上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.02 射雕英雄伝11
第11話 趙王府の長い一夜

あらすじ

母を喜ばせるためにわざと足を折った兎を持ち出す完顔康。
部屋の外でこれを見ていた郭靖と黄蓉は召使いを捕まえて怪我をさせ
代わりに完顔康のところに薬を取りに行かせることにした。

一方、五人の武芸者と欧陽克を集めた完顔洪烈は
金と宋の戦の趨勢を決する可能性を秘めた機密事項、
岳飛の遺した兵法書について語っていた。
それは岳飛の墓ではなく、臨安に隠されているという…
そこへ完顔康の頼みを聞いて薬を取りに行っていた梁子翁の弟子がかけこんできた。
郭靖の侵入があっさりとバレてしまったのだ。
慌てて戸棚から薬を物色する郭靖に大蛇が襲いかかる。
体を締め付けられ身動きの取れなくなった郭靖は
蛇の胴体に噛み付いてその血を全部飲み干しかろうじて難を逃れる。
しかしそれはただの蛇ではなく、梁子翁が二十年かけて貴重な薬を飲ませ育ててきた
内力強化のための蛇だったのだ。
ふらふらと邸内をさ迷う郭靖をフォローすべく黄蓉が武芸者たちの前に立ちふさがる。
軟蝟甲を身につけた黄蓉は敵の攻撃をものともせずにやり過ごし
軽々と塀を飛び越えて去って行った。

その頃、地下牢には王妃が訪れていた。
康の振る舞いを謝罪し、穆親子を解放してやる惜弱。
鉄心はいよいよ王妃がかつて生き別れた妻であることを確信し、
念慈を残し一人趙王府へと忍び込む。
そこで彼が目にしたのはあの日と変わらない牛家村の我が家だった。
十八年ぶりに再会する妻と夫。
そこへ康がやって来た。解放された念慈と町で会った彼は
母に本気で念慈と結婚をするという決意を伝えようとしていたのだ。
ただごとならぬ様子の母を見て康は侵入者に気がつく。
物置に隠れていた郭靖は逃げていき、
そして鉄心を前にした康は母からそれが自分の実の父であるという
衝撃的な告白を聞く。
事実に混乱する康だったが、その場は母の訴えに応えて鉄心を逃がすしかなかった。
自分の出生について問いただしに父・完顔洪烈のところへ行く康。
しかし完顔洪烈もまた彼にとって確かに父であることがわかりさらに混乱する。
具合が悪いという惜弱を見舞いに康を連れて惜弱の部屋を訪れた完顔洪烈は
ただならぬ様子の惜弱と牛家村の残り香に憮然とするのだった。

血を飲んだ後遺症でまだ行動不能の郭靖は邸内をさまよい井戸の底に落ちてしまった。
待っていたのは梅超風。
誤った内功の修行を行ったおかげで足が不自由となり
こうしてこの趙王府の地下で完顔康の師となっていたのだ。
さらに力を増したその爪の餌食になるかと思われた郭靖だったが
梅超風は自分を背負って外へ連れて行けと郭靖に命じる。
井戸の上で欧陽克らと鉢合わせた二人だったが
梅超風は戦いの中郭靖から内功の秘訣を聞き出し、圧倒的な力で彼らを退ける。
戦いが終わってもなお郭靖を放さない梅超風だったが
江南七怪、さらに黄蓉の乱入によって事態は収束した。
黄蓉こそ梅超風の師である桃花島主の娘だったのだ。

穆親子は町外れの廃屋で落ち合うために康を待っていた。
ようやく訪れた康の目の前にはやはり自分を息子と呼ぶ鉄心が…



Pick Up

11_01.jpg
「なんだお前たち、ここで何をしてる?」って聞かれて
馬鹿正直に答えようとして言葉に詰まる郭靖と
「あんたこそ誰よ、ここで何してるの?」ってぴしゃりと切り返す蓉儿
ちゃっかり者の蓉儿とボンクラ郭靖の対比が実に面白い



11_02.jpg
蓉儿のあとに続けて「そ、そうだぞ」
美味しすぎます



11_03.jpg
躊躇なく他人の手首をポキリと折る小悪魔@@
相方の郭靖もがんばって脅し文句を言ってみました
李亜鵬のたどたどしい演技が実に良い



11_04.jpg
「外傷だけではないみたいで…」
階段からどんな落ち方したら内傷になるんだ?(笑)



11_05.jpg
要するに「皇子様に母上の前でいいかっこさせるためにやった」ってことね。
字幕だけだとちょっとわかりにくいですが

この場は完顔康が基本的にアフォなのと
さっさと家来を追い払って母上と二人になりたいという思いがあったから
かろうじてバレずに済んだってところか。



11_06.jpg
何気ないし別になくても支障はないやりとりなんだけど
こういう細かいディテールの積み上げは大事だ



11_07.jpg
この人も人間としても王様としても、悪い人じゃあないんだよねえ



11_08.jpg
郭靖に単独行動をさせた時点で
こういうポカミスをやらかすことは仕方ない(笑)



11_09.jpg
わぶっ!



