上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.01 呂布与貂蝉06
このドラマ、OPとEDはあんまりいまいちな感じです。
というか逆説的に、この前まで観てた「絲路豪侠(シルクロード豪侠)」のOP/EDって
映像と音楽の切り替えテンポがすごくうまい、良いOP/EDだったんだな~などと
改めて実感してしまうのでした。


第六集 格闘
 
◎できごと

・格闘場で王寇と対戦した布(ブ)は結果的に王寇を惨殺してしまい
格闘士たちから命を狙われることになったが、
張遼の手引き(?)で逃げ出した。




◎かんそう

・張遼は良い意味で頭の悪いキャラ。

・「ブ」って「布」かいな…
そもそも最初の起源は「不」だったんだけど、
格闘場へ来て、適当に字を充てたってところかね。

・後輩思いの張力さん。
かつて黄巾党だった過去が明かされたが…
しかしあの回想、味方に殺られたのか??
(まだ伏線小出しの段階だ。)

・前回「李公子」だと思ってた病弱男って陳宮だったらしい。
演義では陳宮結構好きなキャラなんだけど、これは…
まあ別物だってのは最初から織り込み済みだからいいんだけどね。

・どこのローマやねん

と突っ込まずにはおれない格闘場。

・「あれは何という男だ?」って、
大人、みんながさっきから張遼コールしとりますやん…

・格闘のかの字も知らん布がいきなり出たところで、
まあ追い詰められて獣モードになっちゃうのは予想通りだわな。
そしてそうなれば並みの相手じゃ敵わないわけで、
獣っぷりに丁大人含め一同ドン引きしている中で
一人萌え上がっちゃってる馬鹿に笑わせていただきました。
やっぱこういうキャラはポジション的においしいなw

+++++++++++++++++++++

・李粛のやつ、前回陳宮のすすめで布と仲良くなる作戦にしたのかと思ったら、
なんか結局布をおだてすかして
格闘場でこらしめようと考えたってだけだったのね。
で、布のほうはそんな思惑も知らずに
格闘士になるというモチベーションを持った、と。

・李彪(オッサン)はここの元締めというわけではなくて、
ただの会計係だった、と。
で、李粛は李彪の息子で
格闘場のボスは暁顔で陳宮がたぶんその子供で、
暁顔の姉が丁原の妻、と。
ややこしいけどまあ今回でいちおう一通り把握はできた。

・布を殺そうと暴走しそうな格闘士たちを制止する場面で
張力の本気を見れるかと思ったんだけど、
肩透かしだった。

・いきなり李粛に実力行使をしかける張遼のキケン人物っぷりにワロタ。
こういう行動的なキャラは話を前に転がしてくれるのでやっぱ楽しい。

・そして布のほうもぜんぜん理屈通じないので、
話が無茶苦茶に進んでいくのがある意味楽しいな。

・あー、いちおう猟師と一緒に育ったブだから、罠もわかるんだよな。
これはちょっとうまい仕込み。
(でも誰が仕掛けたんだろうか。逃亡阻止用ってこと?)

・すっかり布にホの字の張力…

という三角関係が…
いや、張遼も加えて
暁顔 → 張力 → ブ ← 張遼
という四角か…

++++++++++++++++

・李彪の人、どっかで見たと思ったら…

ああ!
東周列国(戦国)の呂不韋か!
…というか後で知ったんだけど、この人、
同じ「戦国」の笵雎編で敵役の魏斉をやったりもしてたんだな…





◎人物まとめ(主に新規)

・暁顔(ぎょうがん)格闘場の元締め

張力に気があるらしい。
人間的には普通にできた人のようです。


・丁原(てい・げん)刺史上官

で、そのお姉さんのダンナがこの人。
格闘場で見所のあるやつをピックアップして取り立ててやっているらしい。
今回は王寇めあてで来たんだけど
見所のありそうだった張遼からはアウトオブ眼中だし、
王寇は布にこてんぱんにやられてしまうしで
いろいろざんねんな感じになってしまった。
 

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1037-67354ffb
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。