上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.19 倚天屠龍記24
ほぼタイムラグなしで今週分終了。好!
これで週末は心置きなく『神話』に取り掛かれそうだ。


第二十四集 峨眉派内紛

◎できごと

・張無忌の活躍により、炎上する万安寺の塔から六大門派の面々は無事脱出できたが、
滅絶師太だけは無忌の助けを拒んで落ちて
周芷若を次の掌門にして死んだ。

・約束通り、冰火島行きに趙敏を迎えに来た張無忌は
峨眉派のごたごたの場面に出くわした。
周芷若は滅絶師太の遺命を成し遂げるために
一人で大都で張無忌を探していたようなのだが
それを誤解した&芷若が掌門になるのが気に食わない丁敏君らが
いちゃもんをつけてガチャガチャやっていたところへ
さらに金花婆婆が乱入。カオスなことになった。




◎かんそう

ヒモなしバンジー編

・このアホ夫婦二人もちゃんと受け止めてあげる無忌は
やはり実に器がでかいというか、人間ができまくりというか…

・そんな容赦なく激しい勢いでドンドコ飛んじゃって大丈夫なのか?
と思ったら案外平気だった。
ほんと無忌の内功は底が知れないな。
まあさすがに全部終わったあとはかなり消耗してたけど。

・この状況でまだ塔の中でけんかしてる人たちが…
そしてくだらん言い争いの隙に一人玄冥神掌を食らった。
アホだ。
というか玄冥神掌、二人バージョンに比べてスペックの差はあるのかも知れんが、
いちおう一人でも撃てるのな(^^;

・この状況でまだ魔教がどうとか言ってる救いようのないアホだ。
意地なんでしょうけど。



と思って観ていたら、
えーと、この状況で無忌の救出作業の邪魔するとか、
全部わかった上で「自分が間違っているとしても意地を通す」とかではなくて、
やっぱ完全に状況の見えてないただの凝り固まった視野狭窄なアホウだわ…

・うわ、グシャリと嫌な音がした><
いや、でもね、
いくら下敷きになってあげたからって、
上にいた人に全く衝撃が伝わらんなんてことはないと思うんだ(^^;
あの高さから落ちたら、普通に上にいた人も一緒にミンチでしょ(^^;

・後を頼むぞ師父の言ったことを必ず守れよ果たせよとか
な~んか芷若に変な呪いがかけられたような予感…

・なんかもう峨眉派、馬鹿じゃないのとしか思わんわ…
助けに駆け寄った無忌に対して最期の最期までコレ。
マジ因業ババア。
やっと退場してくれて良かったとしか…


++++++++++++

一夜明けて…編

・「峨眉派を探してきてくれ」と命じられて
普通に黄金バット風にピーヒョロロ飛び去る人。
もう突っ込むまい(笑)

・これで「六大門派と仲良くする」という目的は割とあっさり果たされたな。
この後は峨眉派の後始末やら屠龍刀やら、朝廷との対決やらが
メインのクエストになっていくわけか。

・無忌がちやほやされてあかさらまに不機嫌になる
器のミクロなアホガキが約一名。


+++++++++++

潜入の大都編

・何かのミッションのために周芷若は大都へ。
なにやら無忌を探しているようだが、
それが滅絶師太の遺命ということは
なんか「張無忌を必ずコロセ」とかその手の斜め下の遺命っぽい…

・無忌も
趙敏と落ち合うために
ひとまず明教のみんなが準備を進めている一方で
大都へ戻りました。
そういえばおじーちゃんとか五散人その他は大都郊外で無忌を待ってるんだろうか。

・小昭の「教主哥哥」って呼び方はちょっとヘンで面白い。

・冰火島行きには小昭は連れて行かないつもりらしい無忌。
しかしわざわざ「君の事が好きだよ」とか言っておきながら
「趙姑娘と一緒に海へ出るんだ」とかまた余計なことを無自覚にw
それともあんたまさかわかってて女心を玩んでるのか?w

・そして小昭(というか中の人)のこの召使いキャラっぷり!
「ご主人様にお使え出来れば私は幸いです(はぁと」
うーん、改めて見るとひどい(笑)
まったくほんと金庸先生の煩悩はどうしようもないな

・そりゃここは大都なんだから
こんなのんびり散歩するのは危険だと思う。
思い切り蒙古兵にけんか売ったおたずねものなんだし(笑)

・万安寺の一件の翌朝なんだけど
意外と割り切ってさばさばした趙敏…と思ったら
あんまそうでもなかったw
あてつけてるw
「大教主」なんて呼んじゃってツンツンだ。

・趙敏、苦大師のこと結構慕ってたもんな。
こうもはっきりと敵味方宣言されては
なんかかわいそうだ(^^;
おまけに
張「初対面から僕たち心が通じ合ってたんだ」
苦「教主のお言葉、まさに我が思いです」
とか見せ付けられたり、
あの女相手に油断しちゃダメですぜとかさんざんな言われようだったり…(笑)

・はれ?
范遥さん、おそらく小昭の母親を知ってる?
てか
つぇんまら?
って聞き返す小昭のスマイルがすごいこわいんですけど(^^;

ヒイイ@@


+++++++++++++++++

峨眉派崩壊編

・武侠名物のぞき見の段。

・丁敏君の反乱がBOPPATSUした。
しかし滅絶師太が退場したかと思ったら、
今度はプチ滅絶師太みたいな丁敏君がうぜーw

・無忌はなんだかんだで趙姑娘の要求どおりに「好姐姐」とか呼ぶほど
芷若のことが気になるのねw

・あっ
そこで金花婆婆?!
声にエコー利かせて飛んでくるところが格好良いんですけど!!

・おろ?
小昭、金花婆婆を知ってる?

・あら、下僕…じゃなくて弟子の蛛児こと阿離
光明頂から逃がされた後
結局霊蛇島に戻ってたのか。

・昔の友だちに借りて、倚天剣にも負けない宝刀ゲットした?
って、まさか屠龍刀じゃねーだろーな???

・生意気な敏君を相手にせずビンタwwww

・金花婆婆、笑いすぎで咳き込むとは、病んでる?

・やはり武功レベルではそこいらの弟子なんか相手にならんな金花婆婆。
それでほんとに生意気な峨眉派を一網打尽にしちゃうのが金花婆婆
峨眉派全滅www
この人、今回楽しすぎるんですけど…

・うん、確かにあの勝利は倚天剣のおかげだよね。
「素手で戦ったらどうですか」と周芷若に問われても怒ったりせず
どうなるかわからんと素直に認めてみせたりと、
やっぱ器が違うな。
それどころか武林はまた達人を一人失ったとか嘆いてみせるとか
これが逆の立場だったら絶対そんな言葉口から出てこないよねw

・今後は道を譲れとかいう屈辱的要求w
倚天剣をよこせと言われても倚天剣はない。
そこでたわむれに
この毒を飲めば仲間の命は助けるという申し出を…
どうなるんでしょう。
そして峨眉派sageの効果が大きいんだが、
ここへ来てにわかに金花婆婆株がアップしました(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1166-330c794c
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。