上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.25 七剣下天山32
気がついたらこれで100エントリー目だった。
 
 
第三十二集 杭州風暴


第三十二集 杭州風暴

・今回は濃かった。

・ついに赤ちゃんが生まれて
宝珠と名付けられた。娘だ。

・赤ちゃんが生まれたのはいいけど
親王との結婚を目前にした明慧は雲驄への想いに耐えられず自殺しようとしたら
運良く昭南に救われて
さらに紐枯魯一味にさらわれてしまった。
マヌケの紐枯魯は明慧の素性に気がついておらず
単純に七剣抹殺のための餌として明慧を使うつもりだ。

・そんなわけで大師兄はほんとうにひさしぶりに
他のみんなと再会した。
なんか郁芳は未だに大師兄にあこがれていたらしい。
でもはっきりと大師兄の口から郁芳は妹だと告げられた。
穆郎としてはガーン大ショックという感じだ。
最終決戦を前にしてみんなの胸中はむちゃくちゃだ。

・雲驄もせっかく劉頭領その他と再会したのは良いのだけど
明慧の一件があったからすっかりうわのそらだし…(笑)

・つーか、砂漠から戻って以来
雲驄はやたらと金回りが良くなってるのなんでだろう?@@

・あと大師兄がギャル関係で寄り道してたおかげで
郁芳の治りが遅くなった件が突っ込まれた(笑)
まさか本当に劇中で突っ込みが入るとは思いませんでした。
さすがにこの事実の発覚にはショックを受ける昭南なのであった。

・そして産まれた赤ちゃんを郁芳に託すはずだった産婆(凱娘とかいったか)は
腹を立てた納蘭アマにSATSUGAIされた。
さらにその赤子を飛紅巾が連れ去った。

・さすがにこの辺まで来ると
雲驄も明らかに昭南の弟分というよりは
割と対等な感じで話しているという変化が見受けられるね。

・あと何話か前でもちらっと親王が言及していたが、
「戦いを止める」約束を親王が守る気がないということは
明慧の自己犠牲の意味がなくなるということであり、
要するにありていにいうと敵味方の相互共存とかそういうのはうっちゃって
最終的に悪い奴は親王!という
割と一元的な構図に帰着するのかなーという感じはしてきた。



-------------------
(10/11/24 追記)
・ついに赤子が産まれる。
陣痛の中、かつてを思い出す明慧。
なんとも印象的なカットだ。

・雲驄もついに杭州入り。
いよいよキャストが揃ってきた。

・いや~、ほんと実に久しぶりの再会なんだよな~>武荘組と雲驄

・産まれたばかりの赤子を雲驄に託して別れて
自分は取り決め通り王爺に嫁ぐ。
結局、
宝珠も
納蘭阿瑪も
みんなにとって最大公約数的な幸せとしては
この形しかないのか。

そんなやるせない話ってないよね。
そりゃ、雲驄に言っちゃうよね郁芳も。

・そこで飛紅巾が宝珠を奪っていくとは
まったくなんとも絡まりあってるよな~(^^;

・自信満々、濡れ衣も晴れてすっきり。
堂々たる天山剣客の二番弟子として帰還したこの人が、
まさかこの短い時間でこんなド転落するとは(^^;
誰が想像つくだろうか(^^;
この場で真相を知るただ一人の郁芳も困ってしまうってものだ(^^;

++++++++++++++++

・そして昭南も杭州入りしていた。

・「明慧は俺の女だ」とか
言ってみせる吹っ切れた雲驄がすてきです。

・明慧は
戦いを終わらせるという理想のために
自分を犠牲にしようとしているが、
それってこの女性一人の細い肩にとっては重すぎるのではないか?とも感じられる。
雲驄との出会いを避けて死を選ぼうとまでした様子に
それが垣間見える気もする。

・とうぜん
杭州に入った昭南のこともマークされていた…ということらしい。
書き置きの大まかな内容は
「楚昭南おまえのおんなはあずかった
かえしてほしくば明日の正午
東稜閣へ剣を持ってこい」
みたいなかんじ。
紐枯魯さんったらきたない、さすが元十二護衛きたない

+++++++++++++

・郁芳と楚昭南、
いや、マジひさしぶりすぎる再会だな~(^^;
すっかり恋する少女に戻ってる郁芳が
微笑ましいな(^^;

・というか七剣がこれだけ揃ったこと自体が
えらいひさしぶりだ。

・二師兄の事情を汲んで、中立的な立場から迷わずきちんと味方できる。
志邦はいいやつだ。
こういう志邦がいま総舵主をやっているというので、安心感がある。

・別働隊だったから
郁芳の病気のことを知らない元英。
細かいことだけど、そして当たり前のことだけど、
こういう描写は丁寧なんだよな。

・てか、そういえば穆郎しか知らなかったっけ。
志邦も知らなかったな。
まあ知ってたら一目散に心配して他のこと手に付かなくなりそうだし。

・緑珠を助けて、無事薬を持ち帰って郁芳も助けたはずだった。しかし…
自分が正しいと思っていたこと
成功したと思っていたことが
実はまるで駄目だった。
がくぜんとする昭南。
瓦解する自信。

・いや~、ほんと風が吹き荒れてますな~(^^;
とりあえず五剣は一致団結しているっぽいのは救いだけど。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/100-57368e9d
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。