上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.18 倚天屠龍記23
ところで、来週は武侠ドラマフェスティバル@福岡ですよ。
みんなで『怪盗楚留香』を大画面で観よう!(←まちがい)


第二十三集 万安寺

◎できごと

・いろいろ計画が狂ったりぐだぐだになったりしたところはあったものの、
苦頭陀こと范遥の作戦はまんまと成功し
万安寺の塔に捕らわれていた六大門派の面々は無事解毒剤を得た。

・深夜、趙敏に呼び出された張無忌は酒場で酒を飲み交わし
誰とも殺し合いはしませんオーラによって趙敏をデレさせそうになるが、
現王朝の元王朝を否定する張無忌の前に、趙敏は自分と無忌は決して相容れないことを悟った。
しかし願い事三つのうちの一つを発動させ
屠龍刀を一目見ることにした。

・そうこうしているうちに万安寺の塔に火がかけられ、
救出に向かった無忌はレスキュー活動。




◎かんそう

悪巧み二人編

・このチョコボール大の毒消し二つで6、7人分の分量らしい。
救う相手は二人だけという設定なのに6、7人分もくれる鹿先生は意外と太っ腹だぜ!
とはいえつい欲を出してもっともらおうとしたら怪しまれたりと、
油断の出来ない緊張感のあるやりとりが愉快。

・そして布団スマキと一緒に塔へ向かったところで、
おっと郡主w
良いタイミングで塔から現れたなw

・苦大師&鹿先生の嘘にすっかり素直に騙される趙敏がちょっとかわいそうだなw

・苦大師は趙敏の心中もお見通しのようです。
って、まあこれだけ執拗に絡んでるのを見れば
わかる人が見ればわかるか(^^;


++++++++++++++

深夜の密会編・パート1

・「ここでは話せないから場所を変えて一杯やりましょう」とか
はい、でーとのおさそいね(笑)

・気持ちよくなってついモンゴル風にパンパン手を叩いてみても
漢民族風にやらんと店主は反応してくれない流れ。

・これまで何度もあった無忌vs趙敏という構図。
趙敏のほうでは張教主に興味津々であり、
一方で無忌は割とニュートラルな立場というか、
あまり敵コロス!とかそういういがみ合いは、
根本的に嫌っているんだな。

報仇報仇って話になると途端に顔色変わって目をひん剥くような主人公が多いので、
こういう無忌のキャラクターは新鮮だし、素直に好感が持てる。
無忌は実際にこうしてやってきた、やれる力も、自制心もある。
で、そういう風な信条を持つようになったという
ここまでのバックグラウンドによる裏づけというのもすごく理解できる。

・「殺したら一生口聞いてあげない!」っていう(笑)
確かにそれは効果的だw

・成崑は死んでないんだよな…
趙敏は知ってる。
(まあ今回は黙ってたけど。)

・無忌は実にイノセントだ。
そしてすごい器の大きさだ。
器がでかすぎて、
趙敏もぐらぐらしている。

しかし趙敏のいまの拠って立つ所、アイデンティティである元王朝
それを拒絶されると
趙敏としては無忌と一緒に行くことはできなくなってしまうんだな。


+++++++++++++

万安寺騒動編

・お目付け役だった苦大師が郡主に連れられていなくなったので
鹿先生も自由に動けるようになり、
あと一歩のところまで行きながら苦大師の作戦は失敗か?と思いきや…

・鹿先生、意外と律儀に周芷若のところへ来たが、
別に解毒してあげるとかではなくて、
苦大師の女と娘(笑)がどんなんか
冷やかしに来ただけだったのね(笑)

・滅絶師太は別に死んで構わないです。
むしろ(以下自粛

・なにこの滅絶師太?
芷若に遺命? どう考えてもろくなもんではなさそうだが…
そして新掌門は芷若?? ええ???

・こっそり抜け出してきた苦大師、
ドヤ顔で布団の中の鹿先生をやろうとしたら
峨眉派の檻の横にいたのに気付かずにナオン殺害とか(^^;
意外とうっかりさんめ!

