上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.02 大明王朝34
一年4クールのアニメでいうと第3クールが終わるところ。
「Vガン」でいうとモトラッド艦隊が止まってザンスカールと停戦するあたりです(←わかりにくい例え)


第三十四集 流転

◎できごと

・西苑での捕り物は厳世蕃ではなく高翰文=裕王派側に軍配があがり、
厳派は一気に失脚。
朝廷における勢力図は大幅に塗り替えられた。

・厳父子が去った後も相次ぐ天災等により状況は好転することもなく、嘉靖四十四年。
海瑞は戸部主事として北京に赴任することになった。




◎人物まとめ

++++++<朝廷>+++++++

・嘉靖帝(かせいてい)皇上


++++++<朝廷>裕王派++++++++

・裕王(ゆうおう)嘉靖帝の第3子
・李妃(りひ)王妃
・徐階(じょ・かい)内閣次輔

・高拱(こう・きょう)〈字:粛卿〉戸部侍郎
・張居正(ちょう・きょせい)〈号:太岳〉兵部侍郎


+++++<朝廷>厳派+++++++++

・厳嵩(げん・すう)内閣首輔

・厳世蕃(げん・せいばん)〈号:東楼〉吏部工部侍郎
・羅龍文(ら・りゅうぶん)通政使
・鄢懋卿(えん・ぼうけい)刑部侍郎


+++++<朝廷>宦官+++++++++

・呂芳(りょ・ほう)司礼監 掌印太監

・陳洪(ちん・こう)司礼監 秉筆太監
・黄錦(こう・きん)司礼監 秉筆太監

・馮保(ひょう・ほ)東廠提督 太監


+++++<浙江>++++++

・胡宗憲(こ・そうけん)〈字:汝貞〉浙直総督
・戚継光(せき・けいこう)〈字:元敬〉台州将軍
・斉大柱(せい・たいちゅう)戚継光配下の百戸長

・李時珍(り・じちん)医師

・譚綸(たん・りん)〈字:子理〉参軍、浙江按察使
・趙貞吉(ちょう・ていきつ)〈字:孟静〉浙江巡撫

・海瑞(かい・ずい)〈字:汝賢〉〈号:剛峰〉淳安知県
・王用汲(おう・ようきゅう)〈字:潤蓮〉建徳知県

・朱七(しゅしち)錦衣衛

・田有禄(でん・ゆうろく)淳安県丞

・高翰文(こう・かんぶん)翰林院
・芸娘(うんじょう)高翰文の妻




◎かんそう

西苑どんでん返し編

・本来、高翰文は厳世蕃が推挙して取り立てられたんだから
もうちょっと敬意を払われていても決しておかしくないはずなんだが、
どうにもそれとは正反対になっているというのは
ひとえに小閣老の器の小ささゆえなんだろうな。
人望のなさが出まくり。

・前回から引っ張るだけ引っ張っていた割に、
けっこうあっさりと厳世蕃一味を捕らえる方向に…
皇上、これはあえて目的を伏せておいて、あぶり出しにかかったということか。

結局、いろいろ右往左往したものの、
皇上の手の平の上だったということでもある。

・七爺はあいかわらず美味しいとこ持ってくな~。

・そして小閣老、
相変わらず引き際をわきまえない男。

・また突然武侠ものみたいなアクションをして輿を爆散させる七爺w
だーから、これまじめなドラマなんだから、そういうのはやったらだめだってw
せっかくかつての上司・沈大人の報仇とかいい話してたはずなのに(^^;

・高翰文は勘当されちゃってたのか…
また巡り巡って浙江へ戻るのか。感慨深いな。

・こんな朝廷のメインストリームの流れに
主人公のはずの海瑞は直接は関わっていないというのがまた、
やはりこのドラマらしい。


+++++++++++++++

さらばおじじ編

・厳嵩→徐階へ
手渡される役割。
これで世代交代か…

・年始のお漬物とか、
そう、基本的にはものすごく行き届いたおじじなんだよな。

・悪は倒れた!
というわけにもいかないのだ。
こっちは厳おじじのほうにも感情移入しちゃってるからね…
そんな額などかけられんとか、
やっぱり斜陽というのは見ていてつらいわ。

・つらいといえば、
「平民はつらいな、正月を楽しみに一年暮らしているのに
正月はすぐに過ぎ去っていく(キリッ」とか、
はいはい、ニートやってて毎日がお正月休みの人は言うことがちがいますねw

・ああ厳おじじ、
関係ない者まで一緒に処分しないでくださいとお願いするとか
なんて去り際まで弁えているのか…
というかほんとどうしてこうなったのか…

・案の定、内閣は醜い罵り合いになってるw
結局厳嵩ひとりいなくなって、
なにかが劇的に変わるというわけでもないのだよな。

そして高拱も見てないでその醜い争いを止めなさいと(^^;
でも止めないところが、歪みなんだろうな。

・皇上はなんだかんだでやっぱ基本的にはおじじが好きなんだよな~。

・「六心居」の店号にまでいきなりいちゃもん付け出す人…
ニートのごきげんうかがいに付き合わされる徐閣老の
今後のご苦労がしのばれるわ(^^;


++++++++++++

最終章開幕編

・えっ、海瑞さん結局戸部主事になったん?(^^;
状況がまた変わったのか…
まあこの辺については次回フォローされることと思うが。

三年が経過して
いよいよ物語は最終幕へ…てとこか。
ここまで長かったけど、描かれるべきものは描かれた。
あとは進むだけだ。



というと、もうあとちょっとで終わりそうだけど、
実はまだあと十二集も残ってるんだよな(^^;

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1076-75539c76
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。