上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.13 絲路豪侠04
久しぶりに良い天気の週末なので、センタクして午前中からドラマ鑑賞としゃれ込む。
やっぱ午前中の時間ってすごく有効だな。


第四集 過去の影

◎できごと

・呪奴と南天星のごたごたに巻き込まれた燕逍遥かと思ったら
両者は結託している?という疑惑も出てきたり来なかったりしつつ、
さらに燕逍遥と天琴娘子が昔恋人同士だったことも発覚したりして、
各人の思惑が水面下でいろいろ渦巻いている。




◎人物まとめ
飛駝商隊

・刀爺(とうや/「刀のだんな」的な?)飛駝商隊の総元締め

・劉歓(りゅう・かん)堂主
・藍雕(らん・ちょう)飛雕旗旗主
・謝堂主(しゃ どうしゅ)堂主

・白玉虎(はく・ぎょくこ)第二旗
萬里黄沙の異名を持つらしい。

・柳銀龍(りゅう・ぎんりゅう)第三旗
・邱麟(きゅう・りん)第十旗


・池彪(ち・ひょう)元・飛彪旗旗主
・池千里(ち・せんり)池彪の父。故人。



+++++++++++++++++++++++++++++

呪奴
・天琴娘子(てんきん・にゃんつ)総護法
燕逍遥と因縁があったことが明らかになった。
最初の回想では、別に付き合ってたとかじゃなくて、
たまたま助けられて、一目惚れして、それだけ?みたいな、
あこがれの部活の先輩(でも結局告白できずに片思い)とか
そんなレベルじゃないですか(^^;
と思いかけたが、さすがにそれだけではなく、ちゃんとその後もあったので安心した。
昔の男と組織のリーダーという立場の間で挟まれるという、お約束なわけですね。


・百花(ひゃくか)羅漢
で、その下から隙をうかがう百花と。
表面上取り繕ってはいる姐姐をちくちくと突く様子がなかなかイヤらしくてよろしい。
顔的に今のところ劇中キャラで一番好みというのもあるのか、
燕逍遥と付かず離れずのヤンデレ気味な悪女っぷりが好いです。
あとさすがに羅漢の位を授かるくらいということなのか、
強かった。


・ダーカ

天琴娘子の配下。
「首領を疑うという禁忌を犯したので死にます!(キリッ」ってやったのに
なかなか総護法が止めてくれないから、しばらく硬直してる様子に
なんだか生温かい笑みが浮かんできてしまいました。


・東天王(とうてんおう)
・萬金(ばん・きん)公子



+++++++++++++++++++++++++++++

洛陽
・皇帝皇帝陛下
・班勇(はん・ゆう)将軍
・張郎(ちょう・ろう)敦煌太守


・謝司寇(しゃ しこう)司寇
燕逍遥にふられたのを根に持っているようで、
西域まではるばるストーキング中。


・南天星(なんてんせい)魔剣玉侯
侯爺は先帝の密命を受けて、西域に呪奴の偵察にきていたらしい。
しかしあいかわらずなんか臭いというか、
今回の瑪瑙拉致事件も、あとで燕逍遥&オッサンが話してたけど、
結果的に義理堅さを逆手に取られて
まんまと巻き込まれたような気もするんだよな…


・瑪瑙(めのう)南天星の部下
燕逍遥との間にフラグが立っているようです。
というか予告、わけのわからんことになっとるぞ(笑)
そろそろ人物模様が把握できてきたということもあって、
予告が予告としてちゃんと機能し始めている気がする。


・翡翠(ひすい)南天星の部下
侯爺に秘密の告白をされて忠誠心アップ…してるんだが、
やっぱなんか、基本的にあっちからは道具としてしか見られていないような気もする。
なんとなくだけど。


・安順(あん・じゅん)南天星の部下
侯爺の西域入りの真相を知っているのはこの人のみだというよーな話が
会話に出ていたが、
安順って、あの侯爺の執事のひげのオッサンだよな?



+++++++++++++++++++++++++++++

・土笛じいさん(仮)
あいかわらず神出鬼没だなこの人は(^^;
あんたもよくよくヒマ人やな(^^;
かいがいしいというかなんというか…
この二人、実は親子とかいうオチはないだろうな?


・燕逍遥(えん・しょうよう)殺手
仏頂面で無愛想だけどやることはちゃんとやる感じの主人公。
しかし威勢良く戦うものの毒にやられることが多い(^^;
あと女性キャラからはほぼ好かれている気がするが、
そのへんは武侠ものということで。
(まあ実際イケメンだしね。)




◎かんそう

・最初の総護法の回想、
道を歩いてる人たちのヘンテコな冠が気になった。
いくら漢代だからって、町中をそんな変な冠かぶって歩いてるもんだろうか?(^^;

・ああ、そういえば燕逍遥の黒馬、
前回、食堂で毒で倒れた時に置いてきちゃったんだっけ。
さりげなさすぎて忘れていた。

・今はみんな同じ城内に来ているので、
酒場でばったり出くわしたとしても
別に武侠ドラマ的偶然の偏りというわけではないのだよな。

・呪奴は毒使いメインなのね。
コレなかなか厄介だよな…
タイマンで戦闘中ならともかく、
横槍で入れられると、今のところかなりの確率で食らってる気がする。

・砂漠をさまよう二人、
いや、確かに燕逍遥は意地っ張りだが、
瑪瑙も瑪瑙で馬をほっぽり出しちゃったらダメでしょ(^^;
馬があればまだ二人で乗れたし、食料&水分にもなっただろうに…

・回想シーンを見る限りでは
燕逍遥と天琴娘子の過去というのは
愛が冷めたとかいうわけではなく、
お互いの気持ちの行き違いだったみたい。

・謝司寇が役所に殴りこんで、
それはいいんですけど、
なんでそこでカット入れて場面を砂漠に変えますか??
この場面をいちいち切る意味がわからない…
全部がダメダメというわけではないんだけど、
こういうところの構成がダメなんだな、このドラマは。

・飛駝商隊とか呪奴とか、いろいろ入り乱れて混沌としてきた。
土笛じいさんや燕逍遥の推察するように、呪奴と南天星がぐるということなのか??
はたまた????

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/1010-bb819ba5
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。