける用事があったので、ついでに観てきました。
ちなみに終わったのは18:00すぎでしたが、電車がぜんぶ止まっており、
家に帰ったのは22:30すぎでした(笑)

++++++++++++++

さて、
古今の功夫ものをリスペクトして作られためりけん産のこの作品、
今作は2です。続編です。
というわけで、いきなりこっちから観る人は削除。

概略としては、前作の直接の続きということで、
神龍大侠(ドラゴン・ウォリアー)になった主人公の寶(ポー)が
新たな脅威に立ち向かうおはなしです。

前作経験者へのネタバレなし範囲での紹介としては、
・ポーはちゃんと武功高手です。前作を継承して、達人になっています。
『ベス○・キッド』みたいに、弱くなったりしていません(笑)
(いや、あれはあれで、リアリティという面では正しいんだが。)
そして五烈(Furious Five)の面々とコンビネーション技なんかも豊富に披露しちゃったりして、
「あのポーがこんな立派になって…」的な感慨にすごく浸れます。
これも続編ならでは。

・それでいて、
ちゃんと基本のベースにおける功夫(積み重ね)においては、
経験点の差として「ポー<五烈」という差があり、
そこはきっちりと残していてくれたのも、好印象。
ここ一番では五烈を超えるけど、基本的にはそうじゃないと、逆にオカシイのであり、
そこをちゃんとしてくれていて良かった。

・アクションは前作同様、クオリティ高いです。
CGクリーチャーならではのダイナミックなアクションが豊富で、とても楽しいです。
飛んだり跳ねたり、屋根の上を飛び回ったり。縦横無尽に三次元的に飛び回ります。
これはCGならでは。
今回は3Dだったので、まあいろいろハードルは上がるんですけど
(メガネが重いとか、値段が高くなるとか、上映館が限られるとか)、
でも大画面で飛び出してきてアクションするのは、悔しいけど、やっぱり楽しいなぁ。

・ストーリー的にも、蛇足ということはなく、
すんなり続編として繋がっていた。
やや「別に今回の話にもってこなくても」的なところもなきにしもあらずではあったが。
少なくとも「続編なんて作らないほうがよかった」という出来ではなかったです。
というのは保障しておきましょう。


というわけで、
前作が気に入った人ならぜひ観ましょう、ってところですかね。
ただし、前作同様基本、ギャグなので、台詞もそんなところが多く、
それゆえに「日本語吹き替え版」だと、吹き替えスタッフが悪ノリしてそう。すごくウザそう。
そこを考えると、やっぱ字幕で観るべきじゃないかな~。
(なんつっても声と演技は一級ですし。)






↓以下、ネタバレ込みで





・ストーリーのところに書いたけど、
無理にポーの出生とからめなくても良かったんじゃない?的なところはあるかな~w
まあでも、そうじゃないと逆にポーが強くなりすぎていて、
とっさのところでフリーズしちゃう→ピンチという流れに持って行けなかったかも知れんけど。

・オトンとの仲に悩みだすというのも、やや唐突感がなきにしもあらず。
まあ割と唐突にこういう感じになるというのは、前作もあったので、
それがこのキャラクターなんだろうといえば、そうなのかも知れんが。

・その砲弾を内功心法で…というのは、やっぱり考えることであり、
そしてクライマックスで雑念を捨ててInner Peaceの境地に達して…
というところは、お約束ではあるけれど、
予想と期待にキッチリ応える良いシーン。カタルシスはばっちりです。

・自分から掴まってた二人のマスターたちが
最後、あっさりと師傅に説得されて参戦するところは、なんというか(^^;
こういう勢いも香港モノっぽくて、逆にアリかも知れんがw

・エンドクレジット、
ここでテーマソング「カンフー・ファイティング」が流れなかったのはざんねんだった。
つーか勝手にテーマソングだと思ってただけかも知れませんが。
でもせっかく続編なんだから、もうちょい音楽的にも前作と統一感を持たせて欲しいというか。
同じ劇伴曲のアレンジを使うとか、そういう仕込みをしてくれればなお良かった。


以下、思い出したらまた追記するかも知れませんし、しないかも知れません。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1226-2dce747a
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。