上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.20 神話20
そんなこんなで20話に到達。
なかなか良いペースだ。


第二十集 秘密の薬

◎できごと

・高要の計らいにより、気分が晴れない麗妃のためのプレゼントを探していた小月は
易小川から動画入りiPhoneを"薬"として託され、
喜んだ麗妃によって側近の侍女に取り立てられた。

・蒙家に遊びに来ていた易小川は図安で別れた龐将軍と再会し、
蒙家軍の熱気に当てられて軍に入ることにした。

・現代ではミイラ復元以来まだ特に動きはなく、
大川と高嵐がイチャイチャしている。
(そういえばこのところ五行者探しが止まってるが、
地図がダメで手詰まりになってたんだっけ?)




◎人物まとめ

・易小川(い・しょうせん)女装
・玉漱(ぎょくそう)麗妃

・秦始皇(しこうてい)秦の皇帝
・李斯(り・し)秦の丞相

・高要(こう・よう)内務府総管
・小月(しょうげつ)侍女

・蒙恬(もう・てん)秦の将軍

・三宝(さんぽう)易小川の下僕
・崔文子(さいぶんし)医者

+++++++++++++++

・劉邦(りゅう・ほう)亭長
・呂公(りょ・こう)名士
・呂雉(りょ・ち)呂公の娘

・項籍(こう・せき)項羽
・項梁(こう・りょう)項羽の叔父

・笵増(はん・ぞう)項梁の旧友、会稽県尉

+++++++++++++++++

・易大川(い・だいせん)易小川の兄、考古学者
・易所長(い しょちょう)小川と大川の父、考古学者
・易ママ(い まま)小川と大川の母、鍵師?
・高嵐(こう・らん)易小川の彼女、自動車修理工

・羅拉(ら・ろう)趙グループ社長
・盗掘団のみなさん(とうくつだんのみなさん)盗掘団

・千年老妖(せんねんろうよう)易大川のSkype友達

・木行者の子孫(もくぎょうじゃのしそん)おじいさん




◎かんそう

プレゼント探し編

・町で当たり屋に絡まれる小月。
こういう手合いは紀元前からいたらしいw
しかしこの当たり屋も、さらにタチの悪い相手に絡んでしまったのが運のつきw

・しかし三宝もすっかり馴染んだな~。
昔の平伏しまくってた様子からすると、もうすっかりゆるみきっている(笑)

・小月が麗妃の後宮にいると知ってまた病気が出たか、小川?
と思ったら、さすがに考えなしに乗り込んで行ったりはせず、iPhoneの録画機能を使うことに。
しかしコレ皇帝はもちろん、老哥にも知られたらヤバイな。
結構リスキーではある。
(さすがの老崔もiPhoneのことなんか知りようがないというのがミソだ。)

・小川、また例によって小月相手に無自覚にフラグを立ててるようです(^^;
小川のほうとしては友達か妹のようにしか想ってないと思いますが…


+++++++++++

レベルアップ侍女編

・てなわけで、麗妃の側女に取り立てられた。
取り立てられたきっかけについて、老哥から深く追求されなかったのが一安心だが…

・「老哥のために縫った着物なの」てことにしちゃったのに
それを易公子にあげちゃって大丈夫なのか…(^^;

・iPhoneの録画機能で文通とは
いじらしいじゃないですか。
配達人のほうはそれが何を意味するかわかっていないっぽいところが
またざんこくですが…

・チガウチガウ、
それ作ったの娘娘じゃなくて小月だって!(^^;
舞い上がりすぎですよ、易公子(^^;


++++++++++++

現代編

・「小月、妄想中」のテロップ…かと思ったらそっちか、高嵐w

・にゃんこの落書き残したまま朝食という酷い羞恥プレイを…
タトゥー用のペンで他人の寝顔に描くかそういうものをw

・テコンドー編開幕。
大川め、文系のくせに体柔らかいな。

・と思ったら妄想でした。
今回の現代編は特に意味はなく、二人の親密度を上げるためのイベントだったようで。
しかし場面転換の時にこうして間に挟むことで
自然に過去編のほうでも場面を動かすことが出来るから、
構成としては便利だよな。

・高嵐、今はともかく
以前は小川より強かったらしいw


+++++++++++++

蒙家にお邪魔編

・なんか蒙家に遊びに来てた小川。
この蒙恬(の中の人)は、目がぱっちりして目力があるのがすごく良いな。

・強くなければ大切な人を守るなんて言えない。
小川がこの言葉を実感したりするような日は来るのか?

・そんなこんなで蒙家軍の見物にきた。
確かに虎の首飾りは蒙家軍の旗印だ。
つまりそこに首飾りのルーツがあるというのは間違いないようだが…

・蒙家軍の信条コールを聞いて
小川、血が滾っている?

・あら、老龐じゃないですか!
結局図安を出て秦に来たのね。

しかし老龐はもう小川に心服して「易先生」って呼んでるんだから、
日本語字幕もタメ口じゃなくてちゃんと丁寧語にしていただきたいところ…

・てなわけで、あっさり蒙家軍に入ってしまった。

やっぱり自分が蒙毅であることを蒙恬に対して否定してみせる小川だけど、
でも今回はその動機が
「兄弟だからというえこひいきに見られたくない」ってことだから、
むしろ蒙恬はこういうの好みなんじゃなかろうか(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1169-02c4ecf9
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。