上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.04 大明王朝37
なんだかんだでもうこの「大明王朝」も、見始めて三ヶ月に渡ってるんだよな~…
途中で休暇とか入ったから、そのぶん長引いたってのもあるんだけど。


第三十七集 置き土産

◎できごと

・ニートの気まぐれにより海瑞の件はおとがめなしになった。

・呂芳は退陣し、馮保に後事を託した。

・予算がかつかつぎちぎちなのに
仕方なく工部の宮廷修繕のためにいろいろ
かなり無理をしてカットして改定予算案が捻出された。




◎人物まとめ

++++++<朝廷>+++++++

・嘉靖帝(かせいてい)皇上

・呂芳(りょ・ほう)司礼監 掌印太監
・徐階(じょ・かい)内閣首輔


・裕王(ゆうおう)嘉靖帝の第3子
・李妃(りひ)王妃


・馮保(ひょう・ほ)掃除のおばさん

++++++++++++++

・高拱(こう・きょう)〈字:粛卿〉戸部侍郎?
・張居正(ちょう・きょせい)〈号:太岳〉兵部侍郎?

・李春芳(り・しゅんほう)兵部


・趙貞吉(ちょう・ていきつ)〈字:孟静〉戸部尚書


・徐璠(じょ・はん)徐階の子、工部侍郎


・陳洪(ちん・こう)司礼監 秉筆太監
・黄錦(こう・きん)司礼監 秉筆太監

・朱七(しゅしち)錦衣衛・北鎮撫司
・斉大柱(せい・たいちゅう)錦衣衛・十三太保



++++++++++++++++

・海瑞(かい・ずい)〈字:汝賢〉〈号:剛峰〉戸部主事
・王用汲(おう・ようきゅう)〈字:潤蓮〉都察院

・李時珍(り・じちん)医師

・譚綸(たん・りん)〈字:子理〉参軍、浙江按察使?




◎かんそう

海家のまったりどろどろ編

・そういえば錦衣衛の人たちっていうのは
都の中でもこの珍妙な裸足&半ズボンスタイルなのか。

・また真っ黒になって楽しそうになにやってるんでしょうかこの人は(笑)

・王潤蓮や李先生
海瑞が気を許してる相手とほのぼのする場面は、見てるこっちもほのぼのする。
始終むっつりしてる男であり、そしてあまりに強大な敵に挑む男なだけになおさらだ。

・あら、このおかん、だいぶ感じ悪くなってる。
まあもともとこんなミクロな「私は無力な百姓です」とか
えらそうに主張するような人間だったか。
海瑞のことを親不孝となじるとか、あんたがそう育てたんだろうがと突っ込みたいわ

海瑞も民のため、家庭のためにがんばってるんだが、
やらなければならんことはある。
こんなふうにあてつけられて、
うーむ、ますます追い詰められてるな~。

・また天下の錦衣衛に使い走りみたいなまねを…(^^;
おばちゃんパワーだな。


+++++++++++++++

陳洪がうざいです編

・あ、やっぱりあんな風にパシリははダメなのね。

・黄公公は相変わらずストッパー役として心強くはあるのだが、
司礼監内での力関係として
陳洪>黄錦
というのは、依然としてあるらしい。
(まあもともとナンバー2と3だったからね。)

・またこの人たち脱ぐの好きなんだから…

・斉大柱、以前は七爺の直属だった劉二の上司になってたとは、
ずいぶん出世したのね。
七爺に気に入られたからか。


++++++++

さよなら呂芳編

・五体倒地wwww
ほんとにやってる人はじめて見たぜ。
まあすごくしっくりくる描写ではある。

・そしてアホなニートは
かんしゃく起こして勝手にどんどん一人ぼっちになっていくという
なに涙目になってんだこのニートは? バーカバーカ。

・セルフビンタとか、まさに茶番というか。
逆にこれイラつくよな。
(止めてもらえるの前提でやってるのがミエミエというところが。)

・で、このニートも
またころころ機嫌で言うことが変わるんだから…
オメーが最初にぐちゃぐちゃつまらんこと言ったから
こんなことになったんだろーが!?!


++++++++++++++++

閣議前夜編


パターンA
「恩公!」→「過去は過去、もうお前とは会わぬ」→李侍医に診てもらえない→大柱が死んじゃう!

パターンB
「怪我をしているのか」→「かすり傷ですよ」→「じゃ、別に李先生に見せなくてもいいよね、ちょうど帰るところだし」→李侍医に診てもらえない→大柱が死んじゃう!

という流れにならなくてよかった。

・工部の150万両って…
その話、まだ続いてたんかい(^^;
軍は大変なのに
官吏も無給で仕事する羽目になっているのに、
クソ宮廷の修繕費とかのために
いろいろ大事なものを削らないといけないというのは…
な、なんだかなぁぁあぁああ…


++++++++++

閣議当日編

・この鐘突き棒でニートの頭を思いきりガツンとやってやりたいわ。

・高大人www
すごいあてつけがましく「無給で」って言い放ったなw
さすがというか、危ういというか…
一瞬空気がピリッとしたな。

・ニートはすっかり投げやりモードになって
適当にチンチンやってるし…
すげえうぜえ。
頭をガンガンやりたいね。

・趙貞吉は相変わらずそつがないな。
この無茶苦茶な状況でそこまで余剰費用を搾り出すとは…
(一月前に通達を…とかは、もちろん皇上からの突っ込み予防のための方便だよなタブン)

・しかしアホだ。実にアホだ。
必要経費のプライオリティってもんがあるだろうが。
もうこの国は先がないな。
と、こっちまで投げやりになりたくなる気分。

・趙大人、海瑞を問い詰めたってのはウソやろ(^^;
というよりこのへんは大人(おとな)のやりとりということか。

・このニートはなんなんだ?
さるやまのさるでいたいということなのか?
オメーがまず最初にあんなに腹を立ててたのに
他の人が罰すると「なにも罰することないんじゃね?」とか知ったような顔でしゃあしゃあと言い出す。
さっきの斉大柱たちのこともそうだけど。

・一話見ただけでこんなにイライラするとは(^^;
予想以上だゼイ!


・趙大人はまだ入閣してなかったのね。
内閣に抜擢されて感涙。
まぁやっぱりまじめな良い人ではあるんだよ。

・どうも私は
ニートを一介の人間として見ているのがよくないのか。
それでこんなにイラつくのか。
こういう天子はこういう天子だから仕方がないと
思うしかないのかも。


++++++++++++

呂芳と馮保編

・確かにこの5年で
世子に対しての仕込みはばっちりだもんな。
馮保には間違いなく時間が味方についている。

・しかし呂芳って馮保のことをずいぶん見込んでいたんだな~。
この二人から第一話が始まったことを考えるとまた感慨深いよ…
(そういえばあの時も勝手に功を焦って先走った誰かさんが
取り返しのつかない処刑とかをやってしまっていたという、
なんか改めて思い返すと
このドラマでずっと続く空気そのままのことをやっていた。)
(そしてあれを思い出すと、この馮保も決して「白」ではないよなぁ、と
改めて思い出されるのであった。)
(白というのは、例えば黄公公みたいなのは、白、ということね。)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1079-7766da21
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。