上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.07 神話34
もう中盤をとっくに過ぎているので、
OPやEDの絵がどんどん埋まってきているなーと感じるあたり。


第三十四集 暗殺

◎できごと

・玉漱とお互いに訣別したり、
蒙家軍&飛虎隊を精兵したりと
毎日を過ごす蒙毅だったが、
始皇帝の誕生日パーティーにあわせて図安の玉漱ママと金将軍が
咸陽へ潜入して始皇帝の毒殺を計画。
しかし筑の名手として宴に出た高漸離も一緒に暗殺をしようとしたため
なんだかんだで始皇帝&玉漱は難を逃れることになった。




◎人物まとめ

・蒙毅(もう・き)主人公、易小川
・玉漱(ぎょくそう)麗妃

・秦始皇(しこうてい)秦の皇帝

・李斯(り・し)秦の丞相
・趙高(ちょう・こう)かつての高要

・蒙恬(もう・てん)秦の大将軍
・扶蘇(ふそ)秦の太子

・小月(しょうげつ)侍女
・三宝(さんぽう)趙高の下僕、皇宮の警備隊長

・徳香(だーしゃん)易小川の下女

++++++++++++++++

・項籍(こう・せき)項羽
・項梁(こう・りょう)項羽の叔父
・笵増(はん・ぞう)項梁の旧友、会稽県尉

・劉邦(りゅう・ほう)亭長
・呂公(りょ・こう)名士
・呂雉(りょ・ち)呂公の娘

・崔文子(さいぶんし)医者

+++++++++++++++++

・易大川(い・だいせん)易小川の兄、考古学者
・易所長(い しょちょう)小川と大川の父、考古学者
・易ママ(い まま)小川と大川の母、金行者の子孫
・高嵐(こう・らん)易小川の彼女、自動車修理工

・シスの暗黒卿(仮)(ら・ろう)盗掘団ボス
・羅拉(ら・ろう)趙グループ社長

・千年老妖(せんねんろうよう)易大川のSkype友達

・木行者の子孫(もくぎょうじゃのしそん)おじいさん
・青青(チンチン)観光ガイド、土行者の子孫




◎かんそう

・前回の引きから、琴を弾く人。
誰かと思ったら高漸離か…

桃の花に包まれてオッサンが琴を弾いてる幻想的な絵だったので
EDでずっと期待してたんだが、
なんか結局出オチに近い感じで終わってしまったな(^^;

・まーた狩りのお供に蒙毅将軍をとか、
あんな(趙高の)スキャンダル騒動があったばかりだってのに
この陛下もニブいんだか人が良いんだか…(^^;

・そうだよな、以前は玉漱のほうが図安の姫として
責任を果たすって別れたんだから、
今はその逆で
小川のほうが蒙毅として…って話だ。
これで二人ともついに振り切ったのかな。
不憫ではあるが…
(正直、もうちょいこれ絡みの話で引っ張るのを短くしたほうが
感情移入度としては高く出来た気がする。)
(少し引っ張りすぎたということね。)

・特殊部隊の配備は完璧だなw
まんまと暗殺者軍団を制圧してしまった。
正体は趙高の忠義館部隊とは、
だいぶあっちもなりふり構わなくなってきているな。

・すっかり徳香相手にデレになり、穴接ぎの布を見て一人でニヤニヤする老龐w
しかし臭いクンクンはw
まったくくすぐったい人たちだw


+++++++++++

・まだ皇帝暗殺とかやってたのかこの人たちは>図安組
図安がこんなに面倒くさい勢力になろうとは…

・毒見役を回避するために、酒と料理に二つの薬を混ぜて毒にする。
まったくいろいろ考えてるわ。

・というわけで、ここで高漸離。
琴の音に惹かれて麗妃も宮中へ…

・いちいち「毒入りの酒を」とか「公主が料理を食べるとヤバイですよ」とか
説明しなくてもわかるよw>金将軍

・公主の料理鉢を狙って金将軍が投擲した暗器を
箸を放って撃ち落すとか、
いつの間に小川もこんな高手に(笑)

・騒ぎに乗じた高漸離だったけど失敗。
筑の中にちゃんと鉛を仕込んであったのね。
この鉛が卓の上に落ちて、結果的に酒と料理が混ざって毒がわかってしまった、というのは
素直にうまいな…

・高漸離の大騒ぎのおかげで
金将軍と図安オカンはとりあえず逃げおおせたわけか。

・そしてこういう暗殺騒ぎがたくさん続くと
始皇帝もどんどん疑心暗鬼でダークサイドに落ちていくわけね。。。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1183-1f5a0e13
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。