上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.16 七剣下天山00
七剣下天山
梁羽生原作
2005年・北京慈文影視製作有限公司製作の武侠ドラマ
(…で、あってるか?)
1話45分の全39話

時は十七世紀
女真族の清王朝が興って間もない頃
清は漢民族の力を殺ぐため武術の修得をご法度とし、人々を弾圧する。
そんな中で、清に立ち向かう七人の剣士の戦いを描いた話。

聞いた話ではだいぶ原作からアレンジされているというか
原作を噛み砕いて再構成したとか
まあともかくそんな感じのようです。続編も現在製作中らしい。
「笑傲江湖」が終わって次は何を観ようかいろいろ迷っていたのですが、
時節ものの「連城訣」はなんだか話の内容というか雰囲気的に
やや笑傲江湖と被る部分がありそうな気がしたし
(主人公がさんざん不幸な目にあうというアレ)、
「天龍八部」もスッキリ系の話ではなさそうなので今はパスしたい気分。
てなわけで以前から評判を聞いていた
この「七剣下天山」を観ることにしました。
というか、このドラマ自体も設定からすでにわかる通り
シリアスで重たいもののようなんですが、
まあたまにはソレも良いかなと。
直接の動機づけとなったのはやはり
このドラマでメインキャラクターの一人を演じている
于承恵老前輩であることは言うまでもありません(笑)
(説明不要とは思いますが、「笑傲江湖」の風清揚や
「神雕侠侶」の黄薬師や「連城訣」の梅念笙の中の人ね)


初見時の簡単な感想&覚え書きをリアルタイムで鑑賞しつつ書きました。
鑑賞は日本語字幕DVD、
当然のことながら各話の感想にはネタバレが含まれます。
(ただし、その回より先の内容については原則としてネタバレしていません。)
以下各話目次へ↓
----------------------------
第一集 天山剣客
第二集 天地正气
第三集 莫問前史

第四集 七剣
第五集 決戦博野
第六集 郁芳中毒

まめちしき ~人称について

第七集 青干本色
第八集 穆郎的血
第九集 競星梦魘

第十集 悲情由龍
第十一集 緑珠無情
第十二集 由龍惊梦

第十三集 舎神出動
第十四集 郁芳婚礼
第十五集 沙漠之鷹

第十六集 飛影赤巾
第十七集 大漠謎情
第十八集 由龍青干

第十九集 侠骨柔情
第二十集 納蘭明慧
第二十一集 乱世儿女

第二十二集 止戦之殤
第二十三集 鉄血丹心
第二十四集 京城侠影

第二十五集 多格多争覇
第二十六集 十日圍城
第二十七集 龍虎会

第二十八集 聚義風雲
第二十九集 桔園之迷
第三十集 舎神日月

第三十一集 舵主韓志邦
第三十二集 杭州風暴
第三十三集 灯籠坊風波

第三十四集 変色由龍
第三十五集 神武影者
第三十六集 勢不两立

第三十七集 明慧大婚
第三十八集 決裂
第三十九集 決戦銭塘江

まとめ
------------------------
人物雑感1
人物雑感2

20 years ago
~映画「少林寺2(原題:少林小子)」における演員さんたちの姿について

まさかあの人が…
~○○○は実在の人物だったのか!という話

まさかあの人が…2
~○○○○役って実は馬精武だったのか!という話
スポンサーサイト
2007.06.17 七剣下天山01
続きが気になるあまりに一度にドカドカ続けて見ると
確かに楽しいけど同時に損をする部分もいくらかあるかなーと思いまして
今回は一話ごとにのんびり観ていこうと思います。

といってもあんまり細かく書くのは面倒なので
あくまで「笑傲江湖」の時のように覚え書き程度で。
いろいろキャラクターが出てくると名前と顔も
毎回ちゃんと確認しておいたほうが楽しめそうだしね。

てなわけで以下、ネタバレ混みで感想&雑感&覚え書きです。


第一集 天山剣客
... 続きを読む
2007.06.17 七剣下天山02
すごいなコレ、クオリティ高い@@
まだ二話目ですが今のところ全く退屈するところがありません。


第二集 天地正气
... 続きを読む
2007.06.17 七剣下天山03
三話目ですが、まだまだ面白さは止まりません@@
とりあえず爺が格好良すぎ。


第三集 莫問前史
... 続きを読む
2007.06.18 七剣下天山04
今回までがだいたいプロローグのようなもので、
ようやく本格的に話が動き出しました。
逆を言うとここまでは札もほとんどが伏せてある状態なので
面白かったのはある意味当然といえます。
この先どうなるかによって
本当にこのドラマが面白いかどうかがわかってくるというものですな。


第四集 七剣
... 続きを読む
2007.06.18 七剣下天山05
当たり前だけど「射雕英雄伝」「笑傲江湖」と続けて
金庸原作の張紀中制作ドラマを見てきたので
それに比べるとこれはだいぶ趣が違いますね。
単純な話では、各話にサブタイトルがついてる辺りからして違う。
まあ惜しいところで次回に続く…となってしまうのは同じですが(笑)
... 続きを読む
2007.06.18 七剣下天山06
前回からサブタイトルを中に入れたのは
そろそろネタバレになる…というか
要はサブタイトルで話の流れがおぼろげにでもわかってしまう恐れがあるため
それを避けるためです。

それにしても相変わらずいいところで〆になる…
... 続きを読む
2007.06.19 七剣下天山07
うーん、止まらない。
... 続きを読む
2007.06.19 七剣下天山08
さすがにこんな見方を続けていたら体にガタが来るだろうから
明日からは「武侠は一日一時間半」のきまりを作ったほうが良さそうだ。
... 続きを読む
2007.06.19 七剣下天山09
このドラマの日本語字幕では
登場人物の名前のルビを原語の発音で振っています。
例えば傅青主だったら「ふ・せいしゅ」ではなく
「フーチンジュ」みたいな感じ。
確かにユェプチンとかそんな風に原語読みで名前を呼ぶのが好きな私ですが、
それはあくまで劇中の字幕が日本語読みで表記されているからであって、
オフィシャルな字幕の方で原語読みの名前を出されると
なんかちょっと抵抗があるんだよなー。
(単にへそまがりなだけなのだらうか?)
... 続きを読む
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。