上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.22 神話22
すごくどうでもいいことですけど、
今のところ鑑賞話数=日付になっていたりして。


第二十二集 密事

◎できごと

・楚の出身である小月は易小川経由で項羽&項梁と出会い、
彼女に一目惚れした項羽によって、その出自が明らかにされた。

・呂雉と結婚したい劉邦は義弟・小川のつてを頼って仕官し
彼と麗妃の関係を察してしまったが、
告げ口しようとした内務府総管が、かつて自分が陥れた高要であることを知り
ほうほうのていで沛県へ逃げ帰った。




◎人物まとめ

・易小川(い・しょうせん)女装
・玉漱(ぎょくそう)麗妃

・秦始皇(しこうてい)秦の皇帝
・李斯(り・し)秦の丞相

・高要(こう・よう)内務府総管
・小月(しょうげつ)侍女
・三宝(さんぽう)易小川の下僕

・扶蘇(ふそ)秦の太子
・項籍(こう・せき)項羽
・項梁(こう・りょう)項羽の叔父

・蒙恬(もう・てん)秦の将軍

・劉邦(りゅう・ほう)亭長
・呂公(りょ・こう)名士
・呂雉(りょ・ち)呂公の娘

++++++++++++++++

・笵増(はん・ぞう)項梁の旧友、会稽県尉

・崔文子(さいぶんし)医者

+++++++++++++++++

・易大川(い・だいせん)易小川の兄、考古学者
・易所長(い しょちょう)小川と大川の父、考古学者
・易ママ(い まま)小川と大川の母、鍵師?
・高嵐(こう・らん)易小川の彼女、自動車修理工

・羅拉(ら・ろう)趙グループ社長
・盗掘団のみなさん(とうくつだんのみなさん)盗掘団

・千年老妖(せんねんろうよう)易大川のSkype友達

・木行者の子孫(もくぎょうじゃのしそん)おじいさん




◎かんそう

就任祝い編

・高要のやつ
小月を小川とくっつけようとしているのは兄妹の情はともかくとして
いまや宮中の実力者になった小川を味方につけようとしてのことか?

・「友達からの贈り物だから大切にするよ」とか
さりげなく小月に対して友達アピールしたものの、
当人、あまり気にしてないような…

・師父と大哥がお祝いに来てくれた。
そして大哥、顔色変わっとるw
この男、恋も直球だなw
おじさんはそんな羽儿の胸中もお見通しね。

・小川は性懲りもなくまだiPhone文通続けていた。
いやなんかもう危なっかしくてヒヤヒヤしてしまうよ(^^;
本人、麻薬的に危険性に気付いていないだけに…

・前回もそうだったが、師父&大哥とまったりしていると劉邦が絡んでくる。
劉邦ウゼー。

・しかし小川、劉邦には甘いな。
野次馬根性で兄弟の誓いとかしちゃったのが、こうして後になると実にめんどくさい…
そして官位を得た瞬間に、予想通りのこのふてぶてしい態度!


+++++++++++++

イー・シャオチュアンと秘密の逢引編

・はは、秘密の逢引しようとしたところで陛下のお越しとは(^^;
しかも麗妃の部屋に仕事持ち込み(^^;

・しかしなんかこれだけだと、
普通に仕事熱心で妃思いの良い陛下のように思えますが…(^^;
玉漱の不実のほうが引き立って見えるような…

・ほらほら劉邦が見てますよ@@
ソイツに弱みを握られたら絶対ヤバイだろ@@

・小川は人が良すぎるというか
いろいろ無防備すぎるんだよな~。

・「小川を越えろ」と劉邦を挑発したものの、
小川の身は案じる呂雉。
まだ諦めていなかったのね(^^;
確かに歴史では呂雉と劉邦がくっつくというのは決まってるわけですが、
そりゃ当事者には言えんし、言っても説得にはならんわな。

・決定的に拒絶。
これで完全に呂雉ルートは終わりか…
「私を拒絶して他の女を思うなんて許さない!」とか
嗚呼、ヤンデレ化…

・ドヤ顔で「男と女の関係は…」とか語ってる小川だが
オノレの油断をわかっていないな?

・で、別れたと思ったらその足で劉邦の寝所に乗り込んで
「明日の朝一番に小川と麗妃のことを告発して」
おいw
呂雉、無茶苦茶言いよるなw

・しかしこの呂雉、好きかも知れんw
劉邦がクソ野郎だから
焚き付け方が面白すぎw
外見的にも一番この人が好みです。

・チクリに言ったら高要が総管になってたことを知った。
それで何も考えずに劉邦を庇ってやるところが
また小川の人の良すぎるところだ。
とはいえ、これで劉邦はまんまと追っ払えて
結果的にひとまず小川と麗妃の秘密は守られたが…
爆弾であることには変わりはない。

・高要と劉邦は
割と同じ種類の人間だよな。

・チッ!という呂雉の舌打ちが良いです。

・こうして劉邦&呂父娘は沛県へ…
お父さん相変わらず苦労するなぁ…


+++++++++++++

恋に落ちた項羽編

・叔父上の忠告もそっちのけで
完全に色に惑っている項羽w

・小川はめんどくさくなった小月を
まんまと項羽とくっつけることにしたね(笑)

・いきなり「これプレゼントだ!」って…
段取りというものを考えなさい、段取りというものを(^^;

しかも受け取ってもらえなかった瞬間ブチ切れ(^^;
この攻めの一手っぷり、さすが肉食系男子…

・遠出というのは会稽だったのね。
正直、いくら早馬だからって会稽-咸陽をそんな簡単に行き来できるのか?
という気もするが、
まあこのドラマにおいてそんな突っ込みは序の口みたいなものだから
普通にスルーしておくのが正解。


++++++++++++

・しかしこのところ大きく状況が動くことが少ないというか
割とまったりペースで進んでいる気がする。
「積み重ね」フェイズということかな。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1171-eb6c2a4b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。