上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.29 神話43
しかしまあ、改めて振り返ってみると、ここまで長かったな~。(話数的な意味で)
ちょうど劉邦とか出てきたのって話数ほんとに一桁のあたりなわけで、
なんかしみじみしてしまうよ(笑)


第四十三集 劉邦立つ

◎できごと

・会稽で項梁・項羽と再会した小川は
その後、沛県で劉邦とも再会し、なんだかんだで反乱を立ち上げることに成功。
しかし戦技能が0の劉邦はあっさりと敗走し
さっそく項羽らにパラサイトすることにした。




◎人物まとめ

・易小川(い・しょうせん)主人公

・小月(しょうげつ)侍女

・項籍(こう・せき)項羽
・項梁(こう・りょう)項羽の叔父
・笵増(はん・ぞう)項梁の旧友、会稽県尉

・劉邦(りゅう・ほう)亭長
・呂公(りょ・こう)名士
・呂雉(りょ・ち)呂公の娘


++++++++++++++++

・玉漱(ぎょくそう)麗妃

・李斯(り・し)秦の丞相
・趙高(ちょう・こう)かつての高要

・李由(り・ゆう)李斯の子
・三宝(さんぽう)趙高の下僕、皇宮の警備隊長

・崔文子(さいぶんし)医者
・北岩山人(ほくがんさんじん)崔文子の知己?


+++++++++++++++++

・易大川(い・だいせん)易小川の兄、考古学者
・易所長(い しょちょう)小川と大川の父、考古学者
・易ママ(い まま)小川と大川の母、金行者の子孫
・高嵐(こう・らん)易小川の彼女、自動車修理工

・シスの暗黒卿(仮)(ら・ろう)盗掘団ボス
・羅拉(ら・ろう)趙グループ社長

・千年老妖(せんねんろうよう)易大川のSkype友達

・木行者の子孫(もくぎょうじゃのしそん)おじいさん
・青青(チンチン)観光ガイド、土行者の子孫




◎かんそう

再会編

・ひさしぶりにアホの子項羽と合流して
ちょっと最初の頃っぽいお気楽なノリになって楽しいな。
もうちょっと早くこっちに来てこういう流れになってればな~(^^;

・まだそのかんざし入れっぱなしなのなw
この時代&この男だからまだなんとか話が成立しているが、
普通にドン引きされてもおかしくないHENTAIさんだわw

・うん、項羽サイドが劉邦をあなどりまくりなのは
史実どおりだから正確だw

・そういえば范増先生はどこ行っちゃったんだろう。

・「小月置いていくから任せたよ」って言われて
すげえうれしそうだな羽哥(笑)

・劉盈…
う~む、この一家のたどる行く末を考えると
なかなか…

・呂公まだご存命だったのね。
しかしえらい落ちぶれてしまったらしい(^^;
劉邦のせいかよ!
まあ先物買いといえばそうなんだが…

・小川、そこで老崔から託された資金を使ってしまうか。
まさに歴史の後押しというか…
なんとも因果な…


++++++++++++++++

劉邦、沛県に立つ編

・襲おうとした獲物がメシ食ってなかったから倒れられて
結局助けてあげてしまったりとか、
コイツも完全にイービルではないんだよな。

・だいぶいろいろあったんですけど
いまだに小川と劉邦の義兄弟関係がふつうに生きてるっていうのがな~(^^;
(高要がああなっちゃったのって、間違いなく劉邦が原因のひとつなんだが。)
まあ今の世の中のこの状況では
けっきょく歴史の流れに沿ってコイツを立ててその力を使うしかないってのは
事実ではあるんだろうけど。

・相変わらずただの口だけNEETな劉邦。
もういいから小川が劉邦になっちゃいなYO!みたいな気がしてきた(笑)

・さすがの呂雉だなw

・おい、えらそうなこと言って、結局小川を当てにするのかよw>劉邦
まあ今回は小川も目的のために劉邦を焚きつけて利用するようなかたちなわけだから
どっこいどっこいといえばそうか。

・しかし結果的に劉邦を立てることは
項羽たちを潰すことにもなるわけで…
やってることはやはりこれまたなかなか因果だ。

・こうして劉邦伝説が…
(これも呂雉プロデュースか?)

・なんかやる気を出してバリバリやってますよ、的な。
でも一皮剥くと結局ごろつき気質は変わってません、みたいな。

・結局逃げたんか(^^;
いやでも目先の面子なんかよりも結果的に最後に勝てば勝ち!ってことなんだから
これが正しいといえば正しいんだよな…


++++++++

義兄弟三人編

・そのころ会稽では犬のように従順ベタボレな項羽相手に
小月が若干S気質に目覚めていたw
二人ともだいぶLOVE指数が上がってきたな。
でも何故かどこかのバカップルよりもよほど好感度が高いというか微笑ましいというか…

・劉邦に覇王なんて呼ばせて項羽を持ち上げるのは
小川の入れ知恵か?
案の定、玉漱欲しさに他のことが見えなくなってら。

・小川の目的について、そこまで感情移入の度合いが高くないので、
そうなると徹頭徹尾こういう(基本、恩も義もない不好漢な)劉邦に対しても
逆に観ていてそこまで腹も立たなくなってくるな。
むしろこのしたたかさに納得すらしてしまうというか。
たぶん劉邦ピンじゃなくて、ドSの呂雉姐さんが手綱を持ってるというのが大きいのかもな。
(で、その呂雉についても単なるドS悪女というわけではなくて、
小川LOVEをこじらせた結果という、つまり小川が原因を作ってるところもあるので、
ストレス要因とはならない。)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1192-26bf6f0b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。