上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.03 大明王朝36
んー、、、、
このブログでは各話感想エントリごとにサブタイトルをつけてますけど、
これはオフィシャルなものではなく、
「後で見返したときにわかりやすいように」てことで
あくまで独断と偏見に基づき私Manboが自分で勝手につけてるものです。
DVDのパケ裏に書いてあったりとか、公式サイトに載せられていたりするものとは違います。(そういうものがあればですけど。)
なので、あまりそっくりそのまま参考にはされないほうが良いと思いますが…
(と、誰ともなくつぶやいてみる。)


第三十六集 雷雨の兆し

◎できごと

・皇上は唐突に呂芳退陣を決めたようで、
後釜の陳洪をトップにすえるために
裕王府から馮保を追い出したり
裕王に海瑞の六必居の額を書かせようとしたり
言うことを聞かない鎮撫司の二名をシメさせようとしたりと
実にやることがうざい。

・内閣では予算がただでさえかつかつなのに
工部が宮廷の修繕費とか道観の拡張工事とかの予算を請求してきて
首が回らないどころかガチガチで動かなくなっているかんじ。




◎人物まとめ

++++++<朝廷>+++++++

・嘉靖帝(かせいてい)皇上

・呂芳(りょ・ほう)司礼監 掌印太監
・徐階(じょ・かい)内閣首輔


・裕王(ゆうおう)嘉靖帝の第3子
・李妃(りひ)王妃

・馮保(ひょう・ほ)皇孫のお守り


++++++++++++++

・高拱(こう・きょう)〈字:粛卿〉戸部侍郎?
・張居正(ちょう・きょせい)〈号:太岳〉兵部侍郎?


・趙貞吉(ちょう・ていきつ)〈字:孟静〉戸部主管

・徐璠(じょ・はん)徐階の子、工部侍郎



・陳洪(ちん・こう)司礼監 秉筆太監
・黄錦(こう・きん)司礼監 秉筆太監

・朱七(しゅしち)錦衣衛・北鎮撫司
・斉大柱(せい・たいちゅう)錦衣衛・十三太保



++++++++++++++++

・海瑞(かい・ずい)〈字:汝賢〉〈号:剛峰〉戸部主事
・王用汲(おう・ようきゅう)〈字:潤蓮〉都察院

・李時珍(り・じちん)医師

・譚綸(たん・りん)〈字:子理〉参軍、浙江按察使?




◎かんそう

馮保退場編

・裕王府にやってきた陳洪は
六必居の額の件で来たのかと思ったらいきなり馮保を異動とか言い出したから、
なにこいついきなりフリーダムに??と唖然としたところ、
それは本当に皇上の勅旨だったという斜め下のオチ(^^;
あのニート、3番目とか省略して言うなっつの。
(まあそれで視聴者を謎に包むのが狙いだったんだろうけど。)

・なんでニートは明らかにダメな陳洪を重用するのかな?
いや、重用はしてないか。
指揮系統についてはきっちりやるべきかってことか?
飴と鞭ということで
陳洪を好きにさせてやって飴を与えてやる必要もあるということか?

・まあしかし世子、実にすごい懐きっぷりだな~…
まあ考えてみたらここいらで少し馮保を世子から離しておくのも
良かったかなという気はしないでもない(^^;

・張居正は世子の師傅でもあるのね。

・しかしこのお子様、気に入らない相手を殺せ言ってしまうのは
教育がいろいろまずいのではなかろうか…と危惧されますが(^^;
孫一人だからいろいろ甘やかされてはいるんだろうな~。


+++++++++

財政かつかつ内閣編

・閣老、ほんとおつかれさまです…(^^;

・あ、趙大人、内閣に来てたんですね。
戸部主管…って、それはいいんだけど、
なぜ海瑞の上につけるw
「この二人は相性最悪」って、胡部堂ですらわかってたのに(^^;

・李閣老って前からいた人か?
なんかちらりと名前聞いた記憶はあるが…
(徐階が臨時で内閣官邸に移ったあたりだったかな?)

・徐閣老の息子さんなんてのも出てきて、
で、公の場で父上は止めなさいというのは
物語の最初に厳閣老もやってたやりとりでしたね~。
因果はめぐるというか、感慨深い。

・道観の拡張工事とかw
また余計な無駄遣いをして財政を圧迫しとるんかいw
工部とか一番余分な出費だもんなw
そしてこの状況でそんなヌケたこと言っとるとは、
この息子さんもだいぶぬるいな。
オノレの仕事だけやってりゃいいってスタンスだもんな。これではダメだ。

・ない金を必死でやりくりして、
徐閣老もニート相手にがんばってるんです(^^; >高閣老
趙大人も反論してたけど、徐閣老だけに押し付けるのはよくない。
で、やっぱりそういうバランス感覚はあるのが趙大人。
(まあ師弟だから庇ったってのもあるにはあるだろうけどね。)

・高閣老は前から思ってたけど、海瑞と気が合いそうね。

・うーむ、
張居正と高拱とか、
厳派という敵がいたおかげでなんだかんだで一枚岩だった裕王派も
状況がこうなれば、やっぱりいろいろ不協和音も出てくるわけだよなぁ。


+++++++++++++++++++

不穏なニート編

・ふむ、
馮保を排除して
呂芳をおろして、
世代交代させようとしているということか?
そういうことね。

・しかしまぁ、気分屋のニートの相手はまったく面倒だわ。
やれやれ、今日は八つ当たりモード全開ですか。
呂芳の司礼監掌握っぷりが気に喰わんから八つ当たりですか。
なんなんだろ、ここへ来てこの態度。
明らかに常軌を逸してますね。うざい、実にうざい。

・ああ、老いってこういうことなんだなぁとちょっと納得。
でもうざいw
あと十話、このわがままニートと付き合っていかないといかんのか(^^;
しかも呂公公が退陣したら陳洪時代が来ることだろうし、
ソレもまたストレス値高くなりそうだな~(^^;

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1078-45bc62d7
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。