上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.15 絲路豪侠05
人物別で書くのって、
鑑賞中にメモった内容を一度整理しないといけないので、
感想記事書くのに手間がかかるんだよな。
一方、普通に時系列順にまとめていくだけだと、
走り書きを補足&訂正&肉付けしていくだけだから、労力的には楽。

ただし、
一話の中で状況がダイナミックに動きまくる場合は
後者のような順番まとめ方式のほうがうまくいくんだけど、
そうじゃなくて、あんまり動かない場合(場面がぽこぽこ動いていかない場合)は
人物別にまとめて感想書いたほうが、収まりがいい。
なかなか面倒なものです。


第五集 南天星の褒美

◎できごと

・十二旗の面々が続々と葡萄城に集結するかたわらで
それを狙った呪奴の策謀も進行中。虎哥がピンチだ。

・燕逍遥は南天星から瑪瑙を押し付けられたり
飛駝商隊にケンカ売ったり
昔の思い出に浸ったりしている。




◎人物まとめ
飛駝商隊

・刀爺(とうや/「刀のだんな」的な?)飛駝商隊の総元締め

・劉歓(りゅう・かん)堂主
・謝堂主(しゃ どうしゅ)堂主


・白玉虎(はく・ぎょくこ)第二旗、萬里黄沙

双鞭使い。双鞭って殺陣に特徴があるので結構好きだ。
すごく気のいい好漢っぽいんだけど、
今回は燕逍遥には因縁つけられるわ
呪奴には拉致されるわでさんざんだった。


・柳銀龍(りゅう・ぎんりゅう)第三旗
第一集でも出てた、このちょっと眉毛のうすい男が第三旗の柳銀龍だった。
いろいろパズルのピースが型にはまってきたようなかんじだ。
鳳娘に対して密かに一方的な恋心を抱いている模様。


・藍雕(らん・ちょう)第九旗
これが藍雕ということは第一集の時からわかっていたが、第九旗だったことがわかった。
現在は龍哥&鳳娘と一緒に葡萄城城下にいる。


・邱麟(きゅう・りん)第十旗


・金鳳(きん・ほう)第?旗

玉羅刹の異名を持つ。
十二旗の中で女性は二人だけみたい。鉤槍を使う。


・葉亀(よう・き)第?旗
名前だけ出てきた。
十二旗の中のもう一人のナオン。


・池彪(ち・ひょう)元・飛彪旗旗主
・池千里(ち・せんり)池彪の父。故人。



+++++++++++++++++++++++++++++

呪奴
・天琴娘子(てんきん・にゃんつ)総護法


・百花(ひゃくか)羅漢
総護法の姐姐を差し置いていろいろ派手に動いており、
白玉虎をRACHIした。
あと萬金公子相手にやっぱ何か疑惑があるみたいだな。


・ダーカ

・アイマン

いちいちこの辺の連中の名前まで押さえておかなくてもいい気もするが…
呪奴って本拠地は天竺だそうで、
やっぱりそっち系だから、構成員の内訳も、中原とは一風変わってるんだよな。


・萬金(ばん・きん)公子

・東天王(とうてんおう)


+++++++++++++++++++++++++++++

洛陽
・皇帝皇帝陛下
・班勇(はん・ゆう)将軍
・張郎(ちょう・ろう)敦煌太守
・謝司寇(しゃ しこう)司寇


・南天星(なんてんせい)魔剣玉侯
腹芸の南天星と、それに付き合うのが面倒な燕逍遥という構図が面白かった。
侯爺、瑪瑙を使って燕逍遥を縛ろうとしているのか?


・瑪瑙(めのう)南天星の部下
おにゃのこ二人はてっきり侯爺のボンドガール的な存在なのかと思ったら、
そうでもなかったという。
すっかり燕大侠にデレておると思ったら
そのまま流れで押しかけ奴婢になったのにはウケました。


・翡翠(ひすい)南天星の部下
・安順(あん・じゅん)南天星の部下



+++++++++++++++++++++++++++++

・土笛じいさん(仮)
名前も知らない謎のおじさん。
いい加減、適当に偽名でも何でもいいから
呼び名くらいだしてくれてもバチは当たらんと思うが…


・燕逍遥(えん・しょうよう)殺手
現在、いろんなイベントの中心にいる人物になっている。
侯爺の思惑に困惑気味だったりするかと思えば
なんかいきなり積極的に飛駝商隊側にアクションをしかけているぞ。
しかし、白玉虎に近づいたのは
最初からけんかを売るためという魂胆があったようだが、
それは何のためだ?




◎かんそう

・飛駝商隊の面々のリアクションを見て納得したけど、
そうか、そういや燕逍遥って、江湖的な公には、無名なんだよな。
でも殺手としてはそれで正解だと思う。
しかし、その割には依頼の内容が刀爺暗殺というのが
みんなにモロバレというのは…(^^;

・「♪ちゃ~
ちゃ~ ら~ ちゃ~ ちゃ~
ちゃ~ ら~ ちゃ~ ちゃ~
(ラクダの鐘の音がカラカラカラ)」
この劇伴曲、無節操に使いすぎな気が(^^;
マッタリ系なので眠くなってきちゃうよ。
あいかわらず音楽の使い方が一本調子でヘタだ。

・刀爺がこれだけ大々的に旗主たちを召集することって、
普通はないことなのね。
(ふだんはみんなそれぞれ仕事があるわけだから、当然といえばそうだ。)
その目的は、呪奴へ総攻撃を仕掛けるため??
はたまた…

・燕逍遥が白玉虎にいきなりけんかを挑んだ意図は不明だが、
それはそれとして、おめーら普通に酒場で暴れるなよw
ほんと、江湖の人間って…(^^;

・なんだかんだで結局は瑪瑙に甘い燕逍遥だったが、
奴婢待遇が変わってないのにワロタw
まあ燕逍遥的には、こういう(瑪瑙のほうが自分から卑下しているのが)のは
気に喰わんのだろうな、というのは、よくわかる。

・変面ネタ、やりすぎると画面に映ってることが当てにならなくなるという諸刃の剣だからな…
節度を守って使っていただきたいものです。

・最後に燕逍遥が来ていた水場は
天琴娘子との思い出プレイスなのだろうか??
虎哥の運命も気になるが… 次回を待て、だな。
最近結構次回予告が楽しみになってる。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1011-5f48fece
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。