上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.11 倚天屠龍記19
なんか気がついたらだいぶ間が空いてしまいました。
雪のため気兼ねなく引きこもりできることだし、
ちゃっちゃと追いつけましょう。


第十九集 趙敏の罠

◎できごと

・少林寺へ向かう途中の明教一行は道中で趙敏一味の妨害を受け、足止めされたが
結局無忌がイチャイチャして趙敏ルートのポイントがアップしたり
小昭が戦場指揮スキルを持っていることが判明したりして
なんとか突破した。

・少林寺にやってくると中は荒らされており
しかも「明教参上 次は武当山を落とすので夜露死苦」的な書き捨てがあったため
明教一行は慌てて武当山へと向かうことになった。




◎かんそう

ウェルカム山荘編

・なぜか画面が真っ黄色になってるわけですが、
意味はともかく(実際何か意図があってやっているとは思えんが)、
こういう画面作り自体は単純に面白いので好きですよ。

・そんな風に弓矢の雨を降らせたら襲われているおにゃのこたちまで…
と思ったが、そこで当てないのがプロの腕前ってことで
高手っぷりをあらわしたわけね。

・いきなり男装を看破する楊左使w
この辺のさじ加減はお話の都合に合わせて見破ってよかったりダメだったりするのな(笑)
でもその後山荘の場面では「小妹は名を敏と申します」とか本人言ってるから、
バレてるの前提で話してたりと、まあケースバイケースってことか。

・緑柳山荘に着いた場面、
ユクモ村みたいな音楽が流れてなんか笑いました(←時節ネタ&わかる人限定)。

・倚天剣?
そして出された酒はアレな酒なのか?と一瞬疑うものの、
でも無忌は毒マスターだから、基本的にその辺の心配は必要ないというのは安心ね。
(これで飲んだ後に「うっ、毒だったのか」とか普通にやられたりしたら
ちゃぶ台を投げつけてます
がw)

・リサーチはばっちりな趙敏。
周芷若のこととかおにゃのこには徹底して弱い張教主のスキマをついてきております。
(というか趙敏、前回だかに成崑の報告受けて
それならあの手で行こうかしらみたいな思い付きがあったような記憶があるけど、
今回の待ち伏せは関係あるのか?)

・にせ倚天剣の臭いを嗅ぐ場面、
説不得(の中の人)、首太すぎ!

この人ぜったい早死するよ…


++++++++++++++++

はめられ編

・ベンベン琴演奏して気を引くのって殷素素ママもやってたな。
「女が琴を弾いていたらまずトラップだと思え」というのが
私の中の江湖を渡る心得にしっかり追加されています。

・しかしつくづく五散人(つーか主に周先生)、無防備すぎw
まあこの人たちはこれくらいがデフォルトなんだろうけどw
こんなぐだぐだでよく明教いままで滅ぼされてなかったなwと思うけど、
これまでは本腰入れてこんな風に固まってぶつかり合うとかなかったってことか。

・またしても「きれいな女は人を騙すから信じるな」の教訓を…



って、ふと書いてて思ったけど、
アレだな、考えてみたらいくら遺言だからって
ママンに言われたことをまんま頭から信じて
出会う女出会う女疑ってかかる主人公
というのも
ちょっとどうかという感じかも知れないね(笑)
だからむしろこれで良いのかも知れん。

・相手を引き込んで動かす乾坤大挪移のようすが
アクションで観ていてわかるのは楽しいな。

・趙敏は自分で直接やりあって無忌を倒せると思ったのか?
それともとりあえず今回は初顔合わせということで様子見か。

・武功レベルは最強近いんだけど、
精神面や経験値で結果的に相手に後れを取ることになるというのが
無忌というキャラクターのようです。
落とし穴に閉じ込められた後も
ぜんぜん相手になってないな(^^;
意を決してGOUMONまがいのことをやってみても簡単に転がされてるし(^^;


+++++++++++++++++++

密室に二人きり編

・二人で落とし穴に落ちたのワロタ。
さすがに足場を踏ん張れないこの状況では
鉄格子をぶっ飛ばすようなことはできない。

・この時代のモンゴル人は足の爪にネイルアートを施していたのか?
というプチ疑問。

・微笑ましいくすぐり作戦かと思ったら
次第に本当にGOUMONじみてきたw
泣かしたw

おい、そんなスイッチ押すだけで簡単に開くのかよ!


+++++++++++++++

脱出&落ち着き編

・戦場指揮もできる小昭。
確かに、卦も知ってたもんな。(後で本人も言ってたけど。)
相変わらず怪しいが、
無忌がぜんぜん追求しないのでそれ以上突っ込まれずに終わっている(笑)

・あれ?
小昭、いつの間にニセ倚天剣パクってきたんだ?

・こらこら、女からのプレゼントを別の女にそのままあげるとかw
この男、天然でこういうことをやるのなw

・宿の自害騒ぎの殷六叔、
「もう廃人だ、死んだほうがマシだ、あんな生き地獄は耐えられない! 」って、
アンタ三哥のことそんな風に見てたんかい!
いや、わかるけど(^^;

・えっ
まさかの不悔×六叔ですか?!(←穿った見方)

・他人が目の前で死のうとするのを見ると
「冷静になるんだ」とかちょっと状況とちぐはぐな説得を必死でしてしまうという。
そういう人の良さが殷六叔なんだよな…


++++++++++++

いつもの濡れ衣編

・てなわけで、
寄り道の挙句にやってきました少林寺。
荒らされ放題だけど
中の人たちはどこ行っちゃったんだろ?
下手人を追いかけたのか?
(そうだとしたら、誰か残しておけよと突っ込みたいが。)

・ところで
劇中(原語)で「少林派」の名前を出しちゃいけないのって、
別に「少林派が悪辣だから許容できない」という理由ではなくて、
少林寺の現方丈・釈永信が商標登録したからなんですね(^^;

・明教の仕業だと思わせておいて少林寺を荒らしてメッセージを残したんだが、
しかしそのメッセージを隠しておいてくれた人もまたいるらしい。
はてな?@@

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1160-f7306d50
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。