上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.25 呂布与貂蝉02
1話45分という分量がそれほど苦にならなくなっているというか、
体感的に早い気がする。
案外さくさく行けそうだな。


第二集 朋友
◎できごと
・貂蝉は姿を消し、野生児(後の呂布である)はいろいろあって
死体漁りの猟師・侯に身柄を確保されている。

・董卓は盧植を捕まえて
黄巾党討伐の手柄を横取りしてしまった。





◎人物まとめ

・野生児(やせいじ)後の呂布である
いろいろあって猟犬になった。
中のお子様はなかなか良いと思う。
まあまるっきり完全に野生児っぽい獰猛さとか粗野っぷりというのを
演技で見せてくれというのも高すぎる期待なので、
さすがにそこまでは要求しませんよ。



・劉備&関羽&張飛(りゅうび/かんう/ちょうひ)3馬鹿
劉備→いきなり死にかける
関羽→子供相手に大人気ない
張飛→喋り方がやっぱウゼーw



・馬元義(ば・げんぎ)元・黄巾党
死んだと思ったら生きてた。
野生児の下から貂蝉を連れ去ったのはこの人?



・心(しん)墨家
これまた子供相手に大人気ない人。
しかも結局なんだかんだで見逃すんかい(^^;
まさか一番「それはベタだからないやろ」と思った展開を行くとはw



・董卓(とう・たく)西涼出身

これはよい快活林の元締めですね。
いきなり実力行使で盧植を蹴り倒しちゃったり、
しかも手柄を奪うぞとか堂々と自分で宣言しちゃってるし。
自分を刺してみせた野生児への対応とか、
大人物なんだかそうじゃないんだかわからんが、
ともかく小物ではないのは確かだ。



・盧植(ろ・しょく)将軍

このぱっとしない顔の人は盧植だったのね。
文字通りに董卓に蹴り落とされたので(笑)
これで出番は終わりっぽい。



・袁術(えん・じゅつ)将軍

とりあえず関係者を名前だけ並べておこうといった具合でしょうか。
それにしても似たような顔&格好が多いので
識別になかなか苦労しそうだ…



・牛輔(ぎゅう・ほ)董卓配下

なんで女の子を抱いた子供が行軍中の兵士の中に混じってるんだw
と最初は突っ込んだが、
まあ董卓の娘のお守り…ということでいちおう説明はされた。
子供にしては高手だが、大人気ない関羽には倒された。
しかしお嬢様を泣かせた罰でドゲシと野生児を蹴り倒して、で、そのまま放置というのは…(^^;



・侯成(こう・せい)猟師の息子

いろいろアレな父ちゃんに育てられている息子。
野生児を拾って友達になろうとお持ち帰りした。
まあしかし犬猫ハムスターじゃないんだから
父さんにナイショにってわけにもいかんよな(^^;



・侯老大(こうのおやじ)猟師

死体漁りのオッサン。
侯成曰くこの人の父はちゃんとした猟師だったらしいが、
このオッサンはどう見てもそうではないみたい。
わんこは大猛というシェパード犬で、早くもお亡くなりになった。
というか他にも野生のシェパード犬がいたりして、
いったい中国大陸にはいつ頃からシェパード犬がいたのだろうか?という突っ込みもしたくなるが、
そもそもこのドラマにおいてはその程度、突っ込むに値しない事項というか
逆にこうでなくては的なところもあるので、没問題だ。




◎かんそう

・なんだかんだで結構テンポ良く話が進んでいる気はする。

・その赤ん坊、生まれてからまだ何も飲み食いしてないと思うんですが…
その辺は普通の赤ん坊じゃないからいいのか。

・侯のオトンの囮作戦に爆笑。
なんかいそいそと息子を縛りだしたかと思えば、
くそ真面目にそういうことをやっているのが不条理ギャグの世界だ。

・しかし殺伐とした世界というか、生い立ちだよな。
こういうことをやって生まれ育っていれば、
人間性というものもないわけで、
(だからこそ、後にそれを与えてくれる相手に
心を大きく奪われることになるんだろうな、ということも想像される。)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1033-666c1c61
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。