上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.11 倚天屠龍記20
ふー、なんとか先週分終わり。
ちょうどキリが悪いところなので(笑)、続けて行っちゃおうかな。


第二十集 武当山の危機
◎できごと

・光明頂ツアーの六大門派来場客を拉致した趙敏軍団は
最後の砦・武当山へ明教になりすまして乗り込み、
張三豊も成崑の手下に不意討ちでダメージを受けていたためピンチに思われたが、
土壇場で本物の明教軍団が到着。
ひょんなことから張三豊の生み出した太極拳をも会得した張無忌は
無事太師父とも再会を果たし、
ついでに兪岱厳や殷梨亭を襲ったのが趙敏軍団の阿三兄弟だとわかったりして、
粗大ゴミを二人片付けた後、
最後の阿大との決闘に望むべく、張三豊からさらに太極剣の伝授を受けることになった。




◎かんそう

・今回も例によって溜め→解放というカタルシスの作り方を持ってきた。
そして太師父との再会というロングスパンにおける溜めが存在していたため
解放のカタルシスと再会の感慨もひとしおであったT_T
もー、無忌ったらほんとよくもハイスペック(に成長した)んだから…T_T

以下流れ順↓

++++++++++++++

悪巧み編

・あら、姿を消した少林派、あっさり捕まってたのね(^^;
というかそれだけじゃなくて六大門派ぜんぶ捕まってたんかい(^^;
姿を消してたのはぜんぶこの人たちの仕業だったのね。
画面に映ってないところで展開はええなw

・うーん、もう成崑の目的とか
まるっきり底が見えちゃったので
正直ほんとどーでもいいんだけどなぁ…


++++++++++++

その頃武当山編

・「オレオレ、昔ここにいた無忌だけど覚えてる?」で
あっさり下っ端弟子と話が通じちゃうというのもまた突っ込みどころだが(^^;
そして「ちょっと服を貸してくれる?」で、服を貸すのはいいんだが、
オイ、おまえいまその帯、思い切りマジックテープでバリッて剥がしただろ!!
バリッて音がしたぞしっかりw
いや、コスプレ衣装とかセットならいいけど、
時代背景としてマジックテープはまずいだろマジックテープは(^^;

・あら三伯、ひげがはえた。
やっぱ楊左使といいこの人といい、ひげが生えて顔つきが完成するようになってるので
鬚無しだと違和感が大きかったね。

・あらら、せっかく光明頂で仲良くなった空性大師、
さっき成崑にインターセプトされて殺られてしまったのか…
「遺体です」とかいって持ってきた包みが小さすぎじゃね?と思ったら
後でわかったことだけど、首を取られてしまっていたのね…あうあうT_T

・丹田に食らっても咄嗟に攻撃反射する張真人はさすがだが、
さすがにノーダメージとはいかんか。

・期せずして太極拳伝授の場に居合わせる無忌…
という構成がまたニクイぜ。
まあとはいえ無忌、
わざわざ変装して武当山に潜入とかしないで
最初から普通に名乗り出りゃいいと思うんだが(^^;
そのまま太師父と三叔で盛り上がっちゃって、
つい名乗り出るタイミングを逃しちゃうっていうのはあるよね(笑)

・しかし裾長すぎじゃないか?>太師父(^^;
お歳の分だけ毎年伸びていくとかいうしきたりでもあるのか?(笑)


++++++++++++

インカミング明教編

・にせものか。
さっきの少林僧が「明教が武当山へ向かってる」とか言ってたから
てっきり無忌たちがいま向かってるのも織り込み済みかと思ったら、
単にニセモノでフリをしてってことだったのね。

しかし考えてみたら
別にわざわざ明教のフリして襲ったりする意味って
あんまりないような…
目障りな勢力である明教の評判を落として
みんなの敵にしたいってことかいな?

・張無忌が明教の新教主になったという話は
すでに江湖における周知の事実なのかと思ったら、そういうわけでもなかったみたい。
目の前のナオンがいきなり「私は張無忌です」とか言ってるから
張真人としても意味がまるっきり不明だったようで(笑)
これはもともと無忌と張真人のつながりってのを
趙敏が全く知らなかったから起きた珍妙な状況だったんだよな。

・そして無忌も無忌で
隠れようとか言ってないでとっとと名乗りでりゃいいのに(^^;
まあこれもタイミングなんだろうなw
「変装して隠れた好漢は、名乗り出る時には出のタイミングを見計らわないといけない」
という、これも江湖の心得。

