上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.16 神話06
みんな一筋縄じゃいかんところが面白いな。


第六集 恋する二人

◎できごと

・現代では研究所に潜入した盗掘団一味によって宝箱が奪取され、
さらに重要参考人として易小川と高要に嫌疑がかけられている。

・易小川は劉邦を呂雉とくっつけようとしながらも
呂雉と呂素、二人から好意を寄せられて戸惑い、
劉邦の将来性を見込んだ呂公は場を掻き混ぜる易小川のこれ以上の滞在を嫌い、
結局、その思惑に乗って、易小川は劉邦や労役人と共に咸陽へと出立した。

・しかし易小川への気持ちを押さえられない呂素は彼に追いすがり、
かと思えば易小川は突然倒れた。




◎人物まとめ

・易小川(い・しょうせん)スキル:天然女たらし
好きな女は星の数ほどとか、ほんとひどい(笑)
そして相手にマジになられると腰が引けるというのもお約束か。
この小川もそうだし、キャラクター全員そうなんだけど
このおはなしの特徴として、
結構みんな腹のうちを隠し持ってるんだよね。
きれいごとだけじゃ話が終わっていない。
(もちろん、項一家の時みたいに、
きれいにきれいごとで話が終わる時もあるのだけど。)
そこが面白いな。


・呂公(りょ・こう)名士
呂公ったら、
劉邦相手に口では割と受け流してたのに、
結構ちゃんと見定めちゃってるんだもんな。
そして事なかれ主義とか、小川のこともちゃんと見てる。
さすが伊達に有名人じゃないな。
で、また表向きはそういうそぶりは見せないところがね~。


・呂雉(りょ・ち)呂公の娘
さすが攻撃型、最初の告白の場面では小川に手も足も出させないw
しかしなんだかんだで素素といちゃつく易公子の様子に目を覆ったりとかは、
ちょっと呂雉のことが気の毒に思えてくる(^^;


・呂素(りょ・そ)呂公の娘
素素は一見すると大人しそうなだけに
むしろ思いつめたら一直線というタイプなんだな。


・劉邦(りゅう・ほう)亭長
どんどん黒いところが見えてきた劉邦。
でもこれが劉邦だよな、と、すごくしっくりする人物造型だ。
項羽なんかもそうだけど、やっぱこの辺はうまいよこのドラマ。

+++++++++++++++++

・項籍(こう・せき)項羽
・項梁(こう・りょう)項羽の叔父
・笵増(はん・ぞう)項梁の旧友、会稽県尉

・高要(こう・よう)調理師、高嵐の兄

+++++++++++++++++

・易大川(い・だいせん)易小川の兄、考古学者
・易教授(い きょうじゅ)小川と大川の父、考古学者
・易ママ(い まま)小川と大川の母、鍵師?
・高嵐(こう・らん)易小川の彼女、自動車修理工
・羅拉(ら・ろう)趙グループ社長

・盗掘団のみなさん(とうくつだんのみなさん)盗掘団
まんまと宝箱ゲットした。
そしてこの西遊記マスク、この前の逃走時に投げ捨ててたのに。
いくつ持ってるんだw


・千年妖怪(せんねんようかい)易大川のSkype友達




◎かんそう

スニーキングミッション編

・水タンクに睡眠薬か。
あんな簡単に異物混入できるとは、おそろしや。
あっさりと宝箱奪われちゃったが…
まあでもとりあえず現状では手詰まりではあったか。

・ディナーに出ている隙に侵入者があったというのは、
羅拉さんも関係あった…ということはないか。
さすがにそれは回りくどすぎる。

・ほえ? 水ケースに高要と小川の指紋?
いや、でも確かなんかあの水ケース、
第一集で映ってたような記憶があるようなないような…

+++++++++++++

板ばさみ編

・で、古代に場面が移ったと思ったら、
えっ?
なんでまたいきなり劉邦と義兄弟に…
しかも撮影してるし!!
すっかり観光気分だなオイw

・素素ったら
姐姐と同じで心に決めちゃってるし…
さすがの呂雉もこれには固まっちゃう。
そしてそんな女心は知らずに
劉邦と呂雉をくっつける作戦を進める最低男w

・あーあ泣かした…
仲良し姉妹だったのに…

・ダメ男に見えてあんがいちゃんと志を秘めた劉邦も劉邦だが、
それに対する呂公の質問も現実的だよね。
まあ確かにこのままじゃただの中二病ニートだw
小川がフォローしなかったら実際、この面接試験ダメだったんじゃないか?(^^;

・結構シャッキリと振られたんだけど、
それでもあきらめない呂雉。
(まあいじけてグチグチやるよりは
よっぽど前向きでいいけど。)

・そして劉邦、
義兄弟とかやって仲良くやっておきながら、
呂雉が小川を好きなのも見通して
邪魔な小川を追い出そうとか
さすがなかなか黒い。

・だーから兵馬俑とか始皇帝陵はまだないだろ(^^;

・呂公としても、
小川に将来性がないのを見切っちゃってるから
これ以上いて欲しくないわけね。

劉邦にしても呂公にしても、
小川に対しては本来結構な恩があるはずなんだが。

で、そういう腹のうちを小川も読んじゃって
その上で流れに乗っちゃう。
↑にもちょっと書いたけど、みんな結構ドライでリアリスティックだ。


+++++++++++++++

出奔編

・そんなこんなで咸陽へ行く流れに。

・追いはぎ相手に戦う小川



…の助太刀をしない劉邦。
こいつやっぱ黒い。イヤな奴だな。

・噂の「俺の小宇宙」発言きたよw
日本語字幕できちんとフォローされてないのが惜しいw

・素素、
健気やな…

・そして「君の事なんかぜんぜん好きじゃない」とか
面と向かって…

まあでも確かに過去の人と一緒にはなれんし
一生を誤らせるわけにもいかんのだろうな。
とはいえこんなド直球で振って
自害でもされても知らんぞ(^^;
と思ってたら、ほらー、言わんこっちゃない(^^;

・人口呼吸するならまずアゴを上げて気道確保しないと…
TVで勉強しなかったんかいw

・まあ劉邦としちゃ
自分が呂雉をゲットできればなんでもいいんだよな。

・で、とりあえずにっちもさっちも行かん状況なので逃げる!
と思っていたら、
一晩明けたらなんか妙なことになった。
周りは焼け落ちてる??
なぜ倒れた??
井戸水がダメだったのか???

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1137-80699ea0
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。