11_10.jpg
なんてこった

これも何か立ち姿が好き



11_11.jpg
誰かさんじゃないんですが、私、蛇は本気でニガテなんですよ
このシーンきつかった@@



11_12.jpg
ヒイイー



11_13.jpg
蒙古育ち舐めんな!



11_14.jpg
げぇっぷ

どういう主人公なんだ(笑)



11_15.jpg
笛の音と共にスカートをはためかせて



11_16.jpg
蓉儿参上
普通に郭靖より強いんだよなーこの娘



11_17.jpg
裏拳が顔面直撃
情けない欧陽公子(オーヤンコンヅ)



11_18.jpg
犯行現場には干からびた死体が…
郭靖飲みすぎ(笑)



11_19.jpg
とりあえず口をふきなさい



11_20.jpg
空中戦4vs1
対照的な衣装の色合いが実に鮮やか



11_21.jpg
ざっくり


11_22.jpg
「蝟」というのはハリネズミ
要するにトゲトゲのベストってことね


11_23.jpg
私に触れると怪我するわよ



11_24.jpg
鮮やかに去って行く蓉儿でした

相変わらず軽功でジャンプする時は両腕広げるのね



11_25.jpg
肝心な時に寝こけてるクセは十八年経っても変わらずかい
…と思ってたら起きました。
しかし感極まって言葉が出てこないんだよなあ



11_26.jpg
もしや戻らないのではないかと穆易さんが心配になる



11_27.jpg
その頃の我らが主人公
「飲みすぎた、頭イテエ」



11_28.jpg
変わらぬ我が家がそこに
まさに夢を見ているような思いだったことでしょう

奥の部屋にあるのは位牌ですね



11_29.jpg
11_30.jpg
11_31.jpg
11_32.jpg
ここはヤバイ
もう泣く。



11_33.jpg
押し入れの中では…
(口ふけよ)


11_34.jpg
うっぷ…
感動台無し



11_35.jpg
ようやく事の深刻さを少し理解したボンボン



11_36.jpg
慌てて押し入れに飛び込んだらこんな変態が(笑)
だから口をふきなさいって



11_37.jpg
せっかく決意をしてきたのに
何と間の悪いことか
母は母で手一杯だったのだ



11_38.jpg
すぐに出て行こうとする鉄心を押さえて自分が先に立つという
真っ直ぐな郭靖が良いよなー



11_39.jpg
コキコキキ
だからやめろって
お前それがどういう技かわかってて使ってるのか?



11_40.jpg
アイデンティティ崩壊



11_41.jpg
この台詞だけでこっちも救われた気になるT_T



11_42.jpg
ここは「母はお前が戸を開けたら死にます」という悲壮な台詞なんだけど
日本語の吹替えだとだいぶニュアンスが変わってるのがちょっとねえ。
なんかただの自己中の女っぽい口調になっとる



11_43.jpg
その頃の主人公…
オゲエエー!



11_44.jpg
わーっ!

なんか水木しげるっぽいな




11_45.jpg
「騒いでいるのは誰だ?」
すごい、ここは声だけで威圧されます。(キャラクターじゃなくて、見てるこっちが)
梅超風って声あててるのも楊麗萍なのかな?

