上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.16 大明王朝31
この調子で行くと、今月中には終わるかな?
(とか言ってると終わらなさそうだけど。)


第三十一集 悪意の矛先

◎できごと

・胡宗憲と面会した海瑞は
胡宗憲に反対されながらも、改めて分宜知県への転任を要望した。

・斉大柱は朱七ら勅使によって逮捕され、北京へ連行された。

・王用汲は譚綸の助言を受け、斉大柱の冤罪を晴らすべく
斉大柱の妻と芸娘を伴い北京の兵部へとやってきた。

・鄢懋卿が浙江から塩税を持ち帰ったが、
淳安についてはノータッチだった。




◎人物まとめ

++++++<朝廷>+++++++

・嘉靖帝(かせいてい)皇上


++++++<朝廷>裕王派++++++++

・裕王(ゆうおう)嘉靖帝の第3子
・李妃(りひ)王妃
・徐階(じょ・かい)内閣次輔

・高拱(こう・きょう)〈字:粛卿〉戸部侍郎
・張居正(ちょう・きょせい)〈号:太岳〉兵部侍郎


+++++<朝廷>厳派+++++++++

・厳嵩(げん・すう)内閣首輔

・厳世蕃(げん・せいばん)〈号:東楼〉吏部工部侍郎
・羅龍文(ら・りゅうぶん)通政使
・鄢懋卿(えん・ぼうけい)刑部侍郎


+++++<朝廷>宦官+++++++++

・呂芳(りょ・ほう)司礼監 掌印太監

・陳洪(ちん・こう)司礼監 秉筆太監
・黄錦(こう・きん)司礼監 秉筆太監

・馮保(ひょう・ほ)東廠提督 太監


+++++<浙江>++++++

・胡宗憲(こ・そうけん)〈字:汝貞〉浙直総督
・戚継光(せき・けいこう)〈字:元敬〉台州将軍
・斉大柱(せい・たいちゅう)戚継光配下の百戸長

・李時珍(り・じちん)医師

・譚綸(たん・りん)〈字:子理〉参軍、浙江按察使
・趙貞吉(ちょう・ていきつ)〈字:孟静〉浙江巡撫

・海瑞(かい・ずい)〈字:汝賢〉〈号:剛峰〉淳安知県
・王用汲(おう・ようきゅう)〈字:潤蓮〉建徳知県

・朱七(しゅしち)錦衣衛

・田有禄(でん・ゆうろく)淳安県丞


・高翰文(こう・かんぶん)もと杭州知府
・芸娘(うんじょう)もと妓女




◎かんそう

アットホーム編

・家族ぐるみでお付き合いの海家と斉家。
ああなんか和むな~こういうひととき。

・このあいだの「胡公子」は本物だったらしい。
というか結局田有禄、なんだかんだでいちおう仕事はちゃんとやってたのねw

・斉大柱(の中の人)、
すごいムキムキだ…
張衡平(魯長老の中の人)といい、あっちの演員さんってこんなハイスペックが多いのか?

・そうなんだ。
結局今回海瑞がやったことというのも、
誰かの手の平の上のことではあった。
だからこそ、ほんとに一人じゃどうしようもないという
胡部堂の苦言もそのとおりだとは思うんだけど…
海瑞は海瑞で、またほんとガンコ者だからね(^^;


++++++++

船の上の密会編

・斉大柱が呼びつけられて、
で、「ちょっと脱いでみろ」って、、、
え?
どういう展開?
朱七さんってそういう人??



結局、脱がしたことに特に意味はなかったみたいですが(笑)
なんだったんだ(笑)
お互いにマッスル自慢大会?


+++++++++

王用汲×譚綸編

・そういえば王潤蓮って譚子理と同期だったっけ。
道理で馴れ馴れしい感じで話してたわけだ。

・王潤蓮、
紫の官服ってことは、ランクアップしたんか?

・そして譚子理は、趙巡撫ともども
錦衣衛の動きについては掴んでいたんだけど、
しかし錦衣衛(=勅旨)相手ではどうしようもないんだよな。

・皇上としては、
鄢懋卿が持ってくる塩税というのが必要だから、
厳嵩の言い分を一部認めてやる必要もあったということでもあるのね。

・てなわけで、
裕王としても表立っては動けないので、
王潤蓮と斉大柱の妻が北京へ行くことになった。

・え? なに? 高翰文ったら、けっきょく芸娘を娶るんかいw
しかし芸娘の複雑な立場を考えると、話はそうカンタンでもないような…
と思ったら、司礼監の手形があれば無敵なのね。
芸娘もまたずいぶんと数奇な運命をたどっているよなー。


+++++++++++++++

北鎮撫司編

・七爺、人望あるのね。
(確かに気さくで、しかもデキる人だからな。)
そして人情派。
七爺株がなにげに結構高い。

・うーん、そうだよな~。
うかつに斉大柱をつついても
兵部にはちゃんと論功行賞の記録があるんだから
そこ持ち出されたら一発アウトではなかろうか…>少閣老
と改めて思った。


+++++++++++++

厳府編

・おじじ、
また老けましたねぇ。

・塩税取ってきたと思ったら、
おいw
また裏金あるんかいw
金がないとかいいつつ、あるところにはちゃんとあるのか…

・330万両のうち100万両の裏金、
皇上への帳簿には書いたらしいが。。。

・あらすじにも書いたけど、
鄢懋卿、結局淳安は行かなかったのねw
それで話が騒がしくならなかったんだ。
(淳安に来てたら、姓海的がまた大騒ぎして大変なことになってただろうねw)
でも結果的には、淳安はスルーしておいて正解ではなかろうか。
免税の上奏とか言ってるんだから。

・世蕃がちゃがちゃとうるさいな。(と、おじじも思っている。)
で、鄢懋卿がご機嫌取りに成功している。
それもちょっと気に入らないっぽい。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1071-9f19187f
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。