上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.28 神話42
なんだかいろいろハードだったので
結局先週のウィークデーは観られなかったな…


第四十二集 反乱の機運

◎できごと

・玉漱が不老長寿となって始皇帝陵の中で待っていることを知った小川は
反乱によって秦を打倒し、地下道を掘り進んで救出することを考え
李由に別れを告げ、小月を伴って会稽へやってきた。

・現代ではお互いに惹かれあっていた大川と高嵐が
けっきょく小川の彼女をNTRのはまずいんじゃね?
ということで別れた。




◎人物まとめ

・蒙毅(もう・き)主人公、易小川
・玉漱(ぎょくそう)麗妃

・秦始皇(しこうてい)秦の皇帝

・李斯(り・し)秦の丞相
・趙高(ちょう・こう)かつての高要

・李由(り・ゆう)李斯の子

・小月(しょうげつ)侍女
・三宝(さんぽう)趙高の下僕、皇宮の警備隊長

・崔文子(さいぶんし)医者
・北岩山人(ほくがんさんじん)崔文子の知己?

++++++++++++++++

・項籍(こう・せき)項羽
・項梁(こう・りょう)項羽の叔父
・笵増(はん・ぞう)項梁の旧友、会稽県尉

・劉邦(りゅう・ほう)亭長
・呂公(りょ・こう)名士
・呂雉(りょ・ち)呂公の娘


+++++++++++++++++

・易大川(い・だいせん)易小川の兄、考古学者
・易所長(い しょちょう)小川と大川の父、考古学者
・易ママ(い まま)小川と大川の母、金行者の子孫
・高嵐(こう・らん)易小川の彼女、自動車修理工

・シスの暗黒卿(仮)(ら・ろう)盗掘団ボス
・羅拉(ら・ろう)趙グループ社長

・千年老妖(せんねんろうよう)易大川のSkype友達

・木行者の子孫(もくぎょうじゃのしそん)おじいさん
・青青(チンチン)観光ガイド、土行者の子孫




◎かんそう

殉葬&NEET編

・イジワルしないで陛下に薬飲ませてあげてれば
お墓の下に連れて行かれたりもしなかったのにね~>玉漱

・蘇生したらしたで
玉漱に会えずにやる気なくしてNEET状態…
うー…

・色ボケをこじらせた二人の間で
小川ラブの一念でなんだかんだとキューピッドやらされる小月も
たいがい不憫だな(^^;
おまけに感謝も何もないし(^^;
これはさすがに小月もキレるわな。

・陳勝・呉公の乱が起きていた。
もうそんな頃合いなんだな。

・老崔にもらった袋の中身は
換金用の夜光玉と逃亡用の馬の手配だった。
そつがないな~。

・一緒についてこようとする小月に
「老哥のところへ帰れ」とか言ってるが、
いや、アンタいちおう歴史上は趙高が死ぬって知ってるでしょ(^^;
帰らせちゃったら一緒に死んじゃうじゃないですか。


++++++++++++++

咸陽脱出編

・なんだかんだで一緒に咸陽を出ることになった。
蓬髪でハチマキの小川が
なんか令狐冲@黒木崖殴り込みバージョンみたいになってる。

・検問。
今の三宝が巡り巡ってこのポジションにいたのは、結果的には良かったといえるか。

・待っていた李由。
しかし
小川 → 小月
への恩知らず気味な強気態度

小月 → 李由
への恩知らず気味な強気態度
がそっくりおなじだな(^^;

・李由、やはりいいひとだよな~。
考えてみるとこのおはなし、いいひとほど報われてない気がする(笑)


++++++++++++++++++

現代編

・小川と大川の間で揺れていた…



…ってか、もともと小川相手って
一方的に高嵐がお熱だった(死語)だけだからな~(^^;
いまさらそれを引っ張って悩むというのも…
まぁ当人たちの気持ちと立場を考えれば、当然な流れではあるんだろうけど…

・トレッドミルの上でずっこけた高嵐だが
ずっこけて打ったとかよりむしろその長い髪の毛をベルトに巻き込みそうで怖かったわ@@

・弟の彼女を寝取ることなんてできないぜ!
みたいなめんどくさい自縛状態に…


++++++++++++++++

・というわけで会稽にやってきた。
とりあえず玉漱と分離したので、
これからは話が前に進んで行きそうね(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1191-8287872d
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。