上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.17 呂布与貂蝉13
三分の一地点を通過です。


第十三集 母と子と

◎できごと

・布と貂蝉は壊れた鎖を直すために鍛冶屋の引っ越した先である冀州へ行くことにした。
しかし馬元義に別れを告げに行った貂蝉はそのまま点穴されて馬元義に拉致され
布は鳳儀亭で待ちぼうけの予感。

・暁顔夫人は娘を捨てたことで自責の念に駆られ
耳朶に刺されて死んだものの、
心は自らの母親を殺した耳朶の動揺を見て取り
こいつはだめぽだなと見切りをつけた。




◎人物まとめ

・布(ぶ)後の呂布である

・張遼(ちょう・りょう)格闘士
張遼は
もしかして夫人のことが好きだったのか?

・侯成(こう・せい)布の幼馴染み
・暁顔(ぎょうがん)格闘場の元締め

・陳宮(ちん・きゅう)暁顔の息子
病気が治った。

・李粛(り・しゅく)李大人の息子
どうなった?

++++++++++++++++

・丁原(てい・げん)刺史上官

+++++++++++++++

・牛輔(ぎゅう・ほ)董卓配下、射陽将軍

+++++++++++++++

・馬元義(ば・げんぎ)元・黄巾党、貂蝉の父
・貂蝉(ちょうせん)張角の生まれ変わり

・心(しん)墨家
心さんマジ外道だが、
「情=NG」という立場が一貫してるので、妙に清々しい。
さすが心さん、歪みないですね。

・耳朶(じだ)心の弟子
耳朶は結構かわいいと思う。
何かと張遼との絡みが多いので
そっち系ルートに行くのか?




◎かんそう

・「この世に不敗の者などいない。いるとしたら…
 ↓
未来の俺だ!
wwwwwwww

こいつおいしいな~(^^;


・暁顔夫人はいま3X歳らしい。
で、いま娘の耳朶が18歳…
てことは
いったいあんたいくつの時に生んだんだ?@@
15とか?
まあでも心さんのHENTAIっぷりを考えるに
女子中学生に手を出していても全くおかしくはないと思えるがw


・とつぜん「冀州へ引っ越す」とかの張り紙があって、
布と貂蝉は何をしにここへ来たんだ?と思ったら、
ああ、鎖を直しに鍛冶屋に来たのね。

・そしてまたわけのわからない理屈が来たよ…

鎖で手首を繋いだ時に、二人はあの鍛冶屋の前で愛を誓いました
 ↓
その鍛冶屋は冀州へ引っ越しちゃいました
 ↓
愛を本物にするためには
二人が目の前で愛を誓ったあの鍛冶屋さんに鎖を直してもらわなきゃダメよね!

いやいやいや…
ただの鎖だし、ただの鍛冶屋なんだから
ぜんぜん誰でもいいだろ!
いつの間にあの鍛冶屋さんそんな特別な人になってるの?!
全くクローズアップされてなかったくせに…

・というかもう張力の遺体とか完全に忘れ去られている。

・ここに来るまでずっと馬元義のこととか放置しておいて
いきなり「やっぱり会っておかなきゃダメよね」とか言い出すし…
てか、どこにいるかわかるのかよ??
で、
そのためにまたわざわざ別行動して
鳳儀亭で待ち合わせ
とかいうわかりやすい別離フラグ展開ですか。

・楽しかったことは何一つなかった宣言wwww

・おい、結局点穴かい(^^;
このおやじもたいてい壊れてるよな~。
実の娘を苦しめるとはそれでも父親かとか、
珍しく心さんがまともなこと言ってるしwwww

・で、結局心さんは言うだけ言って
ハハハ笑いしながら去ったんかい(^^;


+++++++++++++++

・おかゆ。
しかし獲物を前にして相手から出されたおかゆを食べる暗殺者というのも…

・ほんとに自死しちゃったよ…
しかもあなたが死にたいのはいいとして
わざわざ娘の手に握らせた刀でそれをやりますか…

で、娘にほんとに自分を殺させておいてから
わざわざ自分が母親だとか告白とか(^^;
どんだけ~(^^;

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1096-f32e52e5
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。