上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三国演義

94年中国中央電視台製作の連続TVドラマ「三国演義」です。
日本でもおよそ知らない人はいないだろうと思われる三国志
(国内だといわゆる「三国志演義」ですか)を原作に忠実に、
総制作費100億円、撮影期間4年、全84話(一話が45分)で
桃園の誓いから三国が全て滅びて晋が興るまでを描くという
鬼のようなスケールの大河ドラマです。

第一部「群雄逐鹿」
第二部「赤壁鏖戦」
第三部「三足鼎立」
第四部「南征北戦」
第五部「三分帰一」
という五部構成のこのドラマ、
去年(2006年)の12月からのんびりと見ていたのですが、
第二部まで見終わった辺りで「射雕英雄伝」のほうにハマったため
キリが良いということもあって一時中断してました。
で、この度鑑賞再開に至ったという次第であります。
武侠じゃなくて古装劇だけどいちおう中国ものということでこちらに@@
... 続きを読む
スポンサーサイト
こまめに感想を書くつもりはなかったのですが、
考えてみたら武侠もののように
「続きが気になって仕方がないので一気に観る」
という作品でもないため、
一話ごとにワンクッション程度に軽く感想を書いてました。

今回の57話で
劉備の蜀取り~漢中攻略
までが終わったため
この後はいよいよ本格的に下り坂に入っていく予感です。
というわけでひとまずここまでの感想をまとめてアップ。
... 続きを読む
第三部「三足鼎立」のクライマックスでは
次々と英雄たちが死んでいき
三国時代の終焉に向けて徐々に日が沈み始めたことを
否が応でも実感させられます。
劉備・関羽・張飛は言うまでもなく
それに曹操も死んでしまうと
物語としては強力なキャストを欠いてしまった感がありありですが
まあそれはこの先を見る前から決断を下すのは早計というものか。
この後は南蛮遠征、北伐、それから司馬氏の台頭といった流れですな。
疲れた…というわけではないですが、
他に見たいものがいろいろ溜まってきたので
ちとひとまず三国演義はここで休憩、
次は武侠ものに行こうかな。
... 続きを読む
のんびり視聴を続けている中央電視台のドラマ・三国演義も
「第四部 南征北戦」に突入。
とりあえず今回は南蛮平定編の三話分の感想をまとめてアップ。

「どこのバーバリアンだよ」と突っ込まずにはいられない
どう考えても狂ってる南蛮兵の描写とか、
今の技術水準からするとやっぱりどうしても苦しい映像とか、
馬の「ヒヒヒヒヒン ヒヒヒヒヒヒヒン」って鳴き声が
毎回機械で鳴らしているように全く同じとか、
あいかわらず山ほど問題点はあるのですが、
それでもやっぱりこのドラマ好きだなー。
なんかほんわかした手作り感と圧倒的なスケール感が
ものすごく奇妙なバランスで同居してるんですよね、これ。
やはり三国志好きなら一度は観ておくべき代物だと思います。

ドラマそのものはさておき、この南蛮平定編
そんな蛮族ちっくな描写が示す通り
ちょっと嫌な見方をすれば漢人による蛮族の征服・教化
という風に捉えるのも十分妥当なことなのかも知れませんが、
でもまあ物語を楽しむときに
そういうことを気にしたら無粋というものです。
ここは素直に先帝の遺志を継いで
一人で蜀の国をがんばって背負って立つ諸葛亮丞相の苦労
そして南蛮王・孟獲がいかにそれに歯向かい、
そして最後には心服することになるのかという過程を楽しむのが
正しい観方であると思えます。
... 続きを読む
中央電視台の連続ドラマ三国演義
「第四部 南征北戦」の続きということで
いよいよ最後の山場。
劉備やその他の宿将を失いながらも
なお中原奪回&漢室復興を志す諸葛亮が
国運を賭けて蜀の大軍勢を率い漢中から北へと進軍する
北伐編がはじまりました。

