上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.03 一枝梅07
ん~、ぐいぐい観てしまうな~。


第七集 目の前の姉に…



◎人物まとめ

・イ・ウォノVIP

・ギョムイ・ウォノの息子
・ヨンセドルの息子

・ヨニギョムの姉

・セドルチャドルの養父、ヨンの父
・タンチャドルのオカン

・デシクヨンの遊び友達
・フンギョンヨンの遊び友達

・ヒボン格闘賭博の元締め

・ヨンジェ詐欺師、元刺客
・ポンスン占い師の娘

・チャン猟師


+++++++++++++++

・ピョン・シク漢城府判尹(ハンソンブパニョン)

・シワンピョン・シクの息子
・ウンチェピョン・シクの娘

・チャドルイ・ウォノの隠し子
・シフピョン・シクの息子


・?イ・ウォノの兄、刺客のボス
・サチョン刺客



◎かんそう

投獄編

・不法春画販売でタイホされた…
アホだ(^^;

・って、牢獄の中に先にいたの、姉上じゃん!!
でもお互い一目ではわからんのね…
この間は暗がり&遠距離だし、
まさかこんなところで会うとも思わんだろうし…

・とっさにでたらめ並べてその場をやりきるとは、
ヨンもだいぶ機転が回るようになってきたな。

・やっぱりシフが出来心で売ってしまったのか。

・よもやこのアボジにポコスカ折檻されているチャラい若者が
あの聡明なギョムの成れの果てだとは思うまいね…(^^;

・必死に残した布切れのために、
逆にギョムの生存が
ついに一味の知るところとなってしまった。

・弟だとわかったのに、触れることもできないとは…
嗚呼…

・拷問エグイ…@@
この辺の描写はほんと容赦がないというかなんというか…

・ピョンシクもいまや完全にブラックになっているな。
コイツもロクな死に方はせんというか、
しないと許されないようになっている@@

・それにしてもギョムの不幸レベルというか、
復讐ゲージが半端ないレベルまで溜まり続けているな~(^^;
今のギョムは同房の女性の素性について何もわかっていないだけに
あとでわかった時のことを考えると…


++++++++++++

処刑編

・すぐに判明した。
あああ…

・蜂蜜が何かと思ったら、
なるほど、ネズミで蜂蜜か。
しかしせっかくの計画も大人の力の前には…

・この処刑というのは、もちろんギョムを誘い出すための罠でもあるわけで…

・シフも少し自分の行いの責任について思い知るがいいよ。

・そりゃ切れかけたロープは使わんよな…

・チャンのドヤ顔!

・父上は目の前で八つ裂き
姉上は目の前で絞首刑とは…

・記憶が戻ってることを知られるわけにはいかないので
無邪気にはしゃいでみせるヨンが切ないわ。
実際、わかったからといってどうにかできたわけでもなかっただろうけど、
今回は自分のうかつさゆえに目の前で気付けなかったので
ダメージ大きいよね…

・そうか、木に刻んだのは
あの時見た剣の文様だったんだ。


+++++++

立志編

・復讐の証を胸に刻むことにした。

・シフ、お嬢様に八つ当たりしてもねぇ…

・ピョンシクによると
ギョムの母上はもう死んでしまっていたらしい。

・ヒボン兄貴いいひとだ…

・確かに探さないほうが良いんだよな。
実際死んでしまっているので、無駄なことではあるし、、、
ギョムのかわいそうな子っぷりが半端ないな…

・そろそろシフも切れていいと思うんだ。

・切れたけどあんま変わらなかったな…
ただの自暴自棄というか…

・ほえ????
ゆきずりのシフを助けたこの人
母上?!!
生きてたのか!?


+++++++++

雌伏編

・文様が刻まれた剣は
どうやら高位の官吏の持ち物らしいということがわかった。

・そりゃまあ、試験受けてないもんな。
受かるわけないわな(笑)

・シフもたいがい覚悟を決めて
シワンに宣戦布告したようで。


・ヒマ組は下請けみたいな形で官吏と繋がっているので
屋敷の中も把握できる。
というわけで、ギャングに入団することにしたヨン。

・シフ、結局自分の父上をハメた上に
自分の姉上も告発しちゃったわけだな…
これはこれでひどい因果だ。。
オカンも今ごろになって自分の間違いに気が付いた。
気が付いたけど、もうどうにもならない現実がそこにある。

・「もうこれからは息子扱いせんからな!」
いや、もともとどうせあんたほとんどシフのこと息子扱いしてないじゃん(^^;

・しかし新たに着任したシフの上司としてシワンが着任とか、
なんかシフ編は視聴者にストレスを与えるために存在しているのではないかと疑わざるを得ない(^^;


++++++++++++

盗賊入門編

・目的のためにちんぴら見習いになったものの
弱い者いじめみたいであんまり楽しい仕事ではない。
そういう弱い者が食われるいまの世の中の現実を見つつ、
捕卒になることにして
オトンのシーフスキルを習うことにしたらしい。

・というか
オトンが元シーフってこと知ってたんだ?
まあそりゃオトンの友人とかに話も聞くか。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1207-bc8010a9
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。