・しかし布団の中の女が突然死体になっていて驚き
スキだらけだった鹿先生は、さすがにあっさり穴道を塞がれるくらいに虚を突かれた。

・しかしその後
ドヤ顔で鹿先生に正体を明かしたりするところは
なんか詰めが甘いような気がします(笑)>范遥
このすごい得意げな様子を見ると、
ああこの人も明教徒だわとなんかすごい納得(笑)

・そういえば武当派の各位叔伯、無忌と再会はしたけど
その後教主になったことまでは知らなかったね。

・はい、予想通り「これは毒薬です」とか言い出すアホガキが一名w
ほんと馬鹿だね、殺す気があるならいつでも殺せるっつーの。

そこでみんなで我こそはと毒見役奪い合い大会が始まるところが
また武当派らしくて微笑ましい(笑)
あんたら騒いでないで早く飲みなさいってw

・で、峨眉派の檻では案の定、アホガキと同レベルのさらなるアホが一名。
もう勝手に死ねよw
しかしそこで相手を見切って
毒呼ばわりしてみせて薬を自分から飲ませる苦大師、策士だな~。


++++++++++

深夜の密会編・パート2

・范遥が一人で万安寺でがんばっている場面と交互になるので
教主も女遊びしてないでちゃんと仕事をしなさい(笑)とつい突っ込んでしまう…
いや、でも相手方のトップである趙敏を引き止めていたわけだから、
結果的にはどっこいどっこいか。

・こっちはあなたを受け容れる言ってるのに
自分が立場上一緒になれないからって、嫉妬込みで
周姑娘周姑娘からんでくるのもちょっとめんどくさいな、趙敏。
まあこの辺、中の人のせいもあるのか
そこまでうざい感じはしないのは幸いだが。
過度に嫉妬深いヒロインってやっぱ嫌ですよね。
いや、誰のこととは言いませんけど青青姑娘(←どさくさに紛れて言ってる)。

・願い事その1
「屠龍刀を一目見たい」?
奪ったりしないとか盗んだりしないとか
何を考えている?
趙敏、屠龍刀のヒミツについて何か知っている??

・そしてとりあえず拒絶されないので、謝遜に会いに行く旅に同行することになった。


+++++++++++++

万安寺炎上編

・あんまりオーラを感じないココテムル・王保保さん。
しかし小王爺よ、あんた燃えろ燃えろって、
オトンの大事な韓姫も一緒に燃えちゃうよ。もともとそれが目的じゃなかったんかい(^^;
(まあもう死んでるけど。)

・飛んできて塔の上に縄梯子持ってきたりとか
王府に火をつけるとかw
このコウモリマジ反則w
で、この王府に放火発言、てっきりただの悪態で言ってるのかと思いきや、
しばらく後で伝令が来て「王府が燃えています!」って
あのコウモリ
ほんとに王府に火をつけやがったwwwwwww


・颯爽と軽功ジャンプで乱入する張教主。
もー張無忌無双状態だな~w

・趙「友達じゃなかったの?!」って、
いや友達だろうけど、
こっちの友達を燃やされたら困ります。
それはそれ、これはこれ。

・無事みんなの内力戻って、
階下は火がついて脱出できないのでジャンプする場面。
そこでまたもうこのアホガキ、
まんべんなく口から出てくる言葉がアホだw
この状況なら放っておいても勝手に焼け死ぬだろうがwww
今さら策略とか意味ないだろwwww
ほんと何も考えずに発言してるんだな~…

・レスキュー作業にも使える乾坤大挪移マジ便利

・そしてこれまたまんべんなく低クオリティの崑崙派夫婦でオチがついたところで〆。
全体的に尺が眺めでゆったり進むとはいえ
展開の筋はきちんとドライブしているので
先を見ていこうというモチベーションは保たれていますね。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1165-47caffbc
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。