まあ今さらネタバレもクソもないですが、
この北伐は全五回に分けて敢行されるのですが
結局は目的は果たせず志半ばに諸葛亮はその寿命を終え、
そして度重なる遠征で疲弊しきった蜀の国は大いに国力を消耗し
いずれ魏に併呑されることになる…というのが大筋の流れです。
この報われない運命が先に待ち受ける中
先帝・劉備の恩に報いるために必死に足掻く諸葛亮
そしてそれに対するは新たに魏の国で台頭する司馬懿
この二人のキャラクターが実に興味深くドラマを牽引してくれます。

てなわけでとりあえず前半の五話分をまとめてアップ。
... 続きを読む
「第四部 南征北戦」の後半
魏を討ち中原を奪回しようという諸葛亮の北伐は
終わりを遂げました。
結果を見ると蜀がひたすら疲弊しただけで終わってしまったわけで、
なんだか焦って北伐をするよりは
もっと長期的に国力を蓄えてから攻めに転じるべきだったんじゃないかなー
と思わないでもないですが。
(まあ史実の事情は別として)

諸葛亮亡き後の蜀が滅亡の坂を転がり落ちるのは
北伐の失敗による国力消耗が大きな原因にあることは間違いないですが、
はたしてそれだけで巻き返しが不可能なほどダメージを受けていたのか
はたまた原因は他にあったのか…?
ということは続く「第五部 三分帰一」で語られることになりましょう。
このまま続きを一気に観てしまうか、
それとも間に何か別のものを挟むかは考えどころだ。
残り七話だしなぁ… うーむ、悩む。
... 続きを読む
「第五部 三分帰一」
かくして魏・呉・蜀は滅び
三つに分かれた天下は晋へと帰結し
あまたの英傑たちは天へと帰るのでした。

いやー、ここまでほんと長かった。
全84話のボリュームは半端なかったです。
途中で何度か中断を挟んだとはいえ
去年の暮れに観始めてようやく終わりました。
もうこの作品に関しては、
とりあえず三国志好きなら観るべきだとしか言いようがないですね。
現在、新しくリメイクを全60話で撮るという話があるようで
それもまた楽しみです。
撮影技術的には格段に進歩してるはずですしね。
あとさすがに21世紀に作る以上は
中の人が途中で無責任に入れ替わることもないだろうしw
... 続きを読む
2010.11.08 三国演義01
やっぱり新版『三国』って、あれはあれで意義はあるんでしょうけど、
あれが三国志の「デフォルト」というのは、違うんじゃないかなーという気がします。
そういうわけで、やはり自分の中で三国演義といえばコレ!という大きなイメージを占めている
この中央電視台版を、もう一度観て感想書いていくことにしました。

以前、最初に見た時にちょこちょこと感想は書き留めていたのですが、
HDDのクラッシュと共にデータが飛んでしまったのです。
というわけでとりあえず、
どの辺までコンスタントに続くかはわかりませんが、
気長に行ってみましょうかね。
あんまりガッツリと観ていくのはしんどそうなので、
週1、もしくは2くらいのペースでまったり行ければいいな、というくらいで。
いろいろ観たい作品も出てきますしね。

あと人物については
以前コメント欄でサカナスキーさんに情報を頂きましたが、
こちらに一覧がありますので
基本的には各自で予習復習するという方向で。
入れ替わり多いからいちいちフォローしていくのも面倒だしな(笑)


---------------------------


第一部 群雄逐鹿

※逐鹿(ちくろう)は鹿を追うって意味ですね。
つまり、みんなで一頭の鹿を追って競い合う…ということです。



第一集 桃園三結義

... 続きを読む
2010.11.09 三国演義02
このドラマって、何気にジェット・リー(李 連杰/リー・リンチェイ)が出てたんですね。
『エクスペンダブルズ』見たいな~。



第二集 十常侍乱政
... 続きを読む
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。