上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週分おわり。
手持ち分がストックアウトしてしまったので
明日続きを借りてこなくては。
話が動いて楽しくなってきたので、今週はちょい早めの進行で行こうかな。


第十六集 奥義と遺書
◎できごと

・六大門派が光明頂に襲来、明教大ピンチ!
という状況になって、ようやく楊左使と五散人、青翼蝠王らは和解し、一丸となった。

・成崑を追う張無忌と楊不悔の下僕=小昭は
成崑によって通路に閉じ込められたが
その奥で陽頂天とその妻の遺骸を発見。
残されていた遺書と乾坤大挪移の秘伝書により
張無忌は乾坤大挪移を第六層まで会得して第七層に到達。
石門を開いて地上へと脱出することができた。




◎かんそう

追いかけっこ&爆破編

・正直、もう成崑はいいわ…と思ってしまわざるを得ない
爆破前の成崑一人感慨に耽るの場面。

・小昭、醜い顔まで変装だったらしい。
後でわかったことだが
やっぱり「母親」の命で乾坤大挪移心法を手に入れるのが目的だったという
裏があったわけだが…
そして西域人らしい。


+++++++++

一方その頃明教幹部編

・親子コントを繰り広げていた。
みんな立ってるのもままならんつーのに
何をどうするつもりなんだか(^^;
こうなった経緯を考えると笑うしかないw

・不悔って当たり前なんだけど、親からの愛称は「不儿」なんだよな。
なんかすごい珍妙だ…

・一応オノレの傲慢さについて自覚はあったらしい楊逍(笑)

・というわけで
みなさん一致団結しました。
なんだかんだでこの人たち、見た目の上でもバラエティがあるので
画面がにぎやかで楽しいな。


++++++++++++++

遺体二体編

・ミイラ発見。
上にも書いたけど案の定小昭は
乾坤大挪移を盗みに来ていたということが発覚。
そして「なんで皮の秘密を知ってたの?」
というところには気付ける聡い子なんだけど
あっさりとその後口で丸め込まれるのが無忌のクオリティ(笑)

・「他人の遺書を読むなんてダメだ!」と思い留まるものの、
「心残りがあるかも知れないわよ」と言われて
あっさりと口で丸め込まれるのが無忌クオリティ(笑)

・以前ちらっと話に出てたけど、明教教主の証・聖火令は
ペルシャにあるらしい。
そして明教というのはそもそもペルシャ起源のもので、
そのペルシャの総教が蒙古に従えと命令してきたので、
聖火令を奪還すればそれを聞く必要なくなるということ。
というのが、とりあえずの大きなクエストとして追加された。
(「蒙古人には従わないことを選ぶなんて偉い! 立派だ!」という
蒙古人(つーか非漢人)=絶対悪
といういつもの民族主義的なアレについてはやっぱり引っかかるが、
ここで引っかかってしまっては先に進めないので、
そういうものなのだと割り切ってスルーすることにする。)


---------
・今回一番おかしいと思ったところなんですけど、

そもそもなんで陽頂天の遺書があるのよ?
前回の回想シーンによると
乾坤大挪移の立ち読み中にその場でスーパー走火入魔で死んでませんでした?

いつ死ぬかわからん立場だからあらかじめ遺書も書いて持ち歩いてたってことか?

と思ったら、遺書ではちゃんと「成崑に心を乱された」とか言ってる。
てことは、前回のアレ、顔が赤青に点滅していた時はまだ死んだわけじゃなくて、
陽頂天より夫人が先に自責の念から自害してたのか?

と思ったが、
いやいやいや、
違うよな。
夫人宛てに書いてる手紙なんだし。

なんか時系列が捻じ曲がっておかしくなってる(^^;



えーと、
よくわからんが
今回の話によると

1、陽頂天が二人の不倫現場目撃
 ↓
2、二人逃げる
 ↓
3、陽頂天、怒りにgkbrしながら妻への遺書書く
 ↓
4、その後、陽頂天、成崑を殺しに行こうとする
 ↓
5、と思ったら、予定より早く死んだ
 ↓
6、死んだ陽頂天を見て夫人、自害

という流れになっているらしい。
前回の回想シーンの描写と明らかに矛盾している気がするんですが、
(前回の描写だと1→5→6しかないよね。)
まあもう過ぎたことなので気にしても仕方がないな(笑)
-------------

+++++++++++++++

内功マスター編

・小昭は卦にも通じているらしい。
ますます何者?

・「無妄石門は乾坤大挪移を身に付ければ開く」
九陽神功パワーでも無理なので
やはり乾坤大挪移を身に着けるしかないみたい。
というか最初からそう書いてるんだから
すまない無理だとか言ってる暇があるなら
とっとと会得しなさいよ、と突っ込みっぱなし。

・いちおうそんなすぐに身に付けるのは無理だという考えはあったようだが、
一瞬で七年掛かるという第一層を会得しちゃったんですけどw
やっぱり九陽神功で内功を十分にマスターしていたのが大きかったのね。

・おいw
いきなり第六層かよ!!!wwwww
主人公チートっぷりが容赦ねえwww

・こんなことならもう無理だとかやってないで
早くやっときゃよかったのに…
そして乾坤大挪移心法、
もはや武功と言うより魔法のレベルに達しているなw

・奥義書は不完全なものらしく、
これだけでは第七層を修得はできないということらしい?

・太師父の言いつけどおり明教には入らんが、
明教の正しさをきちんと認めた。
そしてそれを世にきちんと示すべく動き出す。
こういう真っ直ぐさは無忌の変わらない良いところ。

・乾坤大挪移の功力を受けるとオープン。
どういう仕組みの石門なんだいったいw


++++++++++++++

地上編

・「君はきれいだ」などといっておきながら
「きれいな女には騙されるな」というママンの遺言は
全く頭の中から消えているらしい無忌。
まあそこがかわいいところとも言えるが(笑)

・でも鎖は切れない。
どういう鎖?
まあ以前はビクともしなかった鎖が伸びだしたということで、
乾坤大挪移でアホみたいに無忌が強まったのはわかったがw
次回、ようやく事態が大きく動きそうで楽しみだ。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1156-d956db1e
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。