・殷梨亭が廃人にされたという心理的ダメージで張真人の内傷が深まる。
あわわ…@@


++++++++++++++++++

真打ち登場編

・という状況が煮詰まりまくり
趙敏のドヤ顔がイヤになってきた頃合…

って、
なんかピーヒョロロと飛んできたし!w
ほんとネタ要員だなこの人は…

・そして張真人も張真人で、
こんな怪しいコウモリ相手にも
軽功は絶頂とか慇懃に褒めてハハハ笑っちゃってるよ(^^;
もーなんか劇中世界における正派の良心を一身に背負っていますね、このお方は…

・で、ニセ明教軍団の下っ端vs蝠王のバトル。
あらなによこのコウモリ、コウモリのくせに格好良い?!
というかこんな出番があるとは…
なにこのへんなポーズ?(笑)

・そしてなんか転がってきたー!!
その袋ってそういう風に使うものでもあったのねw

・さらに鷹王&楊左使まで飛んできた。
この畳み掛けるような増援襲来のタイミングが絶妙すぎるw
最初にも書いたけど、前半部分の溜め→助っ人参上で解放の構成が最高だなw
すっかりニセ明教そっちのけで
なんかみんなで朗らかに盛り上がっちゃってる
しw

・もう完全に形勢は逆転しちゃってるんだけど
相変わらずのドヤ顔で武当派がどうだとかこうだとか
例の如く勝手な屁理屈で一方的に勝利宣言しちゃってる趙敏は
ちょっと痛いね。

・さらに遅れて来たよw
明教一のお騒がせ男・周先生がw
ほらほら、もういい加減に出る場面でしょ?>いつまでも潜伏してる人


++++++++++++++++++

武当派・謎の高手弟子編

・阿三が空性大師を殺ったらしい。
…って、さっきの場面では成崑が殺ってた気がするが…

・はい、そこでようやく出番が来ましたよっと!
こっそり内功治療で相手を驚かせる流れはおじーちゃんの時と同じだが、
何度やっても楽しい展開。

・趙敏軍(仮)の阿三、結構無忌も苦戦しているのでほんとうに強いらしい。
そして金剛指を使って阿三が兪岱厳をやったらしい。
これは西域少林寺・金剛門の出らしい。
てことは、成崑は直接はコイツらとは関係ないのか。

・黒玉断続膏
その薬があれば、廃人にされた三伯&六叔も元に戻るらしい。
何で無忌が知ってるの?ということについては
医経とかに載っていたということかしら。

・そもそもの因縁のきっかけとなった三叔襲撃の真犯人に対して熱くなった無忌を
呼び戻して冷ますタイミングがさすがです>太師父

・とりあえず相手が「武当派とやらせろ」って言ってきてるということがあるので、
無忌はここで正体を隠してとりあえず武当派ってことにしとく必要があったわけね。
まあ結果論だけど。

・腕がぐるぐる回ってペキンとへし折れたww
こういう害毒をふりまくだけの輩は
きっちり落とし前つけないとね。

・無忌は防御力圧倒的に高いから何発か受けても事なきを得てるけど、
やっぱこの三馬鹿、
本来はかなり洒落にならないクラスの高手なんだよな。

・うん、こんな悪い足はへし折ったほうがいいw
腕を使う奴は腕を、足を使う奴は足をきっちり使用不能にするのが痛快です。


++++++++++++

張無忌復活編

・阿二をやっつけた衝撃で帽子が取れたことで、趙敏に正体がばれ…
って、それまで気付かなかったことのほうについ突っ込みたくなるが、
段取りなので突っ込まない。
それより太師父との再会の感動に素直に浸りましょうT_T

こいつめこいつめってパンチして確かめるのが泣かせますT_T
おじーちゃんと二人してお互いに無忌の自慢し合うのもたいへん微笑ましいし。
はー、よかったよかった。ほんとうによかった。

・と、感動の再会やってるところへ
すっかりKYと化した趙敏が…
なんかだんだんかわいそうになってきたなこのひと(^^;
まーしかし往生際が悪いね。

・倚天剣はやっぱ趙敏軍団の手中にあった。

・ほえ、
三つ願い事を聞いたら
黒玉断続膏をくれるらしいが、
バトルにならんのか。

と思ったら、
かんざしでブチ切れたw
無忌、自分がナニをやったか、まったく自覚がねえなw

・阿大って元の素性は丐幇の方長老らしい。
なんかまー、丐幇もすっかりアレなことになっているようで…

・あ、ニセ倚天剣って木剣だったのね。
つーか毒は大丈夫なのか?(^^;
まあ当たり前だけど洗い落としたか(^^;
あとこのレプリカ倚天剣欲しいです。

・というわけで、律儀に待ってくれる方長老改め阿大の前で太極剣伝授。
またすごいところで引きになって終わったな…@@
キリが良いところで終わらせるとかいう発想が全くない
あっちのドラマの真骨頂を久しぶりに見た気がする(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1161-e982a04e
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。