上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.12 呂布与貂蝉07
なんかぜんぜんわくわくもしないし、楽しみでもないし、
特に続きも気にならないんですけど、
とりあえず義務的に続きに戻ることにします(←ひでえ)。


第七集 絆の鳳儀亭

◎できごと

・逃げ出した布は貂蝉とのかつての待ち合わせ場所である鳳儀亭へたどりつき
何も考えずに丁原の一党にけんかを売ったあげくに
布を追っていた張力に助けられ
結果として二人は仲良しさんになった。

・教主として馬元義に殺しを強要された貂蝉はエスケープし
鳳儀亭にて布と再会するものの、
張力ラブになっていた布は格闘士になって自由を勝ち取ることに決めたので
貂蝉とは別れることになった。





◎人物まとめ

・布(ぶ)後の呂布である
命を賭して自分を守ってくれた張力を「好き」になったようで、
「格闘王に、おれはなる!」ということでとりあえず目標が決まった。
あと張力にこのまえポキポキやられたおかげですでに骨法をマスターしたらしい。
しかし貂蝉コードもまだ残っているので、
張力を満足させた後に貂蝉に会いに行くことにしたらしい。
張力に惹かれていく様子の描き方というのは、悪くないと思う。
今までさんざん貂蝉貂蝉言ってたワリには…というのもあるんだが、
これは自我の目覚め(形成過程)というやつなんだろうな。


・張力(ちょう・りき)訓練士、元・黄巾党
あいかわらず布にぞっこん。
その甲斐あって、布からも貂蝉を抜いてランキングトップになりました。
あんたそんなに布の素質に惚れ込んだのか!
という大げさな感じがしないでもないが、
まあ才能に惚れ込んだおやっさんというのは
こういう感じという気もするので、アリだろう。


・暁顔(ぎょうがん)格闘場の元締め
すごく聞き分けのいいおばさん おねえさん。
まあ話がスムースに進むので、そういうのは歓迎しますよ。


・李大人(り たいじん)格闘場の従業員
わかりやすい太鼓持ちの人。


・陳宮(ちん・きゅう)暁顔の息子
そうそう、この公子は陳宮だったな。
阿娘が信じてる張力が信じてる布に興味を持った。


・李粛(り・しゅく)李大人の息子
なんか布に取り入る李粛。
夫人が布のことを気に入ってるからか?
あと公子と布をあんま仲良くさせたくないらしい。

++++++++++++++++

・丁原(てい・げん)刺史上官
まあどう見ても大人物ではないというか、これくらいだなぁというか。
結局今回はまんまとこのオッサンに遊ばれただけであった。
そういう「生き死にがかかってない世界」の人だということは
わかりやすい描写だったよね。


+++++++++++++++

・馬元義(ば・げんぎ)元・黄巾党、貂蝉の父
あーあ、泣かした。
年端も行かない娘に無理矢理人殺しさせるとか、
やっぱこの馬叔叔もたいがい壊れてるよなw


・貂蝉(ちょうせん)張角の生まれ変わり
馬叔叔がピンチになってイヤボーン、と。雷撃が発動した。
布が一緒に来てくれないのであっさりツンになるところは
いかにもお子様という感じだが、
まあしかしこの娘もずいぶんかわいそうな生い立ちをしているからなぁ。




◎かんそう

・少し間があいたので、ややディテールが怪しくなっていたが
なんとか挽回。

・鳳儀亭?
といういきなり出てきた固有名詞に一瞬「?」になったが、
ああ、貂蝉と待ち合わせをしていた場所ね。すぐに思い出せた。

・なんか韓ドラばりのすれ違い方をして、
張力も寝てないで布の名前を呼ぶおなごがすぐ近くまで来てるんだから気が付こうよw
とか突っ込んだら気を失っていたりして、

貂蝉の気配を感じ取った布は、嗅覚すごいはずなんだから追跡できないのか?
と突っ込んだりとか、

アレか、出会えそうで出会えないということで
ラブ米をやるつもりなのか?
韓ドラか?

と思ったら、ちゃんと出会えました。
はー、良かった。別の意味で。



++++++++++++++++++

・いろいろネタ的に書きましたけど、
別につまらんということはないのですよ。
三国志どうこうというのは、もう別物だと割り切ってるし。
ストーリーもはちゃめちゃでこれはこれで楽しいし、
主役の布(ブ)役の中の人も結構演技が良いし。


 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1090-779bc5c6
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。