上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.09 三国演義02
このドラマって、何気にジェット・リー(李 連杰/リー・リンチェイ)が出てたんですね。
『エクスペンダブルズ』見たいな~。



第二集 十常侍乱政
◎できごと

・霊帝が崩御した。
霊帝の二人の子・劉弁と劉協は
それぞれ
霊帝の母・董太后と霊帝の妻・何皇后にバックアップされており、
結果的に劉弁が即位し
女二人の勢力争いは何皇后改め何太后が勝利し
その合間を縫って宦官の十常侍が飛び回る。

・何皇后の兄・何進は妹の引き立てにより大将軍になったが
選択肢誤りまくりで十常侍にSATSUGAIされ、
十常侍は怒った曹操や袁紹らから逃げるべく
劉弁と劉協を連れて都からトンズラしたものの
何進が対十常侍に呼び寄せた董卓が河東からやってきた。




◎かんそう

・空の玉座。
音楽なしでひたすら静寂。
この入り方はイイな。

・ん、この廊下、『東周列国』で見覚えがあるぞ。

・祈祷のシャーマンダンスとか
いや~、この独特の怪しさ。

・二話目で曹操初お目見え。
袁紹も今回出てきてるけど
どうせ後で入れ替わるので
あまり躍起になって固体認識しておく必要はない(笑)

・王允なんかも
この頃から出ているのか。

+++++++++++

・十常侍(張讓たち)は
劉弁即位の段階で
すでに何皇后改め何太后に取り入っているので
何進は十常侍を潰せない。
そのことが命取りになる。
自分の愚かさを気付かず
賢しいつもりの女人が
一番困ったものです。
というおはなし。

・まああっさり丸め込まれる
何進もたいがい小人なんだが。

・しかしまぁ今回のメインだったこの十常侍、
人ではない別の群れをなした生き物みたいで
実に不気味でイイ。
一人で城に入ったら薄暗い通路に
ヒタヒタとたくさん押し寄せてきて…

外の呼び声に応えて生首ポイ。
ホラーだよな(^^;

・「呂后」とかさりげなく引き合いに出されてて、
初見時はスルーしてたけど、今ならわかるのよね。

・ディベートでは
「你…っ」と言葉に詰ったほうが負けw
これもこのドラマで学んだ常識です。

++++++++++++

・女の戦いw

で、十常侍は特等席でそれをのんびり観戦して
まんまと勝ち組に残る。
こうして国がどんどん乱れていく、という構図。

・手段は選ばず最短ルートを取ろうとする曹操。
この人はこういう人なんだな。
しかしなんか朝廷のみなさん曹操をdisりまくってますね。

・何進が十常侍対策に
董卓に二十万の大軍を連れて
都へ招いた。
もろもろのイベントがこうしてリンクして繋がっているんだな。

・劉弁よりもかしこい劉協。
うん、この劉協はちゃんとかしこく見えるから良いね。

+++++++++++++

・今回のラストは

やってきた男・董卓。
何か企んでます!な顔で〆。

初見当時、
二話目にしていきなりオッサンのアップで終わるという
このインパクトに軽いカルチャーショックを受けたのも
今となっては良い思い出だ(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1123-708b8d27
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。