上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.17 神話49
はー、ようやくここまでたどりつきましたよ。
泣いても笑ってものあと1話です!


第四十九集 時を越えて

◎できごと

・時は流れ、
六十年後に来れば会うという約束により
小川と高要は湯巫山にやってきたが、
結局わかったのは未来へ戻る方法などなく、普通に時を生き続けて「戻る」しかないということだった。

・小川は天宮の地図と家族への手紙を箱の中に残し、
大川らによって謎が解明されるのを待っていた。

・なんだかんだで五行者の子孫の血によって箱がバーストし、
わけがわからん間に大川たちは暗黒卿一味に拉致されてどこかへ連れて行かれたが、
バーストした箱の残りが天宮の鍵であり、
小川の目の前で、再び天宮の扉が開く…




◎人物まとめ

・易小川(い・しょうせん)主人公

・項籍(こう・せき)項羽
・小月(しょうげつ)侍女

・劉邦(りゅう・ほう)亭長
・呂雉(りょ・ち)呂公の娘


++++++++++++++++

・玉漱(ぎょくそう)殉葬された
・高要(こう・よう)かつての趙高

・三宝(さんぽう)趙高の下僕、皇宮の警備隊長

・崔文子(さいぶんし)医者
・北岩山人(ほくがんさんじん)崔文子の知己?


+++++++++++++++++

・易大川(い・だいせん)易小川の兄、考古学者
・易所長(い しょちょう)小川と大川の父、考古学者
・易ママ(い まま)小川と大川の母、金行者の子孫
・高嵐(こう・らん)易小川の彼女、自動車修理工

・シスの暗黒卿(仮)(ら・ろう)盗掘団ボス
・羅拉(ら・ろう)趙グループ社長

・千年老妖(せんねんろうよう)易大川のSkype友達

・木行者の子孫(もくぎょうじゃのしそん)おじいさん
・青青(チンチン)観光ガイド、土行者の子孫




◎かんそう

・すげえあっさりと投網作戦で捕獲された悪党一味のみなさん…

・ドヤ顔の劉邦と劉盈親子はワリとどうでも良い場面。

・小月埋葬…

・そんなこんなで蒙毅&易小川の名前も史書から消えた。

・劉邦も死んだ。

++++++++++++

・そして湯巫山。
マジに六十年後に来ることになった…
あの時は本当に文字通りに六十年後に来ることになるとは思わなかったよ…

・ついに出てきた宝箱。
その鍵である虎の首飾り。
結局このオーパーツはいったいなんだったのか…

・えー@@
二千年普通に生きるしか
戻る方法はないとか(^^;

・そもそもなんでこの時代へ来たのか
特に理由はないのか。
「そうなったからなった」という以上のことはないんだろうな(^^;

・小川はとっととこの逆恨み男をやっつけておいたほうがいいと思うが…

・こうして五行者と箱の歴史が始まった。



でもよく考えると
別に箱残す必要とかないんじゃね?
という気もするが…
普通に二千年経ったら家族に「やあ、生きてたよ」って会いに行くだけじゃダメなのか?(^^;
ここにいたるまでの因果をあらかじめ仕込んで作ったりしとかないとダメってことなのか?

++++++++

・千年老妖=小川だったのか@@
いやだからわざわざ回りくどい誘導の仕方をする必要は?

・五行者がついに揃った。
ていうかけっきょく思わせぶりにオカンが交わしてたひみつの約束って
「みんなで一緒に最後に箱開けようNE!」ってだけだったのか?
わざわざオトンその他にヒミツにする必要なかったような…(笑)

・二千年かけて残ってたのは手紙だけというのもなんだが(^^;
もう一通は天宮への地図のようだが。

・小川がみんなの前に姿を現せないのは何か理由があるのですか?

・血を箱にたらすのだ…って
別に噛み切らんでも(^^;
あんたら普通にナイフとかを使うという発想はないのですか(^^;

・火行者がニセモノだったから箱がバーストしたのかと思ったが、
でもニセモノだったらそもそも血は反応しない気もするが…

・って、
いまごろ小川きたよー(^^;

・北岩山人が天宮を設計した。
宝箱もそうらしい。
となると
宝箱に天宮を開く鍵があるらしい…ということで、
血をたらした跡に残ったのが天宮の鍵だった。
てことは、羅拉はニセモノかと思ったら、やっぱり本当に本物の火行者の子孫だったのか。

・なんというか、
「二千年もずっと忘れずにLOVEを貫き続けていました!」というのは…
たいがい忘れて普通にLOVEしなさいよ!と突っ込みたいところだ。
この辺はいかにも武侠的な(現実的にはありえない)純情イズムだな…

・…ていうか、
箱に天宮の鍵パーツが組み込まれてました!てことなら
そもそも最初からフツーに鍵を渡してやりゃ良かったじゃねーか!w >北岩山人

++++++++++

・ラストの風呂敷たたみフェイズは
もうこれでもかとばかりにトンデモ展開になっており、
まともに必然性とか合理性を考えたらたぶん駄目なかんじになっている(笑)
とりあえずこのハチャメチャ具合を何も考えずに突っ込みながら楽しむべきかw

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1198-47c983ce
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。