上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.02 一枝梅05
随所にギャグパートによる息抜きを挟みつつも、
ストーリーとしては縦糸が真っ直ぐに動いているのでダレないというか、
引きが強いというか。


第五集 葬られた過去



◎人物まとめ

・イ・ウォノVIP

・ギョムイ・ウォノの息子
・ヨンセドルの息子

・セドルチャドルの養父、ヨンの父
・タンチャドルのオカン

・デシクヨンの遊び友達
・フンギョンヨンの遊び友達

・ヨンジェ詐欺師、元刺客
・ポンスン占い師の娘

+++++++++++++++


・ピョン・シク漢城府判尹(ハンソンブパニョン)

・シワンピョン・シクの息子
・ウンチェピョン・シクの娘

・チャドルイ・ウォノの隠し子
・シフピョン・シクの息子

・ヒボン格闘賭博の元締め


++++++++++++++++


・?イ・ウォノの兄、刺客のボス
・サチョン刺客

・シム・ギウォンイ・ウォノの旧友、左議政
・クォン・ドゥヒョンシム・ギウォンの甥




◎かんそう

復活のギョム編

・記憶がもどってまともになったヨン(というかギョム)は
オトンへの対応なんかもそつがないので安心して見ていられるな。

・ピョンシクの帽子のかざりは「S□S」みたいに見える。
JOJOに出てきそうなデザインだ。

・ピョンシクのセルフ売り込みのために
八つ裂きにされることになってしまったシム・ギウォンさん…
いやまあ反逆罪認定されちゃった以上は
いずれにせよ死刑だったんだろうけど…

・当然だが
もはやヨンが接触することもできるはずもなく…

+++++++++++++

調査編

・なんでこの父娘のいんちき商売がこんなに儲かっているのかw

・本当にさいふに名前書いてあったw
アホだw

・とりあえず
パクられた金を取り返したヨンは
ヒボンを雇って人探しをしようとした。
なにかと思ったら、オカンと姉上のゆくえということだった。
そうか、それでシム・ギウォンさんに接触しようとしてたんだ。
(そういや、前に「行方を知ってる」って言ってたもんね。)
謀反人の妻女てのは官婢にされるというものなのね。

・猟師のオッサンはヒボンから金を借りてるらしい。
つーか息子がいたのな。

・ヨンジェさんは
ヨンの正体は知らんのだよな。そういえば。


++++++++++++++++

かぎまわる猟師編

・悪ボス、
まんまとシム・ギウォンさんを始末し
手駒として扱いやすいピョンシクを取り立てた。

・猟師はヨンの正体を暴いて売り込もうとあちこち聞きまわっているようです。

・出た、最強キャラ・オカン!

・記録は機密庫にあるらしいのでおいそれとは覗けんらしい。

・あっさり詐欺師に騙されるヨンもばかなんだか賢いんだか…(^^;

・シフには優しいサチョンさん
結構13年で老けていたな。

・またいいタイミングで
昔ヨンを診たソン先生とかが町に来てたりするんだな~w

・情報屋がダメだったので
義禁府に自分で乗り込むことにしたらしいヨン。
う~ん、記憶が戻ってもあんまり賢くはなってないみたいだな(笑)

・ピョンシクめ
けっこう直接的にイービルなことに手を出し始めたな。
司憲府を妨害して事の真相をうやむやにしようともくろむとは…


+++++

SENNYU編

・塀を越えて侵入するために、
高飛びの練習をすることにしました。
…紙一重だなw

・証拠隠滅組が同時進行で動いてるので、
一日遅れると消されてしまってアウトという
ギリギリな状況。

・ヨンの目の前で塀を飛び越えた軽功高手は
サチョンさん…ではなく部下のあいつだった。
しかしぜんぶ文書SHOKYAKUとは、なりふり構わんやり口だな…

・当たり前だけど付け焼刃の塀超え高飛びジャンプなんか成功せず
まっとうに消火作業のどさくさに紛れて潜入…というのが
良い意味で隙のない展開で良いね。

・捕り物やってる場合じゃないってのに(^^;
あんたら消火作業しなさい(^^;
(いや、あやしいやつ、放火犯だと思われたか)

・そこで殺害現場にばったり出くわした!
…と思ったら
うまいこと殺人犯のほうが追っ手に間違えられた!
ヨンがそのまま、殺されかかってた人(クォン・ドゥヒョン)のようすを探らずに
エスケープしちゃったことには突っ込みを入れたいが…

・手がかりは灰になってしまった。


+++++++++++

死体強奪編

・だいぶピョンシクも天罰ポイントが溜まって来ているように思う。

・どう見ても暗殺されています、ほんとうにありがとうございました。

・ええと、扉の前まで椅子ごと引っ張って、舌を噛ませて殺した…
のはいいとして、
発見時に元の位置に椅子がそのまま戻っていたんだから
密室の中で自害です
というのはおかしいYO!
まあどうせ真面目に調べる気なんかなかったので、
どうでもいいといえばそうなんだが。

・シフが胸の鍵爪のあとに気が付いた。
…というか気付かない検視官に突っ込みを入れたいw

・入れ墨
父上にもあった入れ墨。
シム・ギウォンさんが「会」って言ってたが、
そのメンバーの証ということか。

・ヨンは遺体破棄の台車に紛れ込んで脱出した。

・都事のおじさんは割といいひとだが、
損な役回りだな(^^;

・クォン・ドゥヒョンが服の切れ端に記していたのは、
その後、髪をしばる布に使っていたんだな! なるほど!
それにしても、ものすごい綱渡りだなオイ!

・しかしまさに真相が書かれていたその布辺が奪われてしまったじゃないか…
遺体を運び出していた車を途中でふんじばった二人組は
いったい??


+++++++++++++

翌朝編

・まともに昨晩の行動について釈明するのもいろいろ問題ありまくりなので
とりあえずアホ息子を演じ続けるヨンであった。

・そして今日も今日とて、ストーキングスキルの鍛錬に励むシフであった。

・それにしてもこのオカン、だいぶ業が深いと思う。

・クォン・ドゥヒョンが最期に服の切れ端を残していたことを
すぐに突き止めてしまうサチョンさんたちも、ぬかりがない!

・つまり死体を奪ったのは一味ではなかったわけで、
となると、誰だ???
と思っていたら、
あー、シム・ギウォンさん家の!
これで糸はギョムまでつながった!…んだよな?(^^;
(ぎりぎりで引っ張るからやや心配といえば心配だが^^;)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1205-4af3aab7
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。