上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.03 呂布与貂蝉32
いろいろ新作ラッシュで誘惑が多い今日この頃だけど、
まずはこれをちゃんと終わらせるYO!
ま、どうせ最後まで観ても結末はわかってるんだけど(←言っちゃった)。


第三十二集 血まみれの手

◎できごと

・心さんは李粛を使ったりして董卓と呂布の対立を深めようとしたりして、
とにかく貂蝉の心が呂布に向いているのが気に喰わない董卓は
ついに呂布を死地に追いやってみちゃったりして、
袁家の人たちを皆殺しにして
後戻りできないラインを超えちゃった呂布は
もはや貂蝉のことだけを考えて動くしかなくなったりして、
そうこうしているうちに
虎牢関で通せんぼ食らって呂布vs三馬鹿のバトルになった。




◎人物まとめ

・呂布(りょ・ふ)@董卓陣営
この間作ってた建造物についてはまだ放置されている。
しかしなんつーか、
貂蝉を解放してやるから殺って来いと言われれば
簡単に言われたとおりに殺りまくる呂布というのは…
うーん、なんだかな~。

・董卓(とう・たく)西涼軍ボス
・董媛(とう・えん)董卓の娘

・牛輔(ぎゅう・ほ)董卓配下、射陽将軍
まだミイラ男&心臓ダメージ状態の牛輔。
というか華佗どっか行っちゃったし、もう再起不能では…

・陳宮(ちん・きゅう)暁顔の息子

・華佗(か・だ)医師

・鉄蛋(てつたん)呂布の従者

・李粛(り・しゅく)董卓の軍師
なんか心さんといつの間にやら接触していたりして、
董卓vs呂布を煽ろうとしたら
機嫌の悪いところに逆鱗に触れ、煮え湯の中に突っ込まれ…
って、
あれえ?
李粛死んじゃったYO!?

+++++++++++++++++++

・貂蝉(ちょうせん)心の弟子
布が変わらず純粋なので、貂蝉はそれがつらいらしい。
そしてデレた。
あっさりと。
というかこうなったならもう二人でどっか行っちゃえばいいのに、
なぜまだ董卓と呂布を対立させることにいつまでもこだわってるわけ?

・心(しん)墨家
李粛がアホなのであっさりと黒幕が心さんだと董卓にバレたw

・王允(おう・いん)司徒

+++++++++++++++

・劉&関&張(さんばか)ミソッカス
とつぜん立派な人になって呂布とバトルを始める劉備。
まあいちおうゆずれないラインというのはあるらしい。

・曹操(そう・そう)ヒコ
・袁紹(えん・しょう)
・袁術(えん・じゅつ)袁紹の弟

+++++++++++++++

・侯成(こう・せい)布の幼馴染み



◎かんそう

・王允と貂蝉。
王允はある地点で貂蝉を女として見るのは止めているから、
そういう王允が純粋に自分のことを心配しているということを
貂蝉もわかっている。
(まあ、わかっていても、もう戻れないんだが。)

・貂蝉がいないので荒れる董卓。
いつのまにやらすっかり呂布のことが大嫌いになってる董卓。
なんか貂蝉が行ったり来たりフリーダムにふらふらしてたのがよくないのかな。
呂布と董卓の間をはっきりさせずに話を進めたので
いまいちはっきりしないのではなかろうか。
いつの間にこんなになってたん?みたいな。

ちなみにこのドラマでは呂布は純粋無垢な男なので
基本的に呂布が誰かと対立する場合というのは大半が
相手側の誤解や思い込み、一方的な非難によるものとなっているわけですが…

・ああ
袁家の人たち皆殺しとか、そういうイベントもあったっけ。
そういう史実イベント実現のために
今回のコレを入れたわけね。なるほどね…

・リーサルウェポンな方天戟が完成

・なんか董卓もすっかり言うことがおかしくなってるし…
呂布リクルート編のあの和気藹々とした様子はどこへ行っちゃったんだか。

+++++++++++++++++

・虎牢関ですか、ここで

・すっかりダークサイドに堕ちてるし…>呂布
貂蝉のことしか考えない…にしても
もうちょいなんかあったのではなかろうか。
まあ人殺しとか別にそーいった倫理観に捉われずに一線を越えたというのは
呂布らしいといえば呂布らしいが。
でもいちおう人をたくさん殺したことについては
責任を感じたらしい。

・しかしこの人たち、会話が噛み合ってないな…

・普通の戟ではさすがに三対一は無理らしい。
というわけで次回は完成した方天戟を
アンパンマンの新しい顔ばりに貂蝉が届けに来て三馬鹿撃破、
二人で森の中の新築一軒家へ…てとこかな。
董卓との直接対決(第一話冒頭)の場面も近そうね。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1116-046a04dc
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。