上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.10 大明王朝41
なんだかんだで勢いがついてきているような…
ちょうどうまいこと休みも重なったし。


第四十一集 祝文

◎できごと

・遷居お祝いにまぎれて海瑞がついに強烈なダメ出し文を上奏したため
ショックでニートが壊れた。

・ぐだぐだな流れで陳洪が取り調べのトップを任されるという
たいへん観ている方としては精神的によろしくない事態に。
海瑞の直属の上司である趙貞吉もさらし上げ的に取調べに加わることになり、
何かとうるさい呂芳と親しい黄公公はリンチされちゃうし
朱七&斉大柱も海瑞の関係者ということで投獄されたりと
たいへんなことになっている。
(あと六話もあるのかよ!?)




◎人物まとめ

もういい加減新キャラも出ないだろうし、これもいらんかも知れんな。




◎かんそう

・母と妻と別れて、
いよいよたった一人の戦いが始まる。
遷居の祝文提出のタイミングなのね。

・いつまで経っても宿題持ってこないのでわざわざ自宅まで催促&回収に。
趙大人もたいへんね(^^;

・海瑞さん字きれいだなー

・ふぁんらー
wwwwwwwwwwwwwww

たいへんなことになった。

・誰かが指示したとか、陰謀とか、
そういえば第一集のはじまりもそうだった。
そういう点では、正しくあの頃から進歩していないのだよな。


・こわれちゃたよw
まあこのニートに限らず、
皇上に口答え(それどころか堂々とダメ出し)というのは普通はないことだからな…
免疫がまったくないとこうもなるんだろう。
ただでさえ最近かなりおかしかったし。

・もうさいは投げられてしまったからな。
こうなったら
ありのままに事実を述べるしかないんだよな…
口のやりとりなら陳洪ごときは相手にならん高学歴の趙大人なのですが、
そのせいで余計な禍根を買ってしまったようです。
まあでも言うべきことは言うべき時に言うべき相手に言う、というのも
この人の魅力ではあるわけだ。

・で、各部から一人ずつ出して海瑞を調べることいなったんだが…
いやいやいやいやいやいやいや
朝天観とか
玄都観とか
それはちがうだろどうかんがえてもwwwwww
朝天観とか玄都観とかはどう考えても違うだろwwwwwwwwwww

・呂芳に似て小うるさい黄錦まで一味だと決めつけ認定しちゃって、
まったく、
勝手にいつのものやけくそでダークサイドに落ちていくんだから…
ほんとコイツも毎回やることが変わらんなぁ。
良薬口に苦しの苦しだけを嫌がって、すぐに甘いほうに逃げるんだ。


++++++++++++++

さいは投げられた編

・まあ、家捜ししても何も出ないよな。
何もないんだし。

・棺の中に官服というのが、実に印象的…

・海瑞はこれがあるから、
北京に来てこのかた
斉大柱とずっと疎遠にしてたんだな。
(結局それもあんま意味はなくなってしまったみたいだけど。)

・海瑞も趙貞吉も、誰も天下に恥じることはしていないのだ。
堂々としているだけだよな。

・そして海瑞もダメは出したものの
別に退位は求めてないと思うが…
ナナメ下の陳洪フィルターだな。

・黄公公をリンチとか、
あー、イヤな展開になった。
これ叩いてるほうもかなりきつそうだが…

・案の定朱七と斉大柱にも流れ矢が飛んできたし…
しかし七爺はさすが肝が据わっている。

・とりあえず
陳洪のターンUZEEEEEEEEEEEEEEEE!!!
ということで。
あらすじのとこにも書いたけど、まだあと六話もあるのかー(^^;

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1083-1235e48a
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。