それに比べると日本語吹替えの梅超風は明らかに声が駄目ですね。



11_46.jpg
修行によりさらに力を増した梅超風は
内功の力だけで遠くにいる郭靖を引き寄せる


11_47.jpg
郭靖も内功で抵抗しようとするが
(口ふけよ)


11_48.jpg
力及ばず



11_49.jpg
この人もこの人でいいお父さんなのだ



11_50.jpg
妻が病気だと聞くと本気で心配してくれるしね



11_51.jpg
殴ったね! 親父にもぶたれたこと(以下略
すいません、つい言わずには…@@

でもここも熱い場面です。
たぶん康はこれまでにこんな風に父と真っ向からぶつかったことは
なかったんでしょうね。もちろん殴られたことも。



11_52.jpg
だからこそ、血の繋がりはなくてもまぎれもなく完顔洪烈も彼にとって父なのです
惜しむらくは十八年間これまでにそういう機会がなかったという点か



11_53.jpg
前回の食事会での空気の読めなさっぷりといい
すっかりこういうキャラに落ち着いたようだ



11_54.jpg
やっぱりしつけは小さい頃からやっておかないとなぁ…
こうして家族としてまともに時が動き始めたのが
十八年経った今になってからというのは
なんとも皮肉なものです



11_55.jpg
なんか何もしてなくても怪しい後光が差すんだよね、この人(笑)



11_56.jpg
郭靖をいちおうは認める梅超風

ここで郭靖が内功の秘訣を尋問されたのって
やっぱさっき地下で中途半端に内功で抵抗しちゃったからですよね



11_57.jpg
「梅超風(メイ・チャオ・フォン)!」
しかし改めて見るとこの人やっぱきれいだな



11_58.jpg
異色タッグ結成



11_59.jpg
画像はブレてますが、
梅超風を抱き上げる形のこの動きは何とも不思議にロマンチックだ



11_60.jpg
どさくさにまぎれてさらに秘訣を聞き出しパワーアップ!



11_61.jpg
たいへんなことになってます@@



11_62.jpg
シャー!



11_63.jpg
丸太で突貫
もうこういうけれんみたっぷりのバトル演出大好き



11_64.jpg
いつもより多くまわっております~



11_65.jpg
ズガーン



11_66.jpg
これはたいへんなことになった@@



11_67.jpg
気の流れが正常になったおかげで足も立ちかけているようです@@



11_68.jpg
一陣の風と共に江南七怪見参!
な、なんかニ師父の顔が微妙に作画崩壊してる気がするけど、気にしたらダメだ



11_69.jpg
「楊康」の短刀を使ったのにばれてーら@@



11_70.jpg
お蓉もきたよー

着地した後「エヘヘ」って笑うのがカワイイ



11_71.jpg
「何者だ?」って聞かれて
すらすらと詩を吟じて最後に「姓は黄よ」ってね
お嬢様です



11_72.jpg
あの恐ろしい梅超風がすっかり従順に
気分は水戸黄門ですな



11_73.jpg
どうして七怪がここに?とかを気にするのは野暮ってものですよ奥さん
素直に再会を喜びましょうぜ



11_74.jpg
言ってないわよ~
この小悪魔め(誉め言葉



11_75.jpg
やっぱり優しいのは七師父と四師父だな



11_76.jpg
この人も自分を息子と呼ぶ



11_77.jpg
何を信じたらいいのか…

続く



思わずため息が出ます。
郭靖・楊康誕生までを第一部、蒙古統一編を第二部とするなら
第三部のクライマックスに向けて一気に盛り上がってきたというところでしょうか。
鉄心・惜弱の再会でエモーショナルに揺さぶられ
康儿と二人の父の葛藤に悩まされ
そして梅超風の超絶アクションでぶっ飛んだかと思えば
それすらもお嬢様が登場してまとめちゃいました。
なんか予想と期待をことごとく一枚も二枚も飛び越えて行ってくれますね。

再会を果たした鉄心と惜弱ですが
ここまで11話分のエンディングを観続けてきた我々視聴者には
この時点ですでに二人の愛の結末がわかってしまっています。
いかにして悲劇が導かれるのか
そしてはたしてそれは悲劇となるのか
今回も次回への期待をそそる見事な引きでした。
楊親子についてはとりあえず次回を終えてから考えてみることにしましょう。

梅超風姐さんは大暴れでした。
行きがかり上、恐るべき敵とこちらがタッグを組むというのは
なんとも萌える展開
そしてそれと同時に梅超風はベジータやピッコロさんと違って
あくまで江南七怪とは相容れぬ「敵」なわけですから
郭靖が内功の秘訣をバラしたせいで超絶パワーアップしてしまったその姿には
危機感すら覚えます。それもまた楽し。

そんな梅超風をお父様の権威を持ち出して黙らせてしまう黄蓉
黄蓉も黄蓉ですが、かしこまる梅超風も梅超風です。
こんなに怪しくて恐ろしい女性ですが、
根は物凄く真面目なんですよね。
それがまたキャラクターに歴史と深みを与えているのが良いなー。
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/12-5e4482